恋愛コラム『なぜあなたの恋は上手くいかないのか』 Kindle Unlimitedで公開中

noteの投稿を手軽にEvernoteに保存する方法

目次

noteから他のブログツールに移行したい

Cakesの炎上騒ぎもあり、そろそろ本気でnoteから脱出 → 他のブログツールに乗り換えを検討中の方も少なくないと思います。

しかしながら、noteには過去記事(アーカイブ)のエクスポート機能がない為、他のブログツールに引っ越すには、いちいち管理画面を開いて、「編集OK」に切り替え、全文をコピー&ペーストという面倒な作業を繰り返さなければなりません。

noteの数が数十程度なら、まあ頑張ろうという気にもなるかもしれませんが、数百、数千レベルになると、もう無理ですよね。

私がエクスポート機能のない無料ツールを絶対に使わないのも、結局、いつかは後悔するからです。

今はnote最高!でも、数年もすれば、また使い勝手のいいサービスが登場します。

ネットというのはそういう所なので、本当にガッツリ自分の足場を作りたければ、先々のことまで考えて、『ユーザー自身できめ細かに投稿管理のできるサービスを選ぶ』、また『運営側もそれを理解して、ユーザーの為に様々な管理ツールを提供している』というのが理想なんですね。

恋愛でも、

あなたが本当にその人を愛しているなら、相手がいつでも出て行けるよう、出口のドアは開けておく

というのが鉄則ではないですか。

皆さんだって、就職の面接会場に行って、「簡単に抜けられると思うなよ」と出入り口のドアを塞がれたら、ビビるでしょう。

彼氏の家に遊びに行った時、「今夜は君を帰さない❤」とかって、ドアを閉められたら怖いでしょ。

顧客サービスも、それと同じです。

「どこで退会(解約)手続きをすればいいのか分からない」

みたいなのは、一番やったらいかんのですよね。

わざと退会(解約)手続きを煩雑にして、会員の囲い込みに成功しているとこ、少なくないですけど (´ー`)

ちなみに、新規会員を増やすコツは、すぐそこに『退会手続き』があることだと思いますよ。

「いつでも止められる」と思えば、「じゃあ、一度、試してみるか」と思いますからね。(個人情報や支払い情報もきちんと削除してくれるなら完璧)

有志のエクスポート・ツールを利用する

QRIO_YAGIさんという方がnoteのエクスポートツールを公開されています。

興味のある方は試してみてはいかがでしょうか。

エクスポートツールはこちら。

noteエクスポートβ
noteの記事バックアップ/エクスポートファイルを無料で作成 - noteエクスポートβ
noteの記事バックアップ/エクスポートファイルを無料で作成 - noteエクスポートβ

Evernoteを利用する

新規ユーザーで登録する

WEBコンテンツを保存するなら、EVERNOTEが一番便利です。

無料のベーシックなら、メールアドレスとパスワードだけで手軽に始められます。

コンテンツのクリップだけなら、無料会員でも十分に使えますので、興味のある方は試して下さい。

とりあえず、自分のnoteを全て保存して、後でゆっくり他のサービスに移し替えたり、リライトすればいいだけですからね。

こちらから新規登録します。

Evernote
最高のメモアプリ - Evernote で大切なノートを整理
最高のメモアプリ - Evernote で大切なノートを整理

ベーシック(無料)の『開始する』をクリック。

EVERNOTEの無料プランを新規登録

メールアドレスとパスワードを入力すれば完了。

あとはメッセージに従って、メルアド確認の手続きをするだけです。

Googleアカウントも使えますが、基本、ネットサービスは独立したメルアドで登録した方がよいです。

メールとパスワードを登録

note保存用のノートブックを作成

ブラウザ版も便利ですが、私はデスクトップ版を愛用しています。

Android、iPhone、Microsoftストア版も使えるので、どれでも使い勝手のいいものを選択。

Evernote
Evernote を無料ダウンロード | Evernote
Evernote を無料ダウンロード | Evernote定番のノートアプリで、アイデアを整理したり、仕事を効率化しましょう。Evernote for Windows・Mac・iOS・Android をダウンロードすると、無料でアカウントを作成できます...

アプリを開いたら、『ファイル』→『新規ノートブック』で、保存先のノートブックを作成。

新規ノートブックの作成

ノートブックの名前を記入します。

あとは、どんどんクリップしていけばOK。

種類がたくさんある場合は、年月別、カテゴリー別にノートブックを作成すると便利。

最初に一つのノートブックに全て保存して、後からゆっくり整理することもできます。

ブラウザからnoteを保存

お使いのブラウザにEvernote Clipperをインストールします。

FirefoxやEdgeでも使えますが、Chrome系が確実に動作します。(Firefoxの場合、PDFの保存ができない)

こちらはchromeウェブストアのリンク。

https://chrome.google.com/webstore/detail/evernote-web-clipper/pioclpoplcdbaefihamjohnefbikjilc#

こちらは公式サイトのガイドです。

Evernote
Web ページの保存・注釈・検索 | Evernote Web クリッパー
Web ページの保存・注釈・検索 | Evernote Web クリッパーEvernote Web クリッパーを使えば、お気に入りの Web ページのページ全体をキャプチャし、注釈をつけて保存できます。保存したページはオフラインでも検索可能です。

