2018/06/05 改訂版 「親を捨てよ 家を出よう」「大学には行った方がいいの?」「好きなことをして生きるは正解か」を追記

批評における傾向と対策について・一億総評論家時代の幸福術『バレエワンダーランド(1994年)』より

愛なき評論はアーティストを殺す。誰もが気軽に作品の意見や感想を述べられる時代だからこそ、いっそう深く静かに作品と向かい合う姿勢が大切というコラムです。プロの舞台批評に大事なポイントが述べられています。

『詩を作るより、田を作れ』 文芸の価値と詩を役立てる心について

詩を作るより、田を作れ 「詩を作るより、田を作れ」という思想は、根本的には政治主義に根ざしたものである。それは「役に立つ」ということを第一義に考えた処世訓であって「詩なんかなくても生きることはできるが、田がなければ生きることはできない。だから、どうせやるなら自他ともに役立つところの、田を作る方に打ち […]

第2節 長男を厄介払い ミーチャの後見人となるミウーソフのこと

このような男が養育者、父親としてどうだったかは、むろん、容易に想像がつくだろう。 わが家を淫蕩の巣窟に変えてしまったこと、三歳になるミーチャ少年(ドミートリィ)の世話を家って出たのは、この家の忠僕なるグリゴーリィで、もし当時グリゴーリィが面倒を見てやらなかったら、子供の肌着を替えてやるものもなかった […]

第2節-2 ドミートリィという息子 カネ、カネ、カネの父子関係

フョードルの三人の息子のなかでは、このドミートリィひとりが、幼いころから、自分にはともかくもなにがしかの財産があり、成人に達したら独立できるという確信をもっていたことがある。 少年時代、青年時代は、ちゃらんぽらんに過ごした。高等中学を中退して、その後、ある軍関係の学校に入り、やがてコーカサスに行って […]

アデライーダ・イワーノヴナの死とフョードルの狂喜

ヒョードル・パーヴロヴィチは、妻の死を知ったときは酔っぱらっている最中だったが、だしぬけに表へ走り出て、喜色満面、両手を高く天に差しのべながら、「大願成就」とわめき立てたという。もっとも、ほかの人の話によると、まるで小さな子供のようにおいおい泣きじゃくるので、実にいやらしいやつだと思いながらも、見て […]

最初の妻 アデライーダ・イワーノヴナ (ドミートリィの母親)

アデライーダ・イワーノヴナは、かなり裕福な名門の貴族で、やはり当郡の地主であったミウーソフ家の出であった。 才気煥発な当世風のお嬢さんが、当時みなから≪愚図のひょうろく≫などと呼ばれていたつまらぬ男との結婚などに踏み切れたのか、そのわけはくどくどと説明しないことにする。 おそらく彼女は女性の独立を地 […]

第5編 ProとContra 注釈

第五編のProとContra(原卓也訳では『プロとコントラ』)について ラテン語で「賛成と反対」「肯定と否定」などの意味をもつ。この変はドストエフスキー自身が長編の頂点をなす編と呼んでおり、またドストエフスキーの創作方法の本質がこの言葉に含まれているとする見方も多い。祠宇濾布スキーにはこの言葉のロシ […]

第3節 再婚と腹ちがいの兄弟 イワンと自己卑下と父にとっての大審問官

貧しい神学生と駆け落ちした妻が亡くなり、『大願成就』すると、フョードルは薄幸の若い女性ソフィヤ・イワーノヴナを再婚する。 身寄りのないソフィヤは、ヴィロホフ将軍の有名な老未亡人の裕福な家庭で成長するが、十六歳の時、老夫人の苛めを苦に自殺を図る。 そうした弱みにつけ込み、フョードルは若くて美しいソフィ […]

第5編 ProとContra 第三節 兄弟相識る

料亭『みやこ』での語らいはこちらを参照のこと。 江川卓 イワン&アリョーシャと楽しむ『カラマーゾフのロシアンティー(さくらんぼのジャム)』 アリョーシャは、金銭問題と兄弟らの恋愛関係についてカチェリーナと話し合った後、ドミートリィに会うつもりで料亭『みやこ』に出掛けるが、そこには先にイワンが居て、兄 […]

第4節 三男アリョーシャ 鷹揚さと生きやすさ 聖痴愚に関する注釈

生まれた時から放置され、従僕に預けられたり、四度も住まいを変えたり、子供らしい幸福な思い出が皆無な長男ドミートリィ、大事に養育されるが他家の世話になっている引け目から気むずかしい性格になる次男イワンと異なり、アリョーシャだけは優しい生母の記憶を宿らせ、周りから愛されて真っ直ぐに育つ。 作中にも、「自 […]

第五編 第三節-2 イワン・生への渇望

いったいこの世界に、ぼくの内部のこの狂おしいばかりの、おそらくはあさましいまでの生への渇望をたたきつぶせるほどの絶望があるものだろうかってね、そして、どうやらそんな絶望はないらしいと結論を出してしまったんだ。といっても、やはりこれも三十歳までの話で、それを過ぎたらもうそんな意欲も起きなくなるだろうが […]

第五編 第三節-4 カインとアベルのたとえ話

アリョーシャは、父とドミートリィの確執を憂い、イワンが早々と去ってしまうことに強い不安を感じている。 それ以前に、ゾシマ長老から不吉な予兆について聞かされたのも、心に大きな影を落としていた。 「兄さんはほんとうにそんなに急に出発するんですか?」 「うん」 「じゃ、ドミートリィとお父さんはどうなるんで […]

第五編 第三節-3 論理以前に愛するんです。絶対に論理以前に。

ぼくはね、アリョーシャ、ヨーロッパへ行きたいんだ、ここからまっすぐ行くつもりさ。 そりゃぼくは、自分の行き先が墓場にすぎないことは百も承知さ、しかしこれは何よりも、何よりも貴重な墓場なんだ。そこには貴重な人たちが眠っていて、その上に置かれている破壊しはどれも、過ぎし日々、熱烈に生きた人生を語っている […]

152
Top