Scrivener 日本語化ファイルと手順 ~言語ファイルの置換と言語設定について

Scrivener 3(Windows版)より日本語メニューが実装されますが、旧ヴァージョンのScrivener 1.0系でも翻訳ファイルを遣って日本語メニューを実装することができます。詳しくは日本語化メニューのガイドをご参照下さい。(3.0系に合わせて翻訳ファイルも更新しています)
購入も視野に入れた試用であれば、現行の1.0系をおすすめします。30日間の無料お試しが可能です。
新規購入者には3.0系の無料アップデート権が付いています。
製品紹介とダウンロードは公式サイトからどうぞ。

https://www.literatureandlatte.com/
Scrivener: Get your words out.

プロット構築のツールをお探しの方は、マインドマップ『XMindの使い方』もご参照下さい。

ここで配布している日本語ファイルはWindows版です。Macには対応してないのでご注意下さい。

目次

旧バージョンの日本語化について

ここではアウトラインプロセッサ『Scrivener』(現行の1.0系)のメニュー日本語化の手順を紹介しています。

翻訳とファイルの配布についてはScrivener運営者に許可を頂いています。

ユーザー様のお役に立ちましたら幸いです。

日本語メニューは次期バージョン3.0系より標準で実装されます。(4月21日リリース予定)


https://www.literatureandlatte.com/
Scrivener. Y'know - for writers.

Scrivenerの基本操作に関しては、下記のURLに詳しく紹介しています。

https://novella.onehow-to-scrivener]

※ 縮小画像は、クリックすると、LightBoxで拡大します。

Scrivenerメニュー 日本語化の手順

言語ファイルのダウンロード

まず、オンラインストレージ『BOX』から、当方で作成した翻訳ファイルをダウンロードします。

ファイルは、圧縮形式と、個別ファイル(13個)の二種類を用意しています。

どちらでも、使い勝手の良い方を選択して下さい。

https://app.box.com/s/6geiezjx9zzm4yaes6udx34e1nmx9egh

"日本語化の翻訳ファイルをダウンロード

オリジナルの言語ファイルと置換

Scrivenerをインストールしたフォルダから、translationsにアクセスします。

Windows10の場合、 C:Program Files (x86) > Scrivener > translations にあります。

translationsフォルダを開く

オリジナルの日本語化ファイルは、○○_jp.qm (QMファル)という名称で格納されています。

これを全てダウンロードした翻訳ファイル(13個)と置き換えて下さい。

通常のコピー、もしくは上書きでOKです。

言語ファイルを置き換え

バックアップの取り方

作業前に、translations フォルダごと、バックアップをして下さい。

翻訳ファイルの置換後、メニュー表示に不具合があっても、translations フォルダを元に戻せば、オリジナルの状態に復帰します。

また置換作業でミスしても、Scrivener本体、および文書ファイルに大きな障害が生じることはありません。

作業の危険度は低めです。

万一、不具合が生じても、Scrivenerを再インストールすれば、元に戻ります。

Scrivenerの言語設定と再起動

ファイルの置換が完了したら、Scrivenerの言語設定を日本語(Preview Available)に変更します。

日本語のOSなら、デフォルトの System Language のままでも反映されます。

Tools → オプション(Options) → 全般(General)

言語を日本語に設定

言語ファイルの置換と、言語設定が完了したら、Scrivenerを再起動します。

下図のように、旧バージョンのWindows版の1.0系でも、メニューが日本語化されます。

英語メニューとして使い続けたい方は、言語を「English」に設定して下さい。

日本語化されたメニュー

■ 不具合があれば、下記メルアド、もしくはコンタクトフォームより、お気軽にお問い合わせ下さい。
mail@novella.works よりお問い合わせ下さい。

翻訳ツール『QT Linguist』の使い方

Windows版1.0系と3.0系の翻訳は当方がボランティアで担当しましたが、今回限りです。
将来、翻訳ボランティアを希望される方は、下記の方法を参考にして下さい。

QT Linguistのダウンロードと基本操作

自分で翻訳作業がしたい方は、QT Linguist を使えば、簡単に翻訳作業が可能です。

オリジナルの翻訳用ファイル『edit_Scrivener_ja.ts』は、Scrivenerの運営元にリクエストして入手して下さい。

まず、『QT Linguist』というアプリケーションを下記URLよりダウンロードします。無料ツールです。

Software Informer
Qt Linguist. Get the software safely and easily.
Qt Linguist. Get the software safely and easily.Qt provides excellent support for translating applications into local languages.

