「音楽」の検索結果 165件

1/14ページ
Novella 本 読書

Novella 詩想と映画・音楽・書籍のレビューについて

座右の銘 詩を作るより、田を作れ 「詩を作るより、田を作れ」という思想は、根本的には政治主義に根ざしたものである。それは「役に立つ」ということを第一義に考えた処世訓であって「詩なんかなくても生きることはできるが、田がなければ生きることはできない。だから、どうせやるなら自他ともに役立つところの、田を作 […]

音楽CDは握手券より歌詞カードとライナーノーツの充実をお願いします

ずっと以前、アメリカのウォルマートに立ち寄った時、突如としてマイケル・ジャクソンが聴きたくなり、衝動的にベストアルバムを購入した。 ビニールの封を開け、プラスチックのCDケースを開けた時、思わず私は唸ったものだ。 あれっ、歌詞カードが入ってへん!! アメリカで売ってるCD=輸入盤=歌詞カードなんか付 […]

冨田勲の『惑星』と宇宙を旅する シンセサイザー音楽の真髄

子供の頃、私の宇宙の入り口と言えば、「ギリシャ神話」「学研の科学」「プラネタリウム」「NHKスペシャル」「カール・セーガン」、プラス幾多のアニメ&特撮。それにロマンの味付けして、壮大に膨らませてくれたのが、宮川泰さんの音楽。『ロマン』という言葉は宮川泰士(=宇宙戦艦ヤマト)に教わったにも書いているよ […]

小栗勘太郎さんの音楽コラム ~音楽、哲学、そして人生~

私も音楽のない人生など考えられないほど(それこそ朝から晩まで流しっぱなし)、音楽一色の生活を送っているので、好きなアーティストや楽曲に関する記事は片っ端から目を通すし、CDもライナーノートが読みたいがために輸入盤ではなくちょっと高めの国内盤を選ぶ。熱を込めて五つ星を付けているAmazonのカスタマー […]

幸福な笑顔を世界に伝播 映画『ミニオン』とファレル・ウィリアムスの『Happy』

初めてファレル・ウィリアムスの『Happy』を見たのは、世界がテロの斬首動画に震撼していた頃。一方で恐怖、一方でHappyを唱える、地上の二つの真実について考察。決して溶け合うことのない対岸の価値観もハッピーな笑顔で変えられるのか。平和を願う声は空しいのか。それが聞こえなくなった時こそ世界滅亡のカウントダウンが始まるというコラム。

生かす創造、壊す創造 環境と建築 安藤忠雄『連戦連敗』

何でも「作ればいい」というものではないと思う。 創造というのは、その名の通り、自分も生かし、周りも生かすことだから、その創作物の為に周りが不幸になったり、百年先まで祟られるなら、それは創造ではなく、破壊だろう。 日本では一口に『つくる』というけれど、英語には、make、create、produce、 […]

建築の理想と現実――あるいは自分との闘い 安藤忠雄『連戦連敗』より

理想主義とはかけ離れた、非常にドロドロとした現実的な闘いですが、建築とは本来、社会を相手にしなければならない、きわめて泥臭い部分を内包する仕事です。画家や彫刻家といった芸術家と違い、一人で仕事を完遂し得ないのです。そして、常に、クライアントと施工者という他者を介してしか実現し得ない仕事でもある。さまざまなしがらみの中での闘いなのです。

それでも、蛍は光を灯しつづける

蛍の光で書物を読むのは、蛍ではなく人間である。 蛍は自分の光で、自分を照らすことなどできないし、その光で自らの道を照らすこともできないであろう。 それでも、蛍は光を灯しつづける。 さかさま博物誌 青蛾館 さかさまシリーズ (角川文庫) これは自身のことだろう、とつくづく。 世の中には、「役に立つ言葉 […]

コンペで勝てなくてもアイディアは残る(安藤忠雄の『連戦連敗』より)

コンペで勝てなくてもアイデアは残る。実際コンペのときに発見した新たなコンセプトが、その後に別なかたちで立ち上がることもある。 そもそも、実現する当てもないプロジェクトを常日頃から抱え、スタディをくり返し、自分なりの建築を日々模索していくのが建築家だろう。

すでにできあがった権威であり、ゆるぎない古典だからである 『ベートーベン』

ベートーベンは楽聖である。私がベートーベンを好きになれないのは、野球のジャイアンツ、相撲の大鵬を好きになれないのに似ている。それは、すでにできあがった権威であり、ゆるぎない古典だからである。ダ・ダ・ダ・ダーン。「このように運命は戸を叩く」とベートーベンはシントラーに語っている。 だが、運命はノックし […]

哀愁のジャズとマグナム『タクシードライバー』は何故に名画となりしか

トラヴィスの行為が良いか悪いかなど、ここでは論ずべきでない。動機や生き様を追求するのも、野暮というものだろう。トラヴィスは都会を彷徨い歩く影だ。若い時分に一度はすれ違う、甘い傷みに似ている。あなたは、永遠に心に刻まれた、孤高の影。

1 14
Top