Notes

1/6ページ
日々の気付きや雑感、過去のメルマガ記事などを掲載しています。

物理学者と詩人と占星術師 ・世界は異なる個性でバランスを保つ

満点の星空を見て感動した時、人間は大きく2種類に分かれると思う。 宇宙の謎を解き明かそうとする人と、神秘を詩や絵に描こうとする人。 私は後者の人間で、カール・セーガンの『コスモス Cosmos』や、NHKスペシャル『宇宙 未知への大紀行』なものに憧れもしたけれど、それを物理的に解明しようとは思わなか […]

思うように生きられなくても

某奥様系サイトを読んでいたら、次のような記述を見つけた。 「ある新聞の調査によると、専業主婦をしたい人が兼業を余儀なくされ、外に働きに出たい人が専業を余儀なくされている、とのこと」 私も元記事を読んだわけではないので、実際はどうなのか分からないが、もしそれが本当だとしたら、世の中、上手く出来ているも […]

同じ顔ぶれ、同じ資本が跋扈する ~なぜ社会のビジョンが必要なのか

「社会を変えよう」「○○改革」と簡単に言うけれど、一度、固定した階層や構造を変えるのは容易ではありません。学生のクラブ活動ならともかく、様々な業界や団体が縦横に絡み合い、数億、数十億、あるいはそれ以上のお金が行き交う中で、一つの仕組みを変えることは、あるものを否定し、あるものを解体することでもありま […]

なみだは にんげんの作る 一ばん小さな海です

なみだは にんげんの作る 一ばん小さな海です ロング・グッドバイ 寺山修司詩歌選 (講談社文芸文庫) なみだが人間の作る一番小さな海だとしたら この世界は誰の涙だろう そして、その人はなぜ泣いているのか 嬉し涙か 人の世を嘆き悲しんでいるのか 涙が渇く時 わたしたちの世界も消える ほんの一瞬 頬を伝 […]

情けは人の為ならず

自己責任論の矛先は、いずれ自分自身に向かう。 自分も同じ境遇に陥った時、周りに「助けて」と言えないからだ。 言えば、自分も同じように「自己責任」とあしらわれているのが目に見えている。 誰にも言えず、他人を信じることすらできず、自己責任の罠にはまって落ちていく。 昔から『情けは人の為ならず』というが、 […]

高橋尚子さんの努力

『時間は決して夢を裏切らない』。決して最後まで諦めず、努力する限り、時間は必ず人に味方してくれるだろう。 非凡な人間とは、ありきたりのことを地道に続けられる人のことをいう。普通の人間には、そのありきたりのことさえ、億劫に感じられるものだ。

ミス・ゼロ ~働くということ~ 臨床検査技師のアルバイトから

二十歳の時、臨床検査センターで検査技師のアルバイトをしていた。扱うのは、主に血液。他には尿や便、喀痰や臓器組織など。取引先の病院や診療所などで採取された検体を営業部員が回収し、検査結果を通知書に打ち出して、病院に提供するのがメインの業務だ。 私が所属していたのは、放射性同位元素を使ったRI測定室。 […]

PURE ~幸福を知る心~

「Pure」であること──それは、私たちが光に近づき、真実の幸福を手に入れる為の大切なパスポートだ。私たちは、ただ一つのことを心掛けさえすれば、いつでも人生を変えることが出来るのである。

若者のひもじさと年長者のご馳走の思い出

10代から20代にかけて、いつもお腹が空いていたのを今も思い出します。 食べても、食べても、すぐにお腹が減って、「お腹空いた……」って、食べ物のことばかり考えてた時もありました。 年寄りになると基礎代謝も激減して、空腹もめったに感じなくなるけれど、若い時分の空腹感って半端ないですよね。 何もしなくて […]

スキージャンプの葛西選手、おめでとう♪ ポーランドで一番有名な日本人

ポーランドで一番有名な日本人スポーツ選手といえば、スキージャンプの葛西紀明選手ではないかと思います。 こっちはスキージャンプがお家芸というか、冬期になると、毎日のようにスキージャンプの中継をやっていて、特に土日はスキージャンプを見ながら夕食をいただき、ウォッカをたしなむ……というのが、一般的な地方都 […]

1 6
Top