アップロード済みの画像を手軽に置換 プラグイン『Easy Media Replace』の使い方

アップロード済みの画像を置換したい場合、いったん、アップロードした画像ファイルを削除して、新たな画像をアップロードし、投稿画面でも画像リンクを書き替えて……と非常に手間がかかります。

しかし、プラグイン『Easy Media Replace』を使えば、ワンタッチで新しい画像と入れ替えることができます。

投稿画面で画像リンクを書き直す必要もありません。

びっくりするほど便利なので、興味のある方はぜひ。

プラグインの詳細はこちら。通常の手順でインストールします。

WordPress.org 日本語
Easy Media Replace
Easy Media ReplaceReplace Images and Media Files in WordPress Easily and Quickly.

まず、入れ替えたい画像ファイルにアクセスします。

「保存」→アップロード日時の下部 Replace image をクリックします。

書き替えたいメディアファイルにアクセス

Drop file here ore Select file のボックスが現れたら、新しい画像ファイルをドラッグ&ドロップするか、Select file を使って、ローカルの画像ファイルを指定します。

入れ替えたいファイルをアップロード

アップロードが完了したら、サムネイルが新しい画像に置き換わります。

オプションにチェックを入れます。

Re-generate thumbnails.
サムネイルを再生成しますか

Update the modified time.
アップデートの日時を更新しますか

Replaceをクリックすれば、完了です。

アップロードの完了

画像ファイルが新しいものに置き換わりました。

リンクやタグなどの書き換えは必要ありません。

IDなどもそのままです。

画像ファイルの置換が完了

画像ファイルの置換は、投稿画面の「メディアを追加」からも可能です。

Replace をクリックすれば、上記の操作パネルが現れます。

手順は全く同じです。

投稿画面からも操作可能

もう一つ、有名所で、ShortPixelの『Enable Media Replace』がありますが、画像の置換に、3ステップぐらいかかるので、あまりおすすめしません。

さっさと済ませたいなら、Enable Media Replace の方が手軽です。

新しい画像ファイルと入れ替えたいけど、メディアファイルの削除やリンクの書き直しは邪魔くさいという方はぜひお試し下さい。

ファイル名の変更には、下記の画像リネームのプラグインを使うと簡単ですよ。

あわせて読みたい
アップロード済みの画像ファイルの名前変更を容易にする Phoenix Media Rename プラグイン
アップロード済みの画像ファイルの名前変更を容易にする Phoenix Media Rename プラグイン既にアップロードして、投稿にも添付した画像のファイル名に撮影日時やデバイス名が残っていませんか。意味のないファイル名より、コンテンツに則したファイル名を付けるのがSEO対策にも効果的。メディアライブラリから一括で名前変更できるプラグインです。

この記事を書いた人

石田 朋子のアバター 石田 朋子 サイト管理人

作家・文芸愛好家。1998年よりホームページを運営。PCと車が大好きな80年代のサブカルファン。WordPressとは10年以上の付き合い。普段はぼーっとしたお母さんです。小説より漫画とアニメに詳しいヲタで、昭和の名作漫画は大半の台詞を空で言うことができます。東欧在住。本を買ってくれたら喜びます。

目次
閉じる