推敲はプリントアウトして俯瞰性を高めよう

自分の書いた原稿を必ずプリントアウトして読み返す

文章力は推敲によって伸びる ~自分で自作の粗が分かりますか?の続きです。

自分の書いた文章を推敲する時は、面倒でも、プリントアウトをおすすめします。

ウィンドウ一面ほどの分量ならいいですが、ページ数が何十枚、何百枚に及ぶ場合、ワープロの文書比較機能や、複数ウィンドウを並べて見比べる程度では、到底、全体を俯瞰することはできないからです。

自分では筋書き通りに書いたつもりでも、紙の書籍のようにプリントアウトして、じっくり読み返せば、自分の認識と大きく異なることもあります。

PC画面ではまったく気付かなかった誤字脱字、言葉の重複、不自然な言い回し、説明不足、等々。

PCの狭い画面で、何度も、何度も、テキストファイルを書き直すより、プリントアウトして、全体を俯瞰した方が効果的ですよ。

また、その場で気付いたことやアイデアを、行間やページ内にさっとメモ書きしたり、カラフルな付箋や色鉛筆でマーキングできるのもメリットです。

付箋を使って分かりやすく

原稿を印刷して俯瞰する

さりげに役立つグッズ

鉛筆と消しゴム

非常にアナログですが、紙のページに書き込みするなら、鉛筆と消しゴムが一番便利です。

理由は、手軽に消せるからです。

入力も早いし、書き込む場所も選びません。

なんだかんだで、一番便利な筆記具です。

日頃、デジタル入力ばかりで、学校卒業以来、鉛筆なんて触ったこともない、という方は、懐かしさついでに使ってみてはいかがでしょう。

童心に返れば、気持ちもリフレッシュするかもしれませんよ。

付箋

ワープロやエディタにも、付箋機能は備わっていますが、やはり紙のポストイットに優るものはありません。

どこにマークしたか、一目瞭然でしょう。

複数ウィンドウを開いたり、マーカー一覧で確認するより、カラー付箋の方がはるかに使いやすく、削除や追記も簡単です。

いろんな色や形の付箋を使い分ければ、楽しさも倍増ですよ。

色鉛筆

文章のマーキングには蛍光ペンを使う人も多いと思いますが、インクが裏側に染み出したり、文字が滲んだり、使いにくいところもあります。

その点、太めの色鉛筆なら、手軽に線を引けるし、インクが滲むこともありません。

消しゴムで消せないこともないし、メモ書きもできるので、とても便利です。

ステーショナリーでばら売りしているので、好きな色を一本、買い求めるのもいいですよ。

ハンディタイプの可愛い鉛筆削りもお忘れなく。

色鉛筆で分かりやすく

プリンターと詰め替え用インク

プリンターも、印刷品質にこだわらなければ、5千円前後で単機能のインクジェットプリンターが手に入ります。

単機能のインクジェットプリンター 一覧(Amazon)

インクも、純正カートリッジを補給するのではなく、詰め替え用インクを使えば、印刷代も半分以下で済みます。

プリンターの詰め替え用インク

推敲のプリントアウトに使うなら、黒インクだけでも十分です。

詰め替え用ボトルインク ●キヤノン●全型番対応 (BK×2/C/M/Y/GY)×1 合計6本セット

また、インクセーバー系のアプリケーションを導入すれば、さらなるコストカットが可能です。

カートリッジから吹き付けるインク量を半減して、コストを節約します。

プリンター インク 節約 コストカット 割付印刷 両面印刷 / メディアナビ InkSaver 6(インクセーバー6)

私は、GreenCloud Printerというアメリカ製のインク節約ソフトを使っています。

英語メニューになりますが、設定する箇所はほとんどありません。

両面印刷、見開き印刷、不要ページの削除など、基本の機能も揃っています。

インク節約

インクセーバー

永久ライセンスで、約2900円。(税別) 地道にアップデートも継続しているので、詐欺ではありません。

お試し版もダウンロードできるので、興味のある方はどうぞ。

あわせて読みたい
GreenCloud Printer - Convert to PDF, PDF PrinterFree GreenCloud printer driver. Save ink, paper, and trees, convert documents to PDF, save to PDF creator, save to Dropbox or Google Drive.

ワープロやエディタでA5版の原稿を作成して、A4版に『見開き+両面印刷』するエコノミープリントの方法は下記のページにも掲載しています。

興味のある方はどうぞ。

Novella 文芸コラム
PDF版のダウンロードと印刷方法について | Novella 文芸コラム電子書籍(Kindle・ePub)のPDF版について『海洋小説 《曙光》 MORGENROOD』は、Amazon Kindle、および、Googleブックスで電子書籍として販売していますが、PD...

プリントアウトのメリット

デジタルツールのメリットは、手軽に削除や上書き、コピー、切り取りができる点ですが、何度も編集するうちに、前の状態がどんどん失われていくデメリットもあります。

その点、印刷物は、文字が消えることがないですから、文書の比較に便利ですし、いくらでもメモ書きすることができます。

また、PCやタブレットと異なり、寝転がったり、リラックスチェアでくつろいだり、楽な姿勢が取れるのも利点です。

じっっくり文字を読むなら、印刷物の方が、目にも優しいですよ。

上記のページにも書いているように、ワープロ(エディタ) → PDF出力 → 印刷と進めば、PDFのページクロップ機能で印字の大きさを自由に変更することもできます。

入力はともかく、推敲や編集など、見直しがメインの際は、プリントアウトを活用してはいかがでしょうか。

ページのトリミング

こういう膝上テーブルを併せて使うと、もっと作業が楽になります。リフレッシュにも最適。

Suky 膝上テーブル ラップデスク ノートパソコンデスク 枕 クッション 天然竹製 タブレット ラップトップテーブル(38x28cm ブラウン)

この記事を書いた人

石田 朋子のアバター 石田 朋子 サイト管理人

作家・文芸愛好家。1998年よりホームページを運営。PCと車が大好きな80年代のサブカルファン。WordPressとは10年以上の付き合い。普段はぼーっとしたお母さんです。小説より漫画とアニメに詳しいヲタで、昭和の名作漫画は大半の台詞を空で言うことができます。東欧在住。本を買ってくれたら喜びます。

目次
閉じる