Novella

1/2ページ
Notes コーヒー

生きてて、すみません

昔は青年らしい鬱屈の気持ちから「生まれてすみません」と自らを卑しんだものだが、今は長く生きすぎた厄介者の老人が「生きてて、すみません」と頭を下げる時代らしい。 […]

note 人

情けは人の為ならず

自己責任論の矛先は、いずれ自分自身に向かう。 自分も同じ境遇に陥った時、周りに「助けて」と言えないからだ。 言えば、自分も同じように「自己責任」とあしらわれてい […]

notes 駐車場

駐車場

私を先に行かせてくれたら あなたはそこに駐めることができるのに ぐいぐい突っ込んでくる輩の愚かさよ

必要は成功の母

今でこそ外出先でスマホで音楽を聴くなど当たり前だが、レコード世代にとって、「いかに音楽を持ち出すか」は重要な問題だった。 何せ、プレイヤーは家の中にしかない。 […]

diary book

自動翻訳と訳意と語学力

どんな言語も100%正確に翻訳することはできない。 そこには必ず訳者の意図が存在するし、一言違えば、まったくニュアンスも異なるものだ。 たとえば、『風と共に去り […]

Top