たとえば、山本一郎さんのnoteなら、、、

https://note.com/kirik/n/nbc07e1feccbe

ブラウザ上のイメージは数の通り。

ブラウザ上のイメージ

記事の部分だけ保存する場合。

記事の部分だけ保存

Evernoteのアプリではこんな感じで表示されます。

記事版としてインポート

 『簡易版の記事』として、テキストのみ保存する場合。

簡易テキストとして保存

Evernoteのアプリではこんな感じで表示されます。

簡易版の記事でテキストのみ保存

当然のことながら、他人さまのコンテンツを改変・転用するのはNGです。
あくまで自分のアーカイブとしてご利用下さい。

ちなみに、私が有料noteとして販売していたノートのクリップは次の通りです。

『簡易版の記事』でテキストのみ保存しています。

リンクを挿入した部分は、そのままリンクとして取り込まれます。

ただし、アプリ上でリンクのURLは表示されないので(青文字の部分)、いちいちクリックして、ブラウザでリンク先を開いて、URLを確認することになります。

有料ノートの保存

noteの中に、画像を挿入した場合、画像はEvernote独自のデータとして取り込まれるので、画像上で右クリック → 『このアプリケーションで開く』→ 任意のアプリで表示 という流れになります。

画像上で右クリック

ペイントで画像を開いて、『名前を付けて保存』という手順になる。

アプリで画像を表示

ローカルに元ファイルを保存せず、noteの中に、画像や動画など、あれこれ埋め込んでいる方には、ちょっと地獄絵になるかもです (゚_゚)

noteをEvernoteに保存するメリット

Evernoteと、noteの編集画面のコピペと、どう違うのか・・といえば、

Evernoteはワンクリックで保存が可能

noteの場合、自分のnoteのメニューから、編集可能な状態にして、それからコピーして、別の場所にペーストして・・と手間がかかりますね。

また、コピー&ペーストの作業は、何かの弾みにテキストの一部が落ちたり、最悪、操作ミスで、文言が全部吹っ飛んだ・・みたいなことも有り得ます。

その点、Evernoteは、Clipper機能を使えば、完全な形(少なくともテキストは)でデータベースに保存できますし、後々、オフラインで、ゆっくり整理やリライトすることも可能です。

いちいち「編集可能」とか「元に戻す」の操作が必要ないので、テキストの保存方法としては最速&最適といえます。

XML形式などでエクスポートするのもいいですが、本文以外のメタタグなどが含まれるので、そこは一長一短かなと思います。

たとえば、他のブログツールのインポート機能を使えば、XMLファイルをアップロードするだけで、何百とある投稿でも、一瞬で公開可能な状態に整えてくれますから。

逆に、「これを機会に内容を見直したい」「カテゴリー分けやタグ付けを徹底したい」という考えがあるなら、いったん、Evernoteにテキストを保存し、一つ一つ、手動で再投稿し直した方が、ブログ全体の質も良くなると思います。

そのあたり、お好みでどうぞ。

スマホの場合、アプリをインストールすると共有機能にClipperが追加される

ちなみに、スマホやタブレットで、同上の作業を行う場合、お使いのデバイスにEvernoteのアプリをインストールすれば、ブラウザの『共有』に、『Evernoteに保存する』といった機能が自動的に追加されます。

特に難しい設定は必要なく、インストールすれば、自動的に共有と保存の機能が拡張されると考えて下さい。

※ お使いのデバイスやブラウザによって、メニューの位置などは若干異なります。

スマホの場合、オフライン機能(閲覧と編集)は有償版のみ

PCデスクトップ版と異なり、スマホのオフライン機能は有償版(プレミアかビジネス)でしか使えません。

無料アカウントの場合、Evernoteの閲覧と編集はオンライン操作になります。

新手の発信者は先々を読むのが苦手

私もそうでしたけど、「最近、ネットデビューしました(閲覧ではなく、投稿する側)」というニューホープは、実際に、いろいろ試したことがないので、どうしても「流行もの」「有名な人がおすすめしているもの」に飛びつきがちなんですね。

今日から私も発信者! さあ、有名になるぞ! みたいなところにばかり気が急いて、『我がコンテンツを、後年まで、どのように管理するか』という視点が完全に欠落しやすいからです。

泡沫発信者として、その場のノリで、好きなことを書いて、鬱憤を晴らせたらそれでいい、という方には問題ないですけど、本当に自分の作品アーカイブとして、長期にわたって運用したいのであれば、先々のことまで考えてツールを選ぶのは非常に重要ですし、また、そうしたユーザーのニーズを考えて、いろんな管理ツールを提供しているのが良質なコンテンツ・プラットフォームだと思うんですよ。

そのあたり、真剣に考えて、ローカルにもきっちりテキストや画像を保存するタイプの人なら、どんなサービスを使っても差し支えないですが、その場のノリで、ちゃちゃっと書き散らして、送信して終わり、みたいなタイプの場合、いざ、あれしよう、こっちにしようとなった時、必ず後悔するし、しょうもないことで煩わされることになりますから。

基本的に、ネットに書いたものは、いつか消えます。

文庫化されるとか、熱心な協力者がいるとか、あなた以外にも無償で手伝ってくれる人がいれば別ですが、そうでない場合は、「サービスが終了したら」「自分が死んだら」「運営資金が尽きたら」「Googleから評価を落とされて、PVが激減したら」・・・というリスクを常に考えないといけません。

事を始めるにあたって、『自分は発信者(創作者)としてどうしたいのか、どうなりたいのか』、じっくり考えて、サービスを選択することをおすすめします。

記事版としてインポート

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

@MOKOのアバター @MOKO サイト管理人

作家・文芸愛好家。80年代サブカルチャーの大ファン。科学番組の全盛期に子供時代を過ごした影響でSFを書いています。モットーは『Newtonから月刊ムー』まで。かつて宇宙を夢見た少女は深海に魅せられて海洋科学の転向しました。文芸とサイエンスを融合した新しいスタイルの作品を手掛けています。

目次
閉じる