海洋SF小説の無料サンプルはBOXで閲覧できます PDFを読む

Twitterで見やすい長文テキストのスクショの作り方 ~『一太郎』のテンプレートで簡単作成

Twitterに長文を掲載したスクリーンショットを公開する場合、文章の上下が切れたり、文字が読みにくかったり、不便なことが多いです。

近年は、文章を画像化してくれるオンラインサービスも存在しますが、操作が面倒だったり、文字数に制限があったり、なかなか思うようにデザインできないことが多いです。

ここでは日本語ワープロ『一太郎』を使った長文テキストのスクリーンショットの作成方法を紹介しています。

Twitterに長文スクショをアップしたいけど、いまいち綺麗にデザインできず、不便に感じている方におすすめです。

https://www.justsystems.com/jp/products/ichitaro/

目次

一太郎の隠しメニュー『画像に変換して保存』

『画像に変換して保存』をUIメニューに追加

ワープロ『一太郎』も開発年月日が長いので、隠しメニューが多いです。

隠しメニューというのは、機能に盛り込まれているけれど、標準のインターフェイスでは表示されない、旧機能、あるいは既に廃止になった機能を指します。

画像に変換して保存』もその一つです。

実は、一太郎には、PrintScreenやスクリーンショットのソフトウェアを使わなくても、編集中のページ(画面)をワンクリックで画像変換し、任意の場所に保存できる機能があるんですね。

まず、『ツール』 → 『割付』 → 『メニュー』から、メニュー割付画面を呼び出します。

たとえば、『ファイル』の『保存』に関する隠しメニューには、「テンプレート保存」「HTML形式で保存」「校正して保存」「すかし保存」など、様々な種類があります。標準のメニューには掲載されてないだけです。

一太郎の隠しメニュー

『編集』にも隠しメニューがたくさん存在します。

一口に「削除」といっても、「右全削除(カーソルより右側のテキストを一括削除)」「左全削除」「一行削除」「指定位置から以降を削除」など、様々な種類があります。いちいちドラッグで複数行、複数ページを指定しなくても、これらの隠しメニューを使えば、簡単に編集が可能です。コピーや切り取りなども同様。標準のメニューに記載されてないだけなんですね。

一太郎の隠しメニュー 編集

隠しメニューの中には最新バージョンでは機能しないものも含まれます。一つ一つ確認が必要です

ユーザーメニューのカスタマイズの一例。

よく使うメニューは『キー割付』すると便利ですよ。→ ワープロ『一太郎』の便利なキー割付とメニュー

一太郎ユーザーメニュー

『画像に変換して保存』の実際

たとえば、A4版の縦書き文書を『画像に変換して保存』すると、下図のようになります。

画像に変換して保存のダイアログが開いたら、『画像』+『カーソル位置のページのみ』を選択。

『画像ファイル形式』で、PNG、JPEG、GIFを選択。

『ページ画像の大きさ』で、用紙に対する比率を指定します。

『画像と表示用HTML』というオプションもあります。

編集中のページを画像に変換して保存する

カーソルを置いているページ(編集画面)だけ、JPEG画像として出力した一例です。

しかし、このままだと余白も大きく、Twitterに投稿しても、見栄映えよく表示されません。

一太郎の作成したスクショ

そこで、Twitter画面に適したテンプレートを作成します。

Twitterに適した用紙サイズをピクセルから計算

下記サイトの検証によると、Twitterで綺麗に表示できる画像サイズは、1200×675ピクセルとのこと。

比率では、16 : 9がベストのようです。

SNSマーケティングの情報ならガイアックス ソーシャルメディアラボ
Twitter投稿に最適な画像サイズとは?PC版・スマホ版では比率が違うので要チェック! «  SNSマーケティング...
Twitter投稿に最適な画像サイズとは?PC版・スマホ版では比率が違うので要チェック! « SNSマーケティング...

1200 × 675ピクセルを用紙サイズに換算します。

下記サイトの換算ツールによると、101.6mm × 57.15 mm になりますが、このままだと、Twitterに投稿するには小さすぎるので、、、

あわせて読みたい
pixel⇔mm⇔dpi 計算機|シメケンプリントデジタル画像サイズ(pixel)、印刷サイズ(mm)、解像度(dpi)を相互に計算(変換)します。スマートフォン表示に対応しています。

4倍値の、4800 × 2700 ピクセル (解像度 600 dpi)で計算。

印刷用サイズは、203.2 × 114.3 mm です。

ピクセルとミリメートルの換算

Twitter用のテンプレート用紙を作成

次に、一太郎の基本編集を開き、『メニュー』 → 『文書スタイル』 からTwitter用のテンプレートを新規作成します。

文書スタイルの『用紙』をクリックすると、『用紙設定』のダイアログが現れます。

用紙幅 = 203.2 mm

用紙長 = 114.3 mm

用紙設定でサイズを決定

Twitter投稿のテンプレートを新規作成

フォントや余白などは、好みに合わせて調整して下さい。

横書き、縦書きなども、自在にカスタマイズできます。

文書を作成して画像に変換

テンプレートが作成できたら、あとはテキストを入力して、フォントや余白を微調整して下さい。

上述のように、『画像に変換して保存』すれば、綺麗なスクリーンショットが出来上がります。

一太郎の文書を作成

Twitterに投稿した一例。

かなりの長文ですが、綺麗に枠の中に収まります。

テンプレートをカスタマイズ

『文書スタイル』の『ページ飾り』で、背景色や枠線、影などを付けると、可愛く仕上がりますよ。

文書スタイルのカスタマイズ

イラストも挿入すれば、ちょっとしたカードになります。

好みにテンプレートをデザイン

投稿用のテンプレートを作成すれば、あとは好みの色やレイアウトにカスタマイズできるし、内容ごとに、いちいちファイルを作成しなくても、ページごとのスクショ(カーソルのあるページのみ)が作成できるので、整理も簡単です。

興味のある方はぜひお試し下さい。

プロモーション


一太郎の文書を作成

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

石田 朋子のアバター 石田 朋子 サイト管理人

作家・文芸愛好家。1998年よりホームページを運営。PCと車が大好きな80年代のサブカルファン。WordPressとは10年以上の付き合い。普段はぼーっとしたお母さんです。小説より漫画とアニメに詳しいヲタで、昭和の名作漫画は大半の台詞を空で言うことができます。東欧在住。本を買ってくれたら喜びます。

目次
閉じる