海洋SF小説の無料サンプルを更新しました。 PDFを読む

カスタムフィールドの値を a リンクとして出力する(href=で呼び出す)

カスタムフィールドの値をリンクとして出力する方法です。

基本の形 <a href="URL">リンクの文字列</a> 

それぞれ get_post_meta( get_the_ID(), 'メタ値', true ); に置き換える。

下図のように、カスタムフィールドの値を magazine と設定。

カスタムフィールドの値を設定

投稿内にリンク付き文字列として表示する場合。

投稿内にカスタムフィールドの値を出力

次のように記述します。

カスタムフィールドのメタ値を呼び出す方法はいろいろありますが、私の環境では、こちらの記事で紹介されていた記述が上手く機能しました。

BLOG AND DESTROY
【WordPress|カスタムフィールド】値やキーを取得して表示する例・値を更新する例
【WordPress|カスタムフィールド】値やキーを取得して表示する例・値を更新する例WordPress では、投稿や固定ページなどで「タイトル」や「本文」などの項目の他に、カスタムフィールドを使用することで、任意に項目を追加することが出来ます。 今回は、...

PHPコードを実行するウィジェットに、条件分岐の形で記述しています。

最初に、カスタムフィールドに記入した note.comのリンクを出力し、次いで、タグ(love-magazine, kosodate, kawai-yahao)に応じて、バナーと案内文を表示します。

PHPコードを実行するウィジェットは、プラグイン『Code Widget』が便利です。

ウィジェットの記述例

少し、ごちゃごちゃとしますが、 カスタムフィールドの値 を get_post_meta( get_the_ID(), 'メタ値', true ); として出力するだけなので、原理は簡単です。

この記事を書いた人

石田 朋子のアバター 石田 朋子 サイト管理人

作家・文芸愛好家。1998年よりホームページを運営。PCと車が大好きな80年代のサブカルファン。WordPressとは10年以上の付き合い。普段はぼーっとしたお母さんです。小説より漫画とアニメに詳しいヲタで、昭和の名作漫画は大半の台詞を空で言うことができます。東欧在住。本を買ってくれたら喜びます。

目次
閉じる