2018/06/05 改訂版 「親を捨てよ 家を出よう」「大学には行った方がいいの?」「好きなことをして生きるは正解か」を追記

2/52ページ

2/52ページ

第五編 第三節-5 神は人間が考え出したもの ~地上的な頭脳で考える

料亭『みやこ』で向かい合うイワンとアリョーシャ。兄弟らしい、互いをいたわる会話の後、イワンが切り出す。 「それよりどうだい。何からはじめる? おまえから決めてくれよ。――神からにするかい? 神は素材するや否や? からかい」 「どちらでも好きなほうからはじめてください。別の一端からでもいいですよ。だけ […]

第五編 第三節-3 論理以前に愛するんです。絶対に論理以前に。

ぼくはね、アリョーシャ、ヨーロッパへ行きたいんだ、ここからまっすぐ行くつもりさ。 そりゃぼくは、自分の行き先が墓場にすぎないことは百も承知さ、しかしこれは何よりも、何よりも貴重な墓場なんだ。そこには貴重な人たちが眠っていて、その上に置かれている破壊しはどれも、過ぎし日々、熱烈に生きた人生を語っている […]

第五編 第三節-4 カインとアベルのたとえ話

アリョーシャは、父とドミートリィの確執を憂い、イワンが早々と去ってしまうことに強い不安を感じている。 それ以前に、ゾシマ長老から不吉な予兆について聞かされたのも、心に大きな影を落としていた。 「兄さんはほんとうにそんなに急に出発するんですか?」 「うん」 「じゃ、ドミートリィとお父さんはどうなるんで […]

閑談1:『カラマーゾフの兄弟』執筆の背景

これは私の所感だけど、『カラマーゾフの兄弟』を読む時は、「流れのある大河ドラマ」として捉えるよりも、「連続した短編」と見た方が分かりやすい部分もある。 もちろん、大元のプロットは存在するけども、信心のうすい婦人の打ち明け話が入ったり、ゾシマ長老の思い出語りが入ったり、その都度、流れが中断するから、『 […]

第六編 第一節-2 人間の孤立の時代と偉大な思想を絶やさぬ試み

なぜなら今世紀においては万人が個別に分裂して、だれもが自分の穴に閉じこもろうとし、だれもが他人から遠ざかって、自分の身も、自分の所有物も他から隠そうとし、あげくは自分が他の人々に背を向けられ、逆に自分も他の人々に背を向ける結果になっているからです。ゾシマ長老の説教は、ドストエフスキーから全人類に向けた遺言でもある。

第五編 第四節-2 無垢な涙の上に万人の楽園を築けるか?

虐待される子供の悲劇を目の当たりにして、イワンは無神論へと傾いていく。それは神を皮肉る虚無ではなく、神の創った世界(規範)の中で生じる理不尽に対する憤りであり、子供への憐れみの気持ちだった。 それでも、信仰心の篤いアリョーシャは、「反逆です」とイワンの理に異を唱える。 「それは反逆です」 アリョーシ […]

第六編 第一節-1 俗界で生きよ ~何が人間を強く、賢くするのか

死の床にあるゾシマ長老は、心から慕う若いアリョーシャに、「家族のもとへは行ったのだな、兄には会ったかの? あすも行くのじゃ、あとのことはほうり出しても、いそぐがよい。ことによると、まだいまなら恐ろしいことが起るのを防げるかもしれぬ。わたしは機能、あの人の大きな未来の苦しみの前に頭を下げたじゃ」と、将 […]

第五章 第五節ー1 真理は人間を自由にするはずだった → 自惚れから悪魔の側へ

殺した者と殺された者が互いに抱き合い、『主よ、汝は正し、汝の道の開けたればなり』と言うことができるのか。 現実的な視点から教えの矛盾を説き、「神の国への入場券を慎んでお返しする」というイワンとアリョーシャの対話は、叙情詩『大審問官』でクライマックスを迎える。 江川氏の注釈によると、大審問官とは「中世 […]

ゲッセマネの園 イエス・キリストの苦悩

十二人の弟子たちと最後の晩餐を終えたイエスは、弟子のペトロ・ヤコブ・ヨハネを連れて、ゲッセマネの園に向います。イエスは天の父に祈りました。「父よ、できるなら、この杯を私から取りのけて下さい。しかし、私の望みからではなく、あなたの御心のままに」。自らの運命を知るイエスの決意と葛藤が感じられる名場面です。

批評における傾向と対策について・一億総評論家時代の幸福術『バレエワンダーランド(1994年)』より

愛なき評論はアーティストを殺す。誰もが気軽に作品の意見や感想を述べられる時代だからこそ、いっそう深く静かに作品と向かい合う姿勢が大切というコラムです。プロの舞台批評に大事なポイントが述べられています。

『若者と死』(ローラン・プティ振付)ミハイル・バニシリコフ演じる若い狂気

とある屋根裏部屋、若い男が独りで待っている。そこに乙女が入ってくる。彼女こそが彼の不幸の原因なのだ。彼は身を投げ出す。彼女は彼を押し戻す。彼は哀願する。彼女は彼を侮辱し、嘲笑し、その場から立ち去る。彼は首を吊る。

Top