QT Linguist

次に、翻訳言語を設定します。

QT Linguistの言語設定

次に「File」→「Open」から『edit_Scrivener_ja.ts』を開きます。

「Japanese Translation」の空欄に日本語訳を入力するだけです。

翻訳作業が終了したら、「済み」「保留」「未翻訳」のチェックマークに従って、目印を付けます。

翻訳済みのチェック

検索&置換は、「Edit」→「Find」で可能です。

一括で置換したい場合は、「Edit」→「Search & Translation」を利用します。

置換と検索

検索と置換

覚えておくと便利なショートカット

Ctrl + Enter 翻訳を完了して、次の未翻訳のワードにジャンプする
Ctrl + F 検索
F3       次の検索ワードに進む
Ctrl + B 原文をコピー(ただし「Japanese Translation」が空欄でないと機能しません。

翻訳ファイルの保存

翻訳が完了したら、「File」→「Release As...」で、「Scrivener_ja」という名前でファイルを保存して下さい。
自動的に.qmファイルに変換されます。

翻訳ファイルの保存

あとは、上記で紹介したように、オリジナルの言語ファイルを置換して、動作を確かめるだけです。

日本語化ファイルに関する注意事項

Scrivenerの翻訳はボランティアで手がけています。

「アプリに興味はあるけど、英語メニューが苦手」という方に向けて日本語化しています。

中・上級ユーザーから見れば、まどろっこしい箇所もあるかもしれませんが、「初心者の心理的ハードルを下げる為の日本語化」とご理解下さい。

初心者の方も、慣れてくれば、オリジナルの英語メニューに切り替えることをお勧めします。

どのみち、日本語環境で使える機能は限られていますし、文書作成に必要なメニューは英語でも十分に理解できますので。

表現が気に入らない箇所や、個人的に注釈を加えたい場合は、ご自身で翻訳して下さい。

明らかな誤訳はお知らせ下さると助かります。(次期バージョンで反映)

*
ちなみに、Scrivenerの翻訳ファイルは非常に複雑怪奇です。

13種類の翻訳ファイルが存在し、同じ単語やフレーズが何十回となく繰り返されるのですが、どれが、どの箇所に、どのように反映されるのか、まったく説明がありません。

また、一つの単語が、複数の日本語の意味を兼ねることもあります。

たとえば、「character」という単語は、「キャラクター」と、「文字」の二つの意味を兼ねています。

しかし、翻訳ファイルには、「character」という単語が、どのメニューに、どういう目的で使われているか、まったく注釈がないので、実際に日本語化メニューを立ち上げてみないことには、確認のしようがない状態です。
(大体は前後の文脈で推測できるのですが・・)

もしかしたら、見落としや間違いなどがあるかもしれませんが、ご容赦下さい。

私も、翻訳ボランティアは、これが最後の予定です。

到底、片手間で出来る量ではありませんし、日本語環境では使えない機能もたくさんあって、全てのメニューやメッセージについて、検証することは不可能なので。

ともあれ、Scrivenerの操作自体は、それほど複雑ではないですし(Microsoft Wordに毛が生えた程度)、基本の機能は英語でも十分に理解できると思います。

日本語メニューに慣れたら、オリジナルの英語メニューに戻して、慣れることをおすすめします。

その他の操作については、下記のリンクも参照して下さい。

[display-posts tag="scrivener"]

この記事を書いた人

石田 朋子のアバター 石田 朋子 サイト管理人

作家・文芸愛好家。1998年よりホームページを運営。PCと車が大好きな80年代のサブカルファン。WordPressとは10年以上の付き合い。普段はぼーっとしたお母さんです。小説より漫画とアニメに詳しいヲタで、昭和の名作漫画は大半の台詞を空で言うことができます。東欧在住。本を買ってくれたら喜びます