言い訳の中に人生を埋もれさせてゆく

言い訳の中に人生を埋もれさせてゆく

幸せを求める気持ちは皆同じ──特別な人など何処にもいやしない。

心にいろんな誤魔化しを強いながら、私たちは事実から目を背け、代替品ばかりを求め歩く。

「気付き」こそ真実に至る第一歩であるにもかかわらず、言い訳の中に人生を埋もれさせてゆく。

なぜ私たちはそれほどまでに自分自身に対して──真の希求に対して──臆病なのだろう。

私たちが真に求めているものは、そんなにも遠いのだろうか。

一生かかっても、巡り会えないほどに──?

間違ったやり方で、私たちは私たち自身をいっそう追い詰め、討ち滅ぼしてしまう。

目を持ちながら、盲いた人間の何と多いことか。

Amazon Kindle 電子書籍

sanmarie*comに掲載していた【「親 死んでほしい」「親 殺したい」で検索する人が多いので】の電子書籍です。心理学者・河合隼雄の名著『家族関係を考える』で紹介された『内面的な親殺し』と、父親殺しを描いたギリシャ悲劇『オイディプス』の物語をベースに、なぜ「親 死ね」「親 殺したい」といった感情が芽生えるのか、乗り越えるには何が必要か、分かりやすく解説しています。
作品詳細と冒頭部の無料サンプルはこちら。https://novella.one/oya-book

詩想と哲学カテゴリの最新記事

Top