ウォーターマークを挿入する『Easy Watermark』『Image Watermark』プラグインの使い方

目次

Watermarkプラグインは効果があるのか?

ウェブサイトを運営していて、一番腹立たしいのは、まとめサイトなどに画像を持っていかれることですよね。

ウォーターマークを入れたところで完璧な予防にはならないかもしれませんが、少なくとも、画像の直リンクや悪質なコピペの抑止にはなると思います。

WordPressの場合、ウォーターマークを入れるプラグインは二種類あります。

・ Easy Watermark (設定が分かりやすい) 

https://ja.wordpress.org/plugins/easy-watermark

・ Image Watermark (プラスアルファの高機能)

https://ja.wordpress.org/plugins/image-watermark/

両者に共通する機能は次の通りです。

・ 画像アップロード時に自動挿入できる(機能をオフにできる)
・ ウォーターマークを挿入する画像サイズを選択することができる。
・ ウォーターマークの挿入位置をピクセル単位でカスタマイズできる。
・ ウォーターマークの透明度を % で調整できる。
・ オリジナル画像を別フォルダに保存することができる(画像の復元、ウォーターマークの削除が可能。再アップロードの必要は無し)
・ メディアライブラリから「挿入・削除」の一括編集が可能。

それぞれの特徴は次の通りです。

Easy Watermark
・ テキストでウォーターマーク挿入が可能(ウォーターマーク用画像が不要。画像で入れるオプションもある)
・ 設定が簡単
・ アップロード済みの画像について、一括で自動挿入・削除が可能
・ ウォーターマークの削除は、『オリジナル画像の復元』で可能。

Image Watermark
・ ウォーターマークの削除がワンクリックで可能
・ ドラッグ&ドロップ、右クリック禁止など、コンテンツプロテクトの機能も持つ(スマホやサイトの環境によっては効かない)
・ ウォーターマークの挿入・削除は、プラグインを介して行われる。(私も仕組みがいまいちよく分かりません^^;)

Easy Watermarkの使い方

当サイトは、以前、『Image Watermark』を使用していましたが、数年前に比べて、『Easy Watermark』の機能も劇的に改善しましたので、現在は、Easyの方を使用しています。

プラグインを有効化したら、『ツール』→『Easy Watermark』を開き、『Add New Watermark』を選択します。

ウォーターマークを追加

テキストでウォーターマークを挿入する場合、文言を設定し(例 © Novella )、見映えをカスタマイズします。

Font (フォントファミリー)
Font color (フォント色)
Font size (フォントサイズ)
Text angle (ウォーターマークの角度)
Opacity(ウォーターマークの透明度)

フォントサイズや透明度は、実際の仕上がりを見ながら、微調整して下さい。

ウォーターマークの文言を設定

ウォーターマークに角度を付けると、下図のようになります。
コピー魔の中には、ウォーターマークをトリミングする人もあるので、角度を付けた方が切り取る範囲も小さくなって、より安全です。

ウォーターマークに角度を付ける

ウォーターマークを挿入する画像の種類(サイズ、ファイル種類)、投稿タイプを選択します。

Auto Watermark(自動挿入)する場合は、チェックを入れます。
なお、投稿画面の『メディアの追加』→『ファイルをアップロード』から、自動挿入を無効化することも可能です。

ウォーターマークを挿入する画像の種類

自動挿入を無効にする

ウォーターマークの挿入位置を指定します。
ピクセル単位で、X方向、Y方向の微調整が可能です。

ウォーターマークの挿入位置

設定画面にもプレビュー機能はありますが、実際にアップロードした画像を見ながら、微調整した方が分かりやすいです。
例) 非公開のテスト投稿に、テスト用の画像をアップロードする。

プレビューを確認

ウォーターマークを削除する場合は、『メディア』→『画像編集』の画面、右下方の『Restore』をクリックします。

再度、挿入する場合は、『Apply』をクリックします。

ウォーターマークの削除

アップロード済みの画像に一括で自動挿入する場合は、『Tool』→ 『Bulk Watermark』で、挿入するウォーターマークの種類を選択します。

一括削除する場合は、『Restore Backup』 → 『Restore』 します。

ウォーターマークの一括挿入

メディアライブラリから、複数の画像について、一括挿入・削除する機能もあります。

ただ、他のプラグインとの兼ね合いによって、効かない時があります。

メディアライブラリを使った一括挿入・削除

画像の品質とバックアップ機能は『Setting』で設定します。

画像の品質とバックアップ

Image Watermark の使い方

当サイトでは、数年にわたって『Image Watermark』を使用していました。

当初、『Easy Watermark』はバグだらけで、使い物にならなかったからです。

しかし、Easy Watermarkも、ここ数年で飛躍的に向上しましたので、現在はEasyに切り替えています。

『Image Watermark』も非常に高機能で、安定したプラグインですが、こちらは、htaccess を介して、トリッキーな動きをするせいか、思うようにウォーターマークが入らないことがあります。

2020年の時点で、「どちらがおすすめですか」と問われたら、画像品質にそこまで拘らない、テキスト主体のサイトには『Easy Watermark』をおすすめします。

凝った使い方をしたいなら、PNG画像を用いる『Image Watermark』がいいかもしれません。

余裕があるなら、テスト環境で両方試してみて下さい。

設定はいたって簡単。

Image Watermark 設定

PHP library
使用する拡張機能を選択。Image Magic と GD と二種類ありますが、デフォルトの Image Magic で問題なし。

Automatic watermarking
自動的にウォーターマークを挿入します。

Manual watermarking
手動でウォーターマークを挿入。
メディアライブラリの『一括操作』に、Apply watermark(追加) Remove Watermark(除去)の項目が現れます。
一括操作に便利です。

