愛の試練は同じ重さでやって来る

愛の試練は同じ重さでやって来る

同じ顔ぶれ、同じ資本が跋扈する ~なぜ社会のビジョンが必要なのかの中で、ヒロインのリズと、伯母のダナが、恋について語り合う場面で挿入していた台詞。

人生が思いがけない方向に流れていくことに対し、『運命には実体がない。それは幸運でもあり不運でもある』と運命について語り合う。

「いい人なの。自分でもどうしようもないくらい心惹かれてるわ。でも、どうしたらいいのか分からない。今にも心の熱に呑まれてしまいそうで……」

「盲目になるのが怖いのね」

「もう、ほとんど心の目は塞がっているわ。あの人が好きで、いつまでも側に居て欲しい、それしか考えられなくなってる。パパが倒れたのも私のせいよ。私が帰りたくない一心で、心の舵を左に切ったから……」

<中略>

「あなたは心の舵を左に切った……と言ったわね。好きな人と一緒に居たいがために、運の流れを変えようとした、と。

どのみち、運命に勝てない愛は、いずれ海の泡みたいに消えてゆく。

あなたが運命の輪をどちらに回そうと、愛とは常に試されるものよ。

楽しいことだけ存在する愛などなければ、簡単に真実に至る愛もない。

一緒に居ようと、居まいと、愛の試練は同じ重さでやって来る。

あなたが不安と淋しさに耐えられないようなら、愛もいずれ死ぬのよ」

海洋小説『曙光』 MORGENROOD (上) ボツ原稿

Amazon Kindle 電子書籍

sanmarie*comに掲載していた【「親 死んでほしい」「親 殺したい」で検索する人が多いので】の電子書籍です。心理学者・河合隼雄の名著『家族関係を考える』で紹介された『内面的な親殺し』と、父親殺しを描いたギリシャ悲劇『オイディプス』の物語をベースに、なぜ「親 死ね」「親 殺したい」といった感情が芽生えるのか、乗り越えるには何が必要か、分かりやすく解説しています。
作品詳細と冒頭部の無料サンプルはこちら。https://novella.one/oya-book

詩と引用カテゴリの最新記事

Top