2018/06/05 改訂版 「親を捨てよ 家を出よう」「大学には行った方がいいの?」「好きなことをして生きるは正解か」を追記

詩と引用

6/6ページ

恋の詩 ヴェルレーヌ、アンデルセン、プレヴェール etc

庭 限りなく年を重ねても 言いつくせないだろう あの永遠のわずかな一瞬 きみが私に口づけし 私がきみに口づけをした時のことを 冬の光をあびた朝 パリのモンスリ公園で パリで 星の地球の上で - ジャック・プレヴェール - NEVERMORE 彼女と私は二人きりで、 夢見ながら歩いていた、 風に髪と思 […]

Fortuna -運命- 絶望と試練と

前回、『運命の女神は意地悪な顔でやって来て、勇者を試す』と書いた。 いつか本で読んだ。「人間に解けない問題は与えられない」と。 難問、難問、また難問…… それこそ血を吐くような思いで、これらの難問を解いてきた。 時には、投げたくなったこともあるし、天に唾して、世の中恨みまくったこともある。 それでも […]

フランス ~恋の詩~

夜のパリ 三本のマッチ 一本ずつ擦る 夜の中で はじめのは きみの顔を隈なく見るため つぎのは きみの目を見るため 最後のは きみのくちびるを見るため 残りのくらやみは 今のすべてを想い出すため きみを抱きしめながら - ジャック・プレヴェール - 階段を半分降りたところ 階段を半分降りたところに […]

16
Top