意匠の盗用と運命の舵 そして海の星へ

意匠の盗用と運命の舵 そして海の星へ

人生には、予期せぬ出来事が数多く起こります。
良いこともあれば悪いこともあり、『運命』としか言い様のない不思議な巡り合わせを体験する人もあるでしょう。
中には、もらい事故や天災といった、努力や善徳だけでは避けられないものもあります。

そんな時、人は『運命』の一言で片付けようとしますが、人間の意思はかくも弱いものでしょうか。
全ては運命のなすがまま、成否も、幸不幸も運命が決めるというなら、何をやっても無駄、今日を生きることさえ無意味になってしまいます。

本作では、自棄を起こした主人公が、意思もって生きることを放棄し、運命の舵に全てを委ねようとします。
死ぬも、生きるも、運命よ、お前の好きにしろ、という意味です。

しかし、全てを運命に委ねたところで、人間の意思まで完全に無効化されるわけではありません。
生き続ける限り、人には希望があるし、やりたい事もある。
そこには意思があり、結局は、抗わずにいないものだと思います。

運命がどうあれ、意思もって生きる限り、流れを変えるチャンスもあります。
そういう意味で、意思は運命より強い……ともいえるのではないでしょうか。

このパートは海洋小説『曙光』(Kindle版)の抜粋です。
詳しくは作品詳細をご参照下さい。

概要

故郷の復興をかけて、ヴァルターとヤンと仲間たちは出来レースといわれる再建コンペに参加する。彼らが提案した『緑の堤防』は地元住民の圧倒的な支持を得て、一般投票で一位に選ばれるが、建設会社ロイヤルボーデン社に意匠の盗用を疑われ、仲間を救いたい一心から示談書にサインしてしまう。その後、人員整理の対象となり、仕事も住まいもなくした彼は、自棄の気持ちからアステリア行きのチケットを買い求める。

引用

意匠の盗用か、インスピレーションか

※ 故郷の再建をかけたコンペで『緑の堤防』を提案したヴァルターとヤンのグループは高評価を得るが、突然、大手の建設会社ロイヤル・ボーデン社に呼び出される。

彼がぎこちなくソファに腰を下ろすと、女性事務員は「しばらくお待ちください。すぐに部長が参ります」と断りを入れ、静かに退室した。

なんとなく落ち着かず、ソファに深く座り直した時、ドアが大きく開き、二人の中年男性が入ってきた。
一人は身長二メートルはありそうな銀髪の大男で、上級管理職らしい風格が漂う。
もう一人は小柄な痩せ男で、ネズミのように背を丸めているが、仕立てのいいビジネススーツに身を包み、そこいらの平社員ではなさそうだ。

大男は彼の真向かいにどっかと腰を下ろすと、猛禽のような緑灰色の眼で睥睨し、分厚い唇を歪めた。名前はウデル・ローゼンブルフといった。ロイヤルボーデン本社の土木統括部長で、副社長でもある。シャベルのように四角い顔をし、株主も圧倒するような貫禄だが、顔付きは傲岸で、部下に慕われるタイプには見えない。

もう一人の痩せ男は、弁護士のティム・ヨンク。ロイヤルボーデン社の法務部で知的財産に関する案件を担当している。先程からそわそわと落ち着かず、法務担当という割には気弱な印象である。

自己紹介もそこそこに、ローゼンブルフは緑の堤防について切り出すと、
「潜水艇のパイロットとは思えない見事なプレゼンだったね。緑の堤防のパースは君が描いたんだって?」
と賞賛するように言った。すると、彼もほっと顔を緩め、

「俺一人ではないです。仲間が手伝ってくれました。それに、あのイメージは、父が大学時代に購読していた土木専門誌『Zivilisation』に掲載されていたロイヤルボーデン社の『ジオグリーン』の広告用パースからヒントを得たんです。ああいう技術がフェールダムに活かされたらという願いもありました」

「それなら話は早い。自覚しているわけだ、意匠の盗用を」

「意匠の盗用?」

思いがけない言葉に頭の中が真っ白になった。

そうだ、『意匠の盗用』だ。素人の君でも意味は理解できるよね

ローゼンブルフが目配せすると、ティム・ヨンク弁護士がドキュメントホルダーを開き、二枚のカラープリントをテーブルに並べた。

左側がジオグリーンの広告用パース、右側が緑の堤防だ。

左手前から右上方に伸びる一点透視法、堤防の外側に青い海原、内側に人工地盤で嵩上げされた田園都市、堤防の天端に二車線の自動車道路が走っている構図はまったく同じである。

