2018/06/05 改訂版 「親を捨てよ 家を出よう」「大学には行った方がいいの?」「好きなことをして生きるは正解か」を追記
第5編 ProとContra 注釈

第五編のProとContra(原卓也訳では『プロとコントラ』)について

ラテン語で「賛成と反対」「肯定と否定」などの意味をもつ。この変はドストエフスキー自身が長編の頂点をなす編と呼んでおり、またドストエフスキーの創作方法の本質がこの言葉に含まれているとする見方も多い。祠宇濾布スキーにはこの言葉のロシア語訳を題名にしたドストエフスキー論がある。

キャラクターに置き換えれば、「イワンとアリョーシャ」がその象徴だろう。

不死を否定するイワンと、イエス・キリストも不死も信じるアリョーシャ。

相対する二人の価値観は、この世の矛盾そのものでもある。

一方、東洋には「陰と陽」の考えもあるように、肯定と否定がワンセットになって、世界のバランスを保っているとも考えられる。

もし、地上が、アリョーシャのような善人であふれかえれば、確かに人々は幸福かもしれないが、工業製品のように、野心や物欲から創出するものもあり、一概に善が全てとは言えない。

肯定と否定。

人は迷いや不安を解消する為に「どちらか一つ」を選ぼうとするが、私たちは双方と上手に付き合うことによってしか地上に存在しえないように感じる。イワンのように、否定ばかりでは心がもたないし、アリョーシャのように、あまりに心が清らかだと、かえって物事が混乱するかもしれないから。

カラマーゾフ親子のごたごたに殺人という形で決着をつけたのが、スメルジャコノフという歪んだ男――というのも象徴的。

イワンではどうにもできないし、アリョーシャでも手に負えなかっただろう。それこそドミートリィが手を下したかもしれない。

いずれにせよ、私たちは、ProとContraの間に生きている。

地上に生きるということは、選択の結果。

Top