話せば楽になる、というものでもない ~本当に俺の力になりたいなら

話せば楽になる、というものでもない ~本当に俺の力になりたいなら

「君に話すようなことじゃないよ」

「話すようなことじゃなくても、誰かに言うだけで心が安らぐこともあるわ」

「君はカウンセラーのようなことを言うんだね」

「そうじゃないわ。友人として言ってるの。あなたの力になりたいから……」

「俺、そんな風に言われたら、かえって傷つくよ。ああ、いよいよ俺も年下の女の子に同情されるぐらい落ちぶれたのか、って気分になる。本当に俺の力になりたいと思うなら、そっとしておいてくれるのが一番いい。今、俺は、誰にも、何も話したくない。まして、君相手に、悩み苦しみを打ち明けようなんて気持ちにはならない。信用するとか、しないとかの話じゃなく、これは俺の矜持の問題だ」

*

「君が優しい人だということはよく分かった。俺のことを心配してくれる気持ちも本物なんだろう。だから、気持ちだけ受け取っておくよ。でも、俺に何かしよう、力になろう、なんて思わないでくれ」

海洋小説『曙光』 MORGENROOD (上) のボツ原稿

Amazon Kindle 電子書籍

sanmarie*comに掲載していた【「親 死んでほしい」「親 殺したい」で検索する人が多いので】の電子書籍です。心理学者・河合隼雄の名著『家族関係を考える』で紹介された『内面的な親殺し』と、父親殺しを描いたギリシャ悲劇『オイディプス』の物語をベースに、なぜ「親 死ね」「親 殺したい」といった感情が芽生えるのか、乗り越えるには何が必要か、分かりやすく解説しています。
作品詳細と冒頭部の無料サンプルはこちら。https://novella.one/oya-book

詩と引用カテゴリの最新記事

Top