「正直、これほど意匠の似通ったものを『自分の作品』などと主張してもらっては困るんだよ。それに堤防の内側を人工地盤で嵩上げし、全体に緑化して護岸強化する技術はロイヤルボーデン社のものだ。他者が応用する場合は使用許諾料(ロイヤリティ)を支払う決まりになっている。それとも三十九年前の雑誌広告を模すだけなら罪にはならないと思ったかね」

「ちょっと待ってください。確かに俺はジオグリーンの広告用パースを参考にしましたが、まるまる写し取ったわけじゃない。盗用なんて誤解です」

<中略>

彼の顔が強ばると、ローゼンブルフはさらに身を乗り出し、
「どうやって描画した? 君は潜水艇のパイロットで、大学の専攻も海洋学だ。土木のことなど何一つ知らない」

「父が治水局の技術者で、子供の頃から堤防や干拓の話をしょっちゅう聞かされました。描画も、父がGeoCADを使うのを側で見てましたし、自分でもGeoCAD KidsやGeoCAD Juniorで遊んでいました。アプリケーションを使って図形を描くのが得意だったんです」

「GeoCAD Kidsに、GeoCAD Juniorねえ」

ローゼンブルフは小馬鹿にするように言った。

「潜水艇のパイロットがGeoCADの操作に長けてはいけませんか? プロのデザイナーでなくても、ハウスメーカーの営業部員が顧客にイメージを伝える為にGeoCADで簡単なパースを描く例はあるし、パソコン教室のインストラクターだってユーザーに使い方を説明するぐらいの知識や技術は持ち合わせています。GeoCAD Civilのように高度な製品は無理ですが、GeoCAD ZEROやGeoCAD Standardなら工業高校の生徒でも入門的に使用しています。俺も自分で使い方を学んだんです。教本を読んだり、メーカー主催の講習会に参加したり。プロのデザイナーでなくても、一年みっちり勉強すれば、住宅パースぐらい描けるようになります」

「住宅と堤防は違うぞ」

「でも基本操作は同じです」

「君は『3Dキャプチャー』という技術を知っているかね。対象物の画像をスキャンして、コンピュータ設計支援のソフトウェアで解析し、基礎フレームを自動的に構築する。元々は、自分でマイホームやオフィスビルの外観をデザインしたいユーザーの為に開発された技術だが、最近では意匠権トラブルの元凶になっている。無知な一般ユーザーが、住宅メーカーのカタログからパースを取り込み、適当に細部を作り替えて自作と偽るんだ。それと気付かぬ業者がさらに手を加えて、いっそう判別が難しくなることもある。後でメーカーの作品と酷似していることが発覚し、よくよく問い詰めてみれば3Dキャプチャーが原因だ。時には有名建築家の作品までコピーされることもある。この場合、どこまでが応用で、どこからが意匠権侵害に相当するか、専門家でも線引きが難しい。だが、この機能が『オリジナルを真似て、適当に手を加えれば盗用には当たらない』という誤った認識を広めているのは確かだ。そこで質問だが、君も本当は3Dキャプチャーで当社の広告用パースをGeoCADに取り込み、基礎フレームを構築したんじゃないかね。その後、色やテクスチュアを微妙に調整して、似て非なるジオグリーンを作り上げた。多少手を加えれば盗作には当らないと踏んでね」

「そんなことは断じてありません。俺は本当に新規キャンパスから立ち上げたんです。基礎フレームも自分で一本一本描きました。キャプチャーなんて考えもしません。それにジオグリーンの技術を取り入れたパースは他の建設会社だって使っています。緑の堤防が意匠の盗用というなら、世界中、コピーだらけじゃないですか」

「だが一つ、決定的に違う点がある。他の会社は技術を応用しただけで、デザインまでは真似てないんだよ。だが、緑の堤防は明らかに我々のパースの模写だ。君は素人だから知らないだけで、我々の業界では君のような例を『盗用』というんだよ」

