愛する人の面影を留めて ~ルブラン夫人の肖像画~

愛する人の面影を留めて ~ルブラン夫人の肖像画~

※ 『ベルサイユのばら』 第二巻 マリー・アントワネットの肖像画にまつわるコラムです。

欧米の家庭を訪問すると、必ずと言っていいほど、あちこちに家族の写真が飾られています。居間や寝室はもちろん、キッチンや廊下、冷蔵庫の扉にまで家族の写真が貼り付けられていることも少なくありません。

愛する人の姿をいつも目の届く所に置いていたい。肌身離さず身に付けて、その温もりを感じたい――という想いは、遠い昔から人類共通の願いだったと感じます。写真もビデオも無い時代、西洋絵画が著しく発達したのも、決して権威や芸術の為だけではないでしょう。

ベルばらでは、マリー・アントワネットの肖像画を描くルブラン夫人が登場しますが、彼女は実在した著名な画家であり、マリーとも非常に親しかったと言い伝えられています。

私がずっと前に読んだ文献によれば、ルブラン夫人は、「実物よりほんのちょっぴり美しく描く」という点で、宮廷社会から絶大な人気があったようです。
今に残るマリーの肖像画を見ても、彼女のふくよかで優しい魅力が十分に伝わって、なるほど、夫人に描いて欲しいと願う女性はひっきり無しだったろうと思わずにいません。現代にたとえれば、ELLEやVOGUE(フランス発の世界的ファッション誌)の専属カメラマンにプロ仕様のポートレートを撮ってもらうような感覚でしょうか。

ベルばらでは、絵筆をとるルブラン夫人が、「王妃さまのお肌があまりにも美しくすきとおっていて、どんな絵の具をつかっても、その色がでないのでございますもの」と溜め息をつく場面がありますが、その苦心は頷けるものがあります。

私が住んでいる地域は大半がスラブ系で、色白の方が多いのですが、たまに美術館から抜け出たような、非常に美しい肌の持ち主に出会うことがあります。その白さたるや、ほんのり温めたミルクにバラの花びらを溶かしたような愛らしさで、笑うと、白桃のような輝きを放ちます。

これを絵に描くとしたら、ピンクと白と肌色を少しずつ混ぜて……いやもう、何色を使えばいいのか想像もつきません。マリーの美しい肌を前にルブラン夫人が溜め息を洩らすのも、もっともでしょう。

ルブラン夫人が描いたマリーの肖像画で有名な作品の一つに、『マリー・アントワネットと子供達』(ベルサイユ宮に展示)がありますが、これは王妃の人気回復のために、彼女の母親としての魅力を強調して描かれたと言われています。しかし、その満ち足りた姿がかえって民衆の反発を招き、革命への抑止力にはなりませんでした。

この絵の中で、マリーは幼いルイ・シャルルを膝の上に抱いていますが、こんな小さな坊やが母親の膝の上でじっとモデルを務めているはずがなく、やんちゃ盛りの子供達を一つの構図にまとめ、マリーのあふれんばかりの愛と威厳を表現したのは、やはりルブラン夫人の腕によるものが大きいと言えましょう。 

表面的には、王侯貴族のお抱え画家のようなイメージのあるルブラン夫人ですが、マリーの肖像画に込めた想いは画家以上のものだったろうと想像します。

今も額縁の中から優しく微笑みかけるマリーの姿を見る時、決して虚飾ばかりではなかった彼女の人生と、彼女に優しく寄り添う友人の温かな眼差しを感じずにいないのです。

ルブラン夫人のギャラリー

非常に有名なマリー・アントワネットの肖像画。マリーは青色が好きだったそう。

Marie Antoinette Adult4

こちらが人気取りの為に描かれたという家族の肖像画。しかし、満ち足りた表情が、かえって民衆の反感をかったと言われています。

Louise Elisabeth Vigée-Lebrun - Marie-Antoinette de Lorraine-Habsbourg, reine de France et ses enfants - Google Art Project

