地味に便利なメディアファイル管理のプラグイン ~不要な画像ファイルを整理する

あると便利な画像ファイル管理のプラグインを紹介しています。

WordPressも便利ですが、画像(メディアファイル)に関しては意外な盲点があるので、参考になれば嬉しいです。

目次

削除した投稿から添付ファイルも自動削除したい

公開済みの投稿を削除すると、投稿に紐付けされた添付ファイルも自動的に削除されると思っていたら、大間違い。

添付ファイルは、紐付けした投稿を削除しても、そのままメディアライブラリに残っていて、【未添付ファイルの検索】をしてもリストに出てこないんですね。

メディアファイルの数が数十、数百ぐらいなら、「これは要らない」と分かりますが、数千ぐらいになってくると、見つけ出すのも非常に困難です。

そうこうするうち、メディアファイルの容量も爆増して、バックアップも一苦労になるという筋書き。

画像多い系サイトにおすすめなのが、画像管理プラグイン『Autoremove Attachments』。

投稿を削除すると、その投稿に紐付けされたメディアファイルも自動的に削除してくれます。

特に設定はなく、プラグインを有効化すれば、自動的に機能します。

わざわざ導入する必要もないかもしれませんが、無駄なメディアファイルを貯め込みたくない人向け。

Autoremove Attachments
https://ja.wordpress.org/plugins/autoremove-attachments/

メディアファイルの『添付』と『未添付』をメディアライブラリでコントロール

画像ファイルの『添付(Attach)』と『未添付(Unattach)』と『再添付(Re-attach)』を、メディアライブラリの一覧から簡単に行うプラグインです。

WordPressのデフォルトでは、『添付』『未添付』『再添付』を操作するには、いちいち添付した投稿画面を開き、本文のリンクを書き替えるなり、 『メディアを追加』から操作するしかありません。これがなかなか面倒で、uploads フォルダに大量のゴミを量産する原因になります。また何も考えずに、メディアファイルのアップロードや削除を繰り返していると、IDが爆造して、地味に不便です。

下記のプラグインで、「使わない画像ファイルは、確実に未添付にする」「再使用する画像ファイルは再添付する」、等々、紐付けを確実にすると、後にメディアファイルを整理する時、うっかり削除や、ゴミ溜め状態を解消することができます。

Upgrade for Unattach and Re-attach Media Attachments
https://ja.wordpress.org/plugins/upgrade-for-unattach-re-attach-media-attachments/

大量の画像ファイルを管理している方は、『Easy Media Replace』や、『Phoenix Media Rename』と組み合わせて使うと、既存の画像IDを利用して、新しい画像に入れ替えることができます。

ID汚染が気にならない人は無用の長物かもしれませんが、案外、IDって、ものすごい勢いで増えていくので、徹底管理をおすすめします。私は何も考えずにアップロードや削除を繰り返した結果、投稿IDが6万寸前までいきました。はっきりいって、地獄です。

アップロード済みのオリジナルの画像ファイルのみダウンロードしたい

画像アップローダーを使うと、自動的にサムネイルが生成され、エクスポートやバックアップする時も、余計なサムネイルが含まれる為、ファイル容量も膨大になります。

『Download Attachments』は、アップロード済み画像の、オリジナルだけをダウンロード(エクスポート)する、便利なプラグインです。

オリジナル画像だけ引っ張ってくるので、容量も少なく済みます。

ローカルにもオリジナル画像を保存する派にはあまり用がないかもしれませんが、WordPressのuploadsフォルダに全部預けている場合、オリジナル画像だけダウンロードするも大変なので、地味に便利です。

これも、Easy Media Replaceのようなプラグインを使って、「オリジナル画像を加工」→「同じ画像IDに再アップロード」→「サムネイルの再生成」をすると、全てのアップロード済みファイルを、もう一度、綺麗に作り直すことができます。

Download Attachments
https://ja.wordpress.org/plugins/download-attachments/

自動生成されるサムネイルの種類を増やしたい

画像アップローダーを使って自動生成されるサムネイルは、デフォルトの状態では、『サムネイル(150×150)』『中』『大』の三種類ですが、『Simple Image Sizes』を使えば、任意の大きさのサムネイルを幾つでも自動生成することができます。