「それが本当に盗用に相当するなら、なぜ第一次審査の段階で問題にならなかったんです?」

「四十代から五十代の審査員が三十九年前にドイツの土木専門誌に掲載されていた広告用パースを知っていると思うかね? しかも全員、ネーデルラント出身だ。わたしだって、ある人から指摘されるまで気付きもしなかった。だが、そんなことは問題じゃない。どんな経緯であれ、真似れば盗用なんだよ。第一、君自身で認めているじゃないか、『参考にした』と。それが盗用に相当すると、君の仲間も気付かなかったのかね」

<中略>

「当社のジオグリーンを高く評価し、是非にと願う君の気持ちは非常に有り難い。君が熱心に訴えてくれたおかげで、フェールダムはもちろんのこと、デルタ地帯の土木関係者も強い関心をもってくれた。だが、当社の広告用パースを意図的に真似て、自分の作品と主張するのは、我々の業界では明らかにルール違反だ。意匠の盗用が立証されれば、何万、何十万ユーロの罰金、場合によっては一年から三年の懲役が科せられることもある」

「そんな……」

「今まで誰一人として、それを忠言する者がなかったとしたら、君の仲間も相当に無知な素人集団だよ。ヤン・スナイデル、クリスティアン・ティメル、イグナス・ファン・デル・ファールト。あの三人も君にいい加減な知識を吹き込んで、盗作の手助けをした。あるいは故意にやったのか? デ・フローネンの知名度を上げるために」

「彼らはそんな卑怯者じゃない」

「だったら、そのように法廷で証言するんだね。君が勝訴すれば、我々もこの件については二度と取りざたしない。君も『緑の堤防』を堂々と自身の作品として名乗ることができる」

「法廷?」

「そうだ。君が意匠を盗用したにもかかわらず、それを認めないなら、裁判で争うしかないだろう。告訴の相手は、君とヤン・スナイデル、残りの二人だ。他にも君に入れ知恵した者があるなら、それも対象にする」

「待ってくれ、皆には関係ないだろう。俺が提案したことだ。罪を問うなら、俺だけにしろ」

「そういうわけにはいかないよ。共同提案者は四名だ。君がロイヤルボーデン社の広告用パースを真似たと知りながら、押せ押せで担ぎ出したとしたら、立派なほう助だ。むしろ業界のルールを知りながら無視したという点で、君よりはるかに罪が重い」

「穏便に済ませようじゃないか。今、ここで盗用した事実を認めるなら、訴訟は撤回し、以後は不問とする。これが示談書だ。条件は、意匠の盗用を認め、『緑の堤防』を自身の作品として二度と世に出さないこと。そして、その事実をデ・フローネンのウェブサイトで謝罪することだ」

彼は思わず息を呑んだ。『緑の堤防』を取り下げるのは致し方ないとしても、再建コンペのオフィシャルサイトで『盗用した』と謝罪するなどあまりの屈辱だ。

「どうするね? ここで示談書にサインするか、訴訟を受けて立つか? なんなら、マルセイユのご両親と話し合ってもらっていいんだよ。ジャン・ラクロワ氏なら君に最高の弁護士を付けてくれるだろう。もっとも法廷で争っても、君が勝訴する確率は万に一つもないがね」

「……」

「君がサインしないなら、次はヤン・スナイデルを呼ぼう。友だち思いの好青年だ、自分にも落ち度はあったと、君が負うべき咎も一緒に背負ってくれるだろう。その次はクリスティアンとイグナスだ。その中の一人ぐらい、自分たちがどう振る舞うべきか、分別のある者がいるだろう」

「やめてくれ。俺がサインすれば、本当に不問にするんだな」

「我々だって悪人じゃない。君たちのように若くて優秀な人材をどうして捻り潰したりするかね。素直に盗作を認め、示談に応じてくれたら、決して悪いようにはしない。ほら、この箇所を読んでごらん。君が示談に応じれば、我々もこれ以上は追及しないと明言しているだろう」

ローゼンブルフはペンを差し出した。

<中略>

「今後は付け焼き刃を振りかざして、畑違いの問題に首を突っ込まないことだ。だいたい資格もキャリアもない者に出来るわけないんだよ。プレゼンテーションが大衆に支持されたからといって、自分に特別な才能があるなどと自惚れないことだ」

