飛べない蝶にも意味はある 映画『パピヨン』 ドガは本当に負け犬なのか?

飛べない蝶にも意味はある 映画『パピヨン』 ドガは本当に負け犬なのか?

周回遅れで、スティーブ・マックイーン主演の映画『パピヨン』を見ました。

『風と共に去りぬ』と同じく、世界中の誰もが結末を知っている名作なので、ずばり結末を申せば、殺人の濡れ衣を着せられた『蝶(パピヨン)』の入れ墨をもつ男(スティーブ・マックイーン)が、ラスト、断崖絶壁から海に飛び込み、過酷な収容所から脱獄して自由を得る──という物語です。

この映画の感想となると、十中八九は、海に飛び込んだスティーブ・マックイーンが英雄視され、その場に残ったもう一人の囚人ドガ(ダスティン・ホフマン)は、己の人生に何をも為せなかった負け犬のように言われますが、果たしてそうでしょうか。

私も10代20代の頃なら、「スティーブ・マックイーン、格好いい! やっぱ人間はかくあるべし」と単純に賞賛していたかもしれません。

でも、年を取ってから見ると、その場に残ったドガにも、ドガなりの矜持と諦観があるような気がしてならないのです。

ラスト、断崖から飛び降りることを決意したパピヨンと、それに気圧されるように付いて行くドガ。だけども、ドガはこの島に残ると決めます。

パピヨン スティーブ・マックイーン ダスティン・ホフマン

命を懸けて飛び降り、椰子の実の筏にしがみつくパピヨン。

パピヨン スティーブ・マックイーン ダスティン・ホフマン

それを見届けるドガ。この微笑みは友の勇気と幸運を心から祝福している。

パピヨン スティーブ・マックイーン ダスティン・ホフマン

だが、次の瞬間、ドガの微笑みは涙顔に変わる。

パピヨン スティーブ・マックイーン ダスティン・ホフマン

この表情を、パピヨンのように飛べなかった自身への悔いと取る人もあれば、友と別れた悲しみと感じる人もあります。

あるいは、これからも延々と続く孤独と貧窮に対する絶望。

自身の無力を恥じる涙、等々。

解釈は人それぞれです。

だけども、ドガはパピヨンのように遠くまで泳ぐ体力も気力もないし(前の脱獄で足に大怪我を負い、今も不自由である)、自身で「ここまでが限界」とも知っています。パピヨンと同じように断崖から飛び込んでも、結局、大海原のど真ん中で力尽きたかもしれません。

そう考えると、ドガはドガなりに自分を貫いたといえるし、死ぬまであの島で暮らしたとしても、それはそれで納得したのではないでしょうか。

一般論では、パピヨンの方が勇ましいし、それが理想的な生き方かもしれませんが、ドガにもドガの考えがあり、ドガらしい人生があります。

どちらが勝者、どちらが負け犬、という訳でもありません。

どんな生涯であれ、最後まで生き抜いたなら、「悲運に打ち克った」と言えるのではないでしょうか。

飛べない蝶にも意味がある

それはダスティン・ホフマンの演技を見れば分かります。

Amazonのレビューに「ダスティン・ホフマンが演じる意味があったのか」というコメントがあるけれど、ラストのあの表情は、やはりダスティンでなければできない演技だと思います。

ちなみに、この断崖から飛び降りるスタントは、人形ではなく、伝説的なスタントマン、ダー・ロビンソンです

スティーブ・マックイーンがラストに叫ぶ、Hey, you bastards, I’m still here! (お前ら、くそったれども、オレはまだ生きてるぞ!)という台詞がいいですね。
この「You」が意味するところも、監獄の看守やへたれな囚人達を指すという意見もあれば、神や運命に対して、という見方もあり、私はどちらかというと後者の意見です。

また、こんな風に、10代20代とはまったく違った解釈ができる点が、年齢を重ねることの面白さかもしれませんね。

社会(現実)の囚われ人となっても自由を諦めないパピヨン
パピヨン スティーブ・マックイーン ダスティン・ホフマン

アイテム

ラオウ・内海賢二サマと宮部昭夫の二種類の吹き替えが収録された愛蔵版。
マニアックなカスタマーレビューが面白い。

Amazonプライムビデオ(字幕版)はこちらから。

特に関連のある記事

Amazon Kindle 電子書籍

sanmarie*comに掲載していた【「親 死んでほしい」「親 殺したい」で検索する人が多いので】の電子書籍です。心理学者・河合隼雄の名著『家族関係を考える』で紹介された『内面的な親殺し』と、父親殺しを描いたギリシャ悲劇『オイディプス』の物語をベースに、なぜ「親 死ね」「親 殺したい」といった感情が芽生えるのか、乗り越えるには何が必要か、分かりやすく解説しています。
作品詳細と冒頭部の無料サンプルはこちら。https://novella.one/oya-book

映画カテゴリの最新記事

Top