オーストリア女 =マリー・アントワネット ~異国の女として生き、異国の女として死す~

オーストリア女 =マリー・アントワネット ~異国の女として生き、異国の女として死す~

 近頃は、国際人を目指して早期の英語教育も盛んですが、果たして言葉は本当に国や民族の違いを超えるのか、時々、疑問に思うことがあります。
 たとえば、日本人相手に「ベルばらがね……」と言えば、池田先生の名前はもちろん、作品の内容、オスカルやアンドレといったキャラクターの名前、歌劇やアニメ、洋画にまでなったベルばらブームにファンの熱気まで、ほとんど瞬時に伝えることができますが、周囲のポーランド人相手に「ベルばら」の話をしても、残念ながら、分かってもらうことはできません。情報として、内容や人気度を伝えることはできても、「なぜ日本女性がこれほどベルばらに夢中になるのか。オスカルに憧れるのか」ということまでは、やはり理解してもらえないのです。
 そもそも、マンガといえば、ここでは依然として『子供の読み物』ですから、大人の女性までもが読んでいると言えば、それだけで不思議がられるくらい。
 だから、「すごい作品だ」と言っても、「ああそう。そんなにすごいのね」と表面だけで頷かれて終わりなのです。
 また、その逆も然りです。ポーランド人から、「社会主義の時代は、靴一足買うにも徹夜で店の前に並んだのよ」と言われても、日本人の私にはとても想像つきません。知識や情報として頭の中にインプットできても、その夜の寒さや、当時の生活の困窮について、その時代を生きた人と同じように共感することはできないのです。
 そして、そういうことが積もり積もれば、精神的に断絶してしまう部分も出てきます。「あきらめ」とでも言うのでしょうか。ある部分について、お互い自然に踏み込まなくなってしまうのです。
 人間というのは、やはり分かり合う者同士で寄り集まるし、その中に属する方が居心地いいものです。そして、その中に一人、通じない人がいると、どこかで見えない壁というのは出来てしまうのです。
 マリー・アントワネットの場合、フランスに輿入れした時には、流暢なフランス語をお話しになったそうですが、だからといって、フランス宮廷の空気に即馴染めたかといえば、決してそうではなかったでしょう。
 言葉は話せても、マリーがオーストリア人であることに変わりなく、何をどのように振る舞っても、よそ者的な見方というのは、終生、ついて回ったのではないかと想像します。
 私がポーランドに来て、ベルばらを読み返した時、一番心に突き刺さったのが「オーストリア女」という罵倒の言葉でした。
 集団が一致団結する時には、共通のシンボルを求めるものですが、フランス革命の場合は、マリーがそのシンボルでした。そして、その理由の一つが「オーストリア女」だった事を思うと、国と国の隔たり、相互理解の難しさを思わずにいません。

—-ここで下書きが切れている—-

今でこそ人種間・民族間の差別や偏見、ヘイト・スピーチをタブーとする意識が世界的に高まっていますが、国家間で何か起きれば、結局、その国の人間をまるごと否定し、憎悪する傾向は変わっていません。
いつになったら、我々人類はそれを超越することができるのか。
あるいは、人間の帰属意識や群集心理は動物の本能に根ざしたものなのかもしれないですね。

この投稿は2007年~2008年にかけて”優月まり”のペンネームで『ベルばらKidsぷらざ』に連載していた時の未提出の原稿です。
『ベルばらKidsぷらざ 東欧ベルばら漫談』の一覧はこちら
 

   

Amazon Kindle 電子書籍

sanmarie*comに掲載していた【「親 死んでほしい」「親 殺したい」で検索する人が多いので】の電子書籍です。心理学者・河合隼雄の名著『家族関係を考える』で紹介された『内面的な親殺し』と、父親殺しを描いたギリシャ悲劇『オイディプス』の物語をベースに、なぜ「親 死ね」「親 殺したい」といった感情が芽生えるのか、乗り越えるには何が必要か、分かりやすく解説しています。
作品詳細と冒頭部の無料サンプルはこちら。https://novella.one/oya-book

アニメ&漫画カテゴリの最新記事

Top