サテンの輝きが素晴らしいですね。

Marie-Antoinette en grand habit de cour - 1778 - Elisabeth Louise Vigée Le Brun

こちらは「もんくがあったら ベルサイユにいらっしゃい」で有名なポリニャック夫人。
優雅な方だったんでしょうけど、ベルばらのキャラのイメージがあまりに強烈で、日本では「もんくがあったら」を想像する人が圧倒多数だと思います^^;

Duchess de Polignac.jpg
By current upload: own work, photo taken by Cybershot800i, Nov 28, 2012 in Grand Trianon, Versailles., パブリック・ドメイン, Link

ルブラン夫人の自画像。爽やかな雰囲気が伝わってきます。

Self-portrait in a Straw Hat by Elisabeth-Louise Vigée-Lebrun.jpg
By http://www.nationalgallery.org.uk/paintings/elisabeth-louise-vigee-le-brun-self-portrait-in-a-straw-hat, パブリック・ドメイン, Link

逆に、国王一家を醜悪に描いて、意思表示したのが、スペインの宮廷画家で名高いフランシスコ・デ・ゴヤ。
よくクレームが出なかったものだ。
タイトルは『カルロス4世の家族』

La familia de Carlos IV, Francisco de Goya.jpg
By Francisco GoyaMuseo Nacional del Prado, Public Domain, Link

ベルばら2巻より

この場面も地味に好き。

ベルサイユのばら ルブラン夫人 マリー・アントワネット

でも、もっと好きなのは次のエピソード。
母になるというのは……きっと どんなにか しあわせな気持ちでしょうね
大人の女性になると、こういう台詞が刺さるようになるんですね。

ベルサイユのばら マリー・アントワネット ルブラン夫人

あまりにも……あまりにも有名な「もんくがあったら ベルサイユにいらっしゃい」。略して『もんベル』。そういう名前のファンサイトもありました。
日本におけるポリニャック伯爵夫人のイメージは、これで決定づけられたといっても過言ではない。。。
ベルサイユのばら ポリニャック伯爵夫人 文句があるならベルサイユにいらっしゃい

ベルサイユのばら (2) (マーガレット・コミックス (108))

この投稿は2007年~2008年にかけて”優月まり”のペンネームで『ベルばらKidsぷらざ』に連載した原稿のリライトです。
『ベルばらKidsぷらざ 東欧ベルばら漫談』の一覧はこちら
 

ルブラン夫人に関する書籍

マリー・アントワネットに愛され、その華麗なる肖像画のほぼすべてを手がけ、数々の貴人たちを描き続けた稀代の肖像画家。
革命のパリを生き抜き、ヨーロッパを放浪した一人の女性の生涯を鮮やかに描き出す、本邦初の傑作評伝。

マリーの取り巻きの何人かは惨殺されている中、激動の時代をたくましく生き抜いた一人です。

フランス王妃を虜にした美しい衣装、斬新なアイデア──第三身分でありながら18世紀ヨーロッパのファッションを牽引し、オートクチュールの礎を築いたモード商ベルタンの波乱の生涯。才能一つで階段を駆け上り、王妃と一体となりながらモードを通じて貴族社会に君臨したベルタンは、「モード大臣」と呼ばれた。彼女は自らのセンス自体を商品と考えた初めての人物で、ファッションデザイナーという職業の祖、オートクチュールの礎となった。

いつの時代もやり手の女性は存在するということで。ココ・シャネルの先輩みたいな印象ですね。

マリー・アントワネットに関する記事

Amazon Kindle 電子書籍

sanmarie*comに掲載していた【「親 死んでほしい」「親 殺したい」で検索する人が多いので】の電子書籍です。心理学者・河合隼雄の名著『家族関係を考える』で紹介された『内面的な親殺し』と、父親殺しを描いたギリシャ悲劇『オイディプス』の物語をベースに、なぜ「親 死ね」「親 殺したい」といった感情が芽生えるのか、乗り越えるには何が必要か、分かりやすく解説しています。
作品詳細と冒頭部の無料サンプルはこちら。https://novella.one/oya-book

アニメ&漫画カテゴリの最新記事

Top