人生はまだ開かぬ薔薇のつぼみ

人生はまだ開かぬ薔薇のつぼみ

人生はまだ開かぬ薔薇のつぼみ

イギリスの誇る詩人ジョン・キーツの詩句、【人生はまだ開かない薔薇の希望】を私流にアレンジしたもので、うちの可愛いミニバラを見る度、いつも思い浮かべる言葉です。

花というのは、発芽する時以上に、開花にエネルギーを要するものです。

硬い種子の殻を破る瞬間も大変ですが、蕾をほころばせ、美しい花を開かせる過程はなお苦しい。

蕾は思った以上に硬く、厳く、“あと一歩”がなかなか突破できないものです。

花を見ていると、葉や根っこから得たエネルギーを、一心に蕾の一点に送っているのがよく分かる。

これでもか、これでもか、というくらい力を入れても、まだ壁を破れない。

中には、そのまま花開くことなく、落ちてしまう蕾もあります。

だからこそ、立派に花開いた姿が、こんなにも愛しく、美しいのでしょう。

硬い種子から芽を吹き、葉を広げ、陽に向かって成長していく過程の集積が「花」であり、そこには生命と創造の輝かしい結晶作用が見て取れます。

それはまた蕾に隠された希望の象徴であり、人は、本物の開花の時期を迎えるまでは、あらゆることに希望がもてる――

また、もたねばならない、ということを教えてくれるのです。

初稿:1999/04/02(金)

その他の詩

Amazon Kindle 電子書籍

sanmarie*comに掲載していた【「親 死んでほしい」「親 殺したい」で検索する人が多いので】の電子書籍です。心理学者・河合隼雄の名著『家族関係を考える』で紹介された『内面的な親殺し』と、父親殺しを描いたギリシャ悲劇『オイディプス』の物語をベースに、なぜ「親 死ね」「親 殺したい」といった感情が芽生えるのか、乗り越えるには何が必要か、分かりやすく解説しています。
作品詳細と冒頭部の無料サンプルはこちら。https://novella.one/oya-book

詩と引用カテゴリの最新記事

Top