映画

10/10ページ

セカンドレイプと裁判 映画『告発の行方』ジョディ・フォスター

世界的な#MeTooに先駆けて、ジョディ・フォスターが体当たりで演じたレイプ裁判の実態を画像付きで解説します。被害者でありながら病院や警察の取り調べでは辱められ、世間には「同意の上」と非難される性犯罪。被害者が圧倒的に不利な中、弁護士は犯人を有罪にすることができるのか。法の盲点を突いた社会派ドラマの傑作。

君も囚われのプレイヤー 押井守の映画『アヴァロン』

ポーランド在住の筆者がAVALONの魅力とポーランド語歌詞と作中に登場するポーランドの小物を紹介。果たして君が信じる世界は絶対なのか、頭のいいゲームマスターに踊らされ、延々と自分を消費しているだけではないか、Welcome to Avalon の行き着く先は何なのか、を哲学的に解説。

法と支援の狭間 甘くない現実と愛の映画『チョコレートドーナツ』

どこかで社会問題が生じると、すぐ「支援」という言葉が飛び交うけれど、実際に支援の現場で、支援の必要な人たちに接していると、『善意』だけで物事は解決しない現実に直面し、言いしれぬ無力感や不条理感に陥るのが普通だと思います。 世間一般には何事も美談で語られ、都合の悪い現実からは目を背ける傾向がありますけ […]

1 10
Top