ザ・結婚証書 ~マリーの指先も震えた運命の一瞬

※ 『ベルサイユのばら』 第一巻 マリー・アントワネットの結婚式にまつわるコラムです。

オーストリア皇太子妃のマリー・アントワネットは、政略結婚により、フランスの未来の国王、ルイ王太子(後の16世)に嫁ぎます。

ソフィア・コッポラの映画『マリー・アントワネット』にも一部描かれていますが、輿入れする際、身に付けているオーストリア製のものは全て取り外し、フランス製に取り替えて、フランス側に引き取られます。

マリー・アントワネット

ベルサイユ宮殿の王室礼拝堂での挙式。

マリー・アントワネット

結婚証書のインクがペタっと飛んだのは、有名なエピソードらしい。

マリー・アントワネット

私の場合、ポーランドの市役所で結婚式を挙げました。ポーランド語で「slub cywilny(シュルプ・シヴィルネ)」と呼ばれる市民婚です。

ポーランドは敬虔なカトリックの国ですから、「結婚式だけ教会で挙げさせて下さい」という訳にはいきません。カトリック教徒にとって結婚は、「洗礼」「堅信」といった7つの秘蹟の中でも重要な儀式の一つであり、神に対する責任の宣誓だからです。(挙式可能な所もあるようですが)
結婚式のためだけに、にわかクリスチャンになるというのは、教徒の方々に失礼だし、私は仏の教えを尊んでいますから、皆に納得いく形として、市民婚を選んだのでした。

式のスタイルは自治体によって異なりますが、私の場合は、市役所の小さなホールで、法衣のような黒い礼服をまとった市の戸籍課長を執行者とし、新郎新婦、それぞれに証人を立てて、執り行いました。

多数の出席者が見守る中、誓いの言葉を述べ、指輪を交換する流れは日本の結婚式と変わりませんが、一つ、欧州ならではなのが、結婚証書への署名です。(地域や宗教などによって、異なる場合もあります)

私たちの場合、執行者から夫婦の宣誓がなされる前に、新郎新婦と証人による署名が行われたのですが、これまた日本と異なるのが、万事、レディファーストという点でした。

日本の場合、新郎新婦の名前を読み上げるのも、式場の案内も、引き出物の名前入れも、「太郎&花子」のように、万事、男性優先ですが、ポーランドでは、「Agata&Tomasz」のように女性を優先するのが常識です。

したがって、結婚証書の署名も新婦の名前から記入するのですが、日本人の私は当然夫の名前が上だと思い、2本線で区切られた記名欄の下側に、何の疑いもなくサインしてしまったんですね。

その瞬間、周りで見守っていた人の口から、「あっ」と声にならない声が洩れました。

何事かと顔を上げたら、夫がジェスチャーで、「上だよ、上」と教えてくれたのです。

その時、私の脳裏をよぎったのは、「カリッ、ペタッ(インクの飛び散る音)。おお、これはなんと不吉な」というマリー・アントワネットの結婚証書。

「もしかして、記入する欄を間違えたのか……?」と気付いた時には、すでに遅し。

新郎の名前が新婦の名前より上になるのはマナー違反として、執行者の指示により、夫の名前は欄外に記入されたのでした。

不細工な結婚証書を茫然と見つめる私に、「まあ、いいから、いいから」と笑いかける執行者の顔が、私にはルイ15世に見えました。(『さあさ、よいではないか。紙にペンがひっかかっただけだ』とマリーを慰める場面です。)

ヨーロッパでの結婚、特に国際カップルは、出生証明書や独身証明書、戸籍謄本の翻訳など、必要書類が多く、『書類婚』と呼びたくなるような煩雑さ。結婚式の当日は、「書類なんか見るのも嫌!」というぐらい事前の手続きに疲れ果て、執行者から晴れて夫婦の宣誓がなされた時は、「ああ、これで煩わしい手続きがやっと終わった」という解放感を覚えたほどです。

それでも、結婚証書に署名するのは、非常な緊張感を伴うもの。

いうなれば、社会に対し(カトリックなら神に対し)、相手と自分に対する一生の責任を宣誓するわけですから、「なんかイヤになっちゃった、やっぱ別れよう」とはいきません。

いくら惚れたはれたで一緒になっても、人生に一度や二度は、難しい時があるもの。

生まれも育ちも違う他人と、一つ屋根の下で50年も60年も一緒に暮らすのは、芸術的努力と言っても過言ではありません。

「病める時も、健やかな時も」という誓いの言葉は、浮気防止の為ではなく、一生の覚悟を自身に問うものなんですね。

14歳で、家族とも祖国とも訣別し、“憧れの王子”とはかけ離れたルイ16世を夫に、一生フランスで生きていく決心をしたマリーの心中はいかなるものだったでしょう。メールも電話もない時代、彼女がどれほど恐ろしく、心細い気持ちで嫁いできたか、想像して余りあります。

これで全てが確定してしまう結婚証書の署名には、指先も震えたことでしょう(そりゃあ、ペンも紙に引っ掛かって、インクも飛び散りますとも)。

それでも故国に逃げ帰ることなく、異郷のフランスで生涯をまっとうした事は立派だと思います。あれだけの不幸があったにもかかわらず、裏切りもせず、罵り合いもせず、ルイ16世とも最後まで添い遂げたのですから。

浮ついたところもあったかもしれないけれど、王妃としての強さは本物だったのではないでしょうか。

↓ 実際の署名の様子
結婚証書 署名

単行本より
ベルサイユのばら マリー・アントワネットの署名

ベルサイユのばら (1) (マーガレットコミックス)

この投稿は2007年~2008年にかけて”優月まり”のペンネームで『ベルばらKidsぷらざ』に連載した原稿のリライトです。
『ベルばらKidsぷらざ 東欧ベルばら漫談』の一覧はこちら
 

シュテファン・ツヴァイクの伝記

マリー・アントワネットに興味をもったら、ぜひ読んでおきたい一冊。
角川文庫、河出文庫、岩波文庫と、翻訳も三種類あるので、そのあたりは好みで。

マリー・アントワネット〈上〉 (ハヤカワ文庫NF) によると、「パンがなければ、お菓子を食べればいい」の決まり文句は、歴代、王室の女性を揶揄する為に使われた言葉だそうです。マリー・アントワネット以前から存在したプロパガンダ(○○王女が「パンがなければ……」と言ったと書き立てれば、庶民の憎悪を煽ることができる)。

ソフィア・コッポラの映画

現代的演出の青春グラフィティ。
マリー・アントワネットの悲劇というよりは、孤独感から賭博やお洒落に突っ走った女の子の軌跡を描いた作品。
フランス王妃といっても、今の女子大生や20代OLと同じ年齢。そうなるのも仕方ないのかなと。
好みは分かれると思うけれど、一度見ておいて損はない。
フェルゼンとの浮気も描かれているが、最後にはルイ16世と手を取り合う場面が印象的。

Amazon Kindle 電子書籍

sanmarie*comに掲載していた【「親 死んでほしい」「親 殺したい」で検索する人が多いので】の電子書籍です。心理学者・河合隼雄の名著『家族関係を考える』で紹介された『内面的な親殺し』と、父親殺しを描いたギリシャ悲劇『オイディプス』の物語をベースに、なぜ「親 死ね」「親 殺したい」といった感情が芽生えるのか、乗り越えるには何が必要か、分かりやすく解説しています。
作品詳細と冒頭部の無料サンプルはこちら。https://novella.one/oya-book

アニメ&漫画カテゴリの最新記事

Top