自転車

自転車
軽やかに 走ろう
空気入れたての
自転車みたいに

音も聞こえる
景色も見える

道も走れる
草木も摘める

世界をありのままに
感じることができるのだから

窓辺に頬杖ついて
幸せがやって来るのを
ただ待っているなんて
もうたくさん

外に出よう
花を摘もう

両の腕を思い切り伸ばして
風を感じよう

空気入れたての
自転車みたいに
時々 弾けながら
軽やかに世界を駆ける

陽がすっかり暮れるまで

初稿:2002年5月1日

その他の詩

Amazon Kindle 電子書籍

sanmarie*comに掲載していた【「親 死んでほしい」「親 殺したい」で検索する人が多いので】の電子書籍です。心理学者・河合隼雄の名著『家族関係を考える』で紹介された『内面的な親殺し』と、父親殺しを描いたギリシャ悲劇『オイディプス』の物語をベースに、なぜ「親 死ね」「親 殺したい」といった感情が芽生えるのか、乗り越えるには何が必要か、分かりやすく解説しています。
作品詳細と冒頭部の無料サンプルはこちら。https://novella.one/oya-book

詩と引用カテゴリの最新記事

Top