画像系のサイトに便利です。

Simple Image Sizes
https://ja.wordpress.org/plugins/simple-image-sizes/

メディアファイルをカテゴリー別に整理したい

アップロードしたメディアファイルをカテゴリー分類して、管理を容易にするプラグインです。

投稿のカテゴリーを作成する要領で、メディアライブラリにもカテゴリーを作成することができます。

メディアファイルも、けっこう、ものすごい勢いで増えていくので、頻繁に管理する方には必須です。

Media Library Categories
https://ja.wordpress.org/plugins/wp-media-library-categories/

【コラム】 画像ファイルの増大とバックアップとID汚染

WordPressの何が不便って、画像ファイルの管理です。

通常、画像ファイルは、FTPで楽にアップロード&ダウンロードできるものですが、投稿画面の【メディアを追加】を経由してアップロードすると、全てメタデータで投稿に紐付けされる為、uploadsフォルダに、物理的にファイルが存在しても、メタデータが読み取れないと、サイト上で正常に表示されないというデメリットがあるんですね。

調子よく運営している時は気になりませんが、いざ、サーバーを引っ越したり、不具合でWordPressを再インストールしたり、バックアップの管理をしようとすると、各投稿に紐付けされたメタデータが足枷になって、投稿(テキストデータ)はエクスポート&インポートで簡単に復旧できても、メディアファイルだけが再現できず、uploadsフォルダに該当の画像ファイルは存在するのに、「アイキャッチ画像が正常に表示されない」「メディアライブラリは真っ白」……というトラブルにかなりの確率で遭遇します。

WordPressのバックアップ系プラグインが高額で売れるのも、みな、画像で躓くからでしょう。

また、テーマ・テンプレートを変更したり、ギャラリー系のプラグインを有効 / 無効化したり、メディア周りの設定をいじると、適切な画像が表示されなかったり、肝腎なサムネイルが失われたり、逆に、不要なサムネイル(テーマやプラグイン独自のもの)がバカスカ増産されたり、とにかく厄介です。

ゆえに、画像を多用するサイトは、きわめて初期の段階で、この仕組みを理解し、『不要な画像は即行で削除』『添付と未添付を明確にする』『サムネイルの自動生成をコントロールする』ということを徹底しないといけないのですが、そこまで気の回る初心者ユーザーもなく、調子に乗って、投稿をどんどん増やしたら、いざという時、「アイキャッチ画像が正常に表示されない」「バックアップに恐ろしく時間がかかる」といったトラブルに遭遇し、そこで初めて、この闇に気が付く……という
のが大半だと思います。

ゆえに、バックアップ系プラグインが1万円の高値でも売れるわけですが。(移行代行業者も多いですね)

画像管理というと、多くのユーザーはどうしても「圧縮!」「高速化!」に意識が集中し、ファイルのマネジメントは二の次にしてしまいがちですが、一度、自分で、サイト全体のエクスポート&インポートをやってみて、メディアファイルの再現がいかに厄介か、実感するといいと思います。

投稿数が数十ぐらいなら、簡単にできますが、数百、数千になってくると、サーバー負荷や操作ミスが原因で、かなりの確率で、画像が落ちますから。

私もそれに気付いてから、Easy Media Replaceや、Media Renameのようなプラグインを使って、極力、メディアファイルを増やさないようにしています。

昔、4GBあったバックアップファイルも、不要なメディアファイルを削除して、2GB以下に削減できましたので(バックアップ時間も半減)、長寿化したサイトは、一度、きれいに整理されることをおすすめします。

この記事を書いた人

石田 朋子のアバター 石田 朋子 サイト管理人

作家・文芸愛好家。1998年よりホームページを運営。PCと車が大好きな80年代のサブカルファン。WordPressとは10年以上の付き合い。普段はぼーっとしたお母さんです。小説より漫画とアニメに詳しいヲタで、昭和の名作漫画は大半の台詞を空で言うことができます。東欧在住。本を買ってくれたら喜びます。

目次
閉じる