悪い奴ほど、よく喋る

悪い奴ほど、よく喋る

サスペンス映画のお決まりのパターンではあるが、さっさと殺ればいいのに、その前に喋ること、喋ること。「冥土の土産に聞かせてやろう。お前の恋人を殺したのは、このオレだ。お前は相棒のサムがやったと思っているようだが、あの時、車の中に居たのは、KGBの工作員で、サムじゃない。通行人に見せかけて、どーたら、こーたら……」

『その女諜報員 アレックス』も、犯人の自白がやけに長かった。「お前の足を潰してやる」と女主人公を拷問器具にまでかけながら、ベラベラベラベラと長丁場。サッサとやればいいのに、「お前にはまだ利用価値がある」とか何とかで、結局、命拾い。

ミッション・インポッシブルにしても、エンド・オブ・キングダムにしても、悪人って、どうしてこう、自身の罪を喋りたがるのか。

それがシナリオの手法と言ってしまえばそれまでだが、思うに、どんな罪人も心の底では許されたがってるし、悪事においても自身を認めて欲しい気持ちは人一倍強い。
悪い奴ほど、黙ってあの世に行くことはできないのだろう。
昔のワルが、校舎内をバイクで走り回ったとか、10数人をボコボコにしたとか、吹聴せずにおれないように。

その点、多くの善人は、善行を心に秘めて、あの世に旅立つ。神が見て下されば、納得するからだ。
善人にとって、人生の最大の生き証人は神に他ならず、神が知って下さるなら、わざわざ吹聴することはないのである。

ところが、悪人は、行動の規範となるものが己と世間の中にしかないから、現世の誰にも相手にされないのが一番辛い。
たとえそれが最低最悪の行いでも世間に知らしめずにいないし、黙って良心の呵責に耐えられるほど強くもない。
結局、どこかで暴露せずにいないのは、自己顕示欲と空虚の現れだろう。もとい、葛藤に耐えられるほどの強さがあれば、悪事に手を染めぬものだから。

もし彼が心の秘密を墓場まで持って行けるなら、犯罪者ではなく、政治家になれる。その両方を兼ね備えれば、最強かと。

べらべら喋る悪人はチンピラで、心の底では己を世間に認めてもらいたがっている。

間抜けだから足が付くのではない。

本音は、自分がいかに凄い人間かを知ってもらう為に、足を残すのだ。

↑オルガ・キュリレンコのファンなので。『007 慰めの報酬』『ヒットマン』でも、悲運を背負ったヒロインを可憐に、セクシーに演じてました(^^)

Amazon Kindle 電子書籍

sanmarie*comに掲載していた【「親 死んでほしい」「親 殺したい」で検索する人が多いので】の電子書籍です。心理学者・河合隼雄の名著『家族関係を考える』で紹介された『内面的な親殺し』と、父親殺しを描いたギリシャ悲劇『オイディプス』の物語をベースに、なぜ「親 死ね」「親 殺したい」といった感情が芽生えるのか、乗り越えるには何が必要か、分かりやすく解説しています。
作品詳細と冒頭部の無料サンプルはこちら。https://novella.one/oya-book

Notesカテゴリの最新記事

Top