人間の意思より、運命が強いのか

※ 示談書にサインしたが為に、地域社会にも復興ボランティアにも思わぬ波紋が生じ、ヴァルターは故郷を追われる。しかも、潜水艇パイロットの仕事も失い、祖父も亡くして、葬儀の後、途方に暮れる

洪水の話になった時、一番不愉快なのが「運命だった」という言葉だ。堤防が決壊したのも運命なら、父が死んだのも運命で、人の努力でどうこうできるものではないという意味だ。だが、物事の成否も、人間の生死も、運命で決まるなら、人間が意思を持って生きる意味など皆無ではないか。

運命(フォルトゥナ)。

姿もなく、影もなく、気まぐれに人生を弄ぶ。

運命の前には、人間の意思など何の役にも立たない。揉まれ、流され、常に人の望みを打ち砕く。それほどまでに人の努力を嘲笑い、意のままにはさせぬというなら、運命よ。お前の好きにさせてやる。生かすも殺すも、お前の好きにすればいい。これまで、どれほど苦しくとも、人生の舵から決して手を離したことはなかった。強い意思をもって幾多の波を乗り越えてきた。だが、その根比べも終わりだ。人間の意思より運命が強いというなら、お前の成したいようになってやろうじゃないか

↑ 上記の展開の続きが、冒頭の『海底鉱物資源を採掘せよ 潜水艇のパイロットと深海の新物質』のエピソードに繋がります。

特に関連のある記事

Product Notes

私も建築が大好きなのです。「建築士は定規を使わずに直線を引くことができる」って本当ですか、安藤先生?!
「GeoCADにパースを取り込む」というのは創作ですけど、いずれ建物の写真や広告の絵から基礎のフレームを解析して、細部までそっくりなパースや設計図そのものを作成できる技術ができるのではないかなと思ったりします。3Dプリンターの進化版みたいな。現時点で、コピペの原案がどれか分からないほどになってますから。

こちらは2030年の実施を目指して着々と準備の進むNASAの火星有人探査計画。当然、地球から火星まで何年もかかるので、エネルギーと物資の節約、体力の消耗や精神的ダメージから守る為にもディープスリープの技術は必須。それでも搭乗するクルーは命懸けでしょうけど。どうでもいいけど、ディープスリープの例に映画『エイリアン』のワンシーンを使うのは止めて欲しい。縁起でもない^^;

ともあれ、今世紀中に誰かが火星に行くのは間違いない。NASAも本気でやってますから、応募したい方はぜひ。

こちらは実際に建設が進む火星探査機の打ち上げ台です(フロリダ・ケネディ宇宙センター)。従来のスペースシャトルの発射台より数倍大きい。2030年には、ぜひ世紀の瞬間を見届けたいものですo(^-^)o

ケネディ宇宙センター 火星探査機

こちらはテラフォーミング(地球化)の紹介ビデオ。外惑星を人類が住める環境に調整しようというのが目的です。オカルトやスピリチュアルな話ではなく、20億年後には太陽が膨張して、地球の海はすべて干上がり、大地も溶けて、灼熱地獄になるのは確実ですから、本気で人類存続を願うなら、いずれ皆、地球を出なければならない。それまで文明社会が維持できるかも分かりませんが、生き残る人は生き残るし、テラフォーミングも絶対に不可能な話ではないと思います。宇宙植民地も恒星間飛行も、既に現実の話なんですよ。本作では『ニムロディウム』という架空の物質が、それまで困難とされた科学技術を実現し、宇宙開発が加速したという設定でやってますけども。

Kindleストア

上巻の冒頭部を収録した無料版PDFはGoogle Driveにあります。
閲覧は無料です。モバイルでも表示可能。

https://drive.google.com/file/d/0B-RKK97iKB34ajR0YVJGREhfeE0/view?usp=sharing

Amazon Kindle 電子書籍

sanmarie*comに掲載していた【「親 死んでほしい」「親 殺したい」で検索する人が多いので】の電子書籍です。心理学者・河合隼雄の名著『家族関係を考える』で紹介された『内面的な親殺し』と、父親殺しを描いたギリシャ悲劇『オイディプス』の物語をベースに、なぜ「親 死ね」「親 殺したい」といった感情が芽生えるのか、乗り越えるには何が必要か、分かりやすく解説しています。
作品詳細と冒頭部の無料サンプルはこちら。https://novella.one/oya-book

小説とコラムカテゴリの最新記事

Top