海洋SF小説の無料サンプルを更新しました。 PDFを読む

バイバイ、Google アルゴリズム ~「どこに書くか問題」

昨今、一番難しいのは、「何を書くか」ではなく、「どこに書くか」である。

と言うと、「書く場所なら、いっぱいあるじゃない。Twitter、Facebook、はてなブログ、Tumbler、最近は、note.muもあるじゃない!」という声が聞こえてきそうだが、これだけフリーで書く場所があるから、かえって「どこに書くか」で悩むことになるのだ。

何故なら、それぞれに特徴があり、アクセスする層も導線も異なる。

一つ一つに合わせて、あれもこれも手掛けていたら、一日24時間、一年365日あっても足りないだろう。

ただでさえ少ないリソースを分散するのは、かえって効率が悪いし、集中力も落ちる。

どこか一つに落ち着くとしたら、WordPressが最適なのだが、個人サイトもだんだん審査が厳しくなって、数行のテキストなどは気楽に書けなくなった。

特に意味のない短文、抽象的な詩のようなものは、軒並み、Google先生に「低品質」とみなされ、評価下落の一因になるからだ。

松尾芭蕉の名句「古池や かわず飛び込む 池の音」も、Googleのアルゴリズムにかかれば、ただのスパムコメントである。

たとえ天才的な歌人のオフィシャルサイトでも、解読不能な短文が列記された、低品質なサイトでしかないだろう。

そんな風に、ネットの世界は、だんだん「明解」かつ「役に立つもの」――それも瞬時に答えが得られるものばかりが重宝され、「古池や かわず飛び込む 池の音」みたいに、情景を味わう世界は、だんだん隅に追いやられつつある。侘び寂び、あるいは禅的な、精神の世界だ。

以前は書くのも楽しかったが、今ではすっかりGoogle先生の支配下。

いつからネットや個人サイトは「最初にアルゴリズムありき」になったのか。

ちょっとした雑感を綴るのに、いちいちGoogle先生の顔色を窺うのも馬鹿らしく、こちらに避難した次第。

こちらはSEO施策など一切かまわず、好きなことを綴っていこうと思う。

今のネットは

本気で書けば、パクられる。

本音を言えば、叩かれる。

面倒な世界になった。

創作とWordPressの小技
『どこに書くか問題』面倒なWEBプラットフォーム最前線 | 創作とWordPressの小技
『どこに書くか問題』面倒なWEBプラットフォーム最前線 | 創作とWordPressの小技近年のWEBプラットフォームはますます多様化し、「自社のホームページがあればいい」という時代は終わりました。数え切れないほどのWebコンテンツやサービスが乱立し、メイ...

この記事を書いた人

石田 朋子のアバター 石田 朋子 サイト管理人

作家・文芸愛好家。1998年よりホームページを運営。PCと車が大好きな80年代のサブカルファン。WordPressとは10年以上の付き合い。普段はぼーっとしたお母さんです。小説より漫画とアニメに詳しいヲタで、昭和の名作漫画は大半の台詞を空で言うことができます。東欧在住。本を買ってくれたら喜びます。

目次
閉じる