Image Watermark 設定

Enable watermark for
Watermarkを適応する画像サイズを選択。たとえば、記事一覧などに使う小型サムネイルは、ウォーターマークが入ると、かえって見栄えが悪くなりますね。
パクられるのは記事中およびオリジナルサイズが大半ですから、記事中にメインで使用するサイズにチェックを入れておきましょう。
後述の Frontend watermarking 機能を有効にすれば、投稿記事の『メディアを追加』の画面で、手動で追加/除去操作ができるので、そこまで厳密に設定しなくてもOK。
プラグインの解説では、full にチェックを入れると、オリジナルの画像にまでWatermarkが入ってしまうので、避けるように警告していますが、ローカルに画像ファイルを保存している場合は差し支えありません。

続いて、Watermarkを自動挿入する投稿タイプを選択します。『everywhere』もしくは『 on selected post types only』にチェックを入れ、投稿タイプを選びます。

Image Watermark 設定

Frontend watermarking

これは、上記の画像、『メディアを追加』のパネルに、Apply watermark / Remove watermark の項目を追加するか否かです。
ただし、画像アップロードに通常とは異なる機能を取り入れている場合(プラグインで自動的にファイル名を変更する、など)、正常に動作しないことがあります。

Deactivation
プラグインを無効化した際、設定項目などをデータベースから完全に削除するか否か。

Image Watermark 設定

Watermark alignment

Watermarkを表示する場所を選びます。通常、右下ですね。

Watermark offset

X軸とY軸で表示位置を調整します。Offset unitで、移動する距離単位=ピクセルか、パーセンテージかを選びます。
このあたりはテストしながら、調整すればいいですが、即時に画像上に反映されないので、ロゴマークを作成する時、あらかじめ十分な余白を持たせた方が調整しやすいです。

Image Watermark 設定

Watermarkの画像は、PNG形式を使います。

PNG形式のロゴ作成には、無料のオンライン・ロゴメーカー logomakr.com が便利です。

Watermark size
Watermarkにする画像を選択してアップロードしたら、画像上に表示するサイズを設定します。
単位は original custom scaled の三種類。

Image Watermark 設定

custom を選んだ場合、Watermark custom size で、ピクセル数を設定します。

scaled を選んだ場合、Watermark scale で、画像サイズに対するパーセンテージで大きさを調整します。

Watermark transparency / opacity
Watermarkの透明度を調整。

Image quality は、80~90ぐらいで設定。あまり数値を下げ過ぎると、ロゴがぼやけてしまいます。

Image format は、baseline か progressive の二種類から選べますが、どこがどう違うのか、あまりはっきり差違は分からないので、デフォルトのbaselineのまま使っています。

Image Watermark 設定

Image protection
画像保護のオプションです。チェックを入れると、機能が有効になります。

Right click 画像上での右クリックを防止

Drag and drop画像のドラッグ&ドロップを禁止。

Logged-in users ログインユーザーであっても、画像保護のオプションを有効にするか。これは複数でWordPress管理している場合に効き目があります。

Image Watermark 設定

Image backup

Backup full size image
オリジナルのフルサイズ画像のバックアップをとるか。

Backup image quality
バックアップをとる画像の品質を選択。元々、アップロードする画像をローカルに保存している場合は、そこまで神経質にならなくていいかも。

できあがり ↓

オランダの海岸 満潮時

ウォーターマークが狙い通りに挿入できない

私の経験上、『Image Watermark』は、何度設定を変えても、ロゴ画像を入れ替えても、即時に画像に反映されないことがあります。

ウォーターマークのテストをする場合は、設定の変更後、しばらく時間をおいてから、仕上がりを確認して下さい。

また、画像アップロード時に、自動圧縮・リサイズ系のプラグインを併用していると、Watermarkが即時に反映されないことがあります。

私の場合、『Smush – Compress, Optimize and Lazy Load Images』と相性が悪かったです。

ウォーターマークの挿入は可能だが、設定が反映されたり、されなかったり、初期設定に手間取りました。

これも併用するプラグインの種類によるので、一概に言えません。

どうしても、個々の投稿画面(メディアを追加)から、ウォーターマークの自動挿入、もしくは、手動のapply watermarkが上手く機能しない場合は、『メディアライブラリ』の一括編集機能を使って、『Apply watermark』をして下さい。

狙い通りにウォーターマークが挿入できないのにイライラして、何度もプラグインを有効化 / 無効化したり、設定を変えたり、何度もロゴ画像をUploadしたりすると、余計でズレて、ウォーターマークが二重に入り込んだりします。

一般のPhoto editor のように、100%の完璧度を求めないこと。

どのみち、一般サイトの画像など、誰も目を皿のようにして見ませんし、プロ仕様の写真を見せたいなら、Photo editorで加工する時にウォーターマークを挿入するのが一番です。

あくまで、コピペ防止手段としてご利用下さい。

徹底的に画像のダウンロードを防止したい

ウォーターマークだけでは頼りない、徹底的に画像のダウンロードを防止したい場合は、コンテンツ・プロテクト系のプラグインをおすすめします。
スマホの長押しや、クリップボードの無効化も、CSSの記述などで可能になりますので、興味のある方はどうぞ。

テキストと画像のコピーを防ぐ『Smart Content Protect』+ スマホ長押し対策 CSSの記述

この記事を書いた人

石田 朋子のアバター 石田 朋子 サイト管理人

作家・文芸愛好家。1998年よりホームページを運営。PCと車が大好きな80年代のサブカルファン。WordPressとは10年以上の付き合い。普段はぼーっとしたお母さんです。小説より漫画とアニメに詳しいヲタで、昭和の名作漫画は大半の台詞を空で言うことができます。東欧在住。本を買ってくれたら喜びます。

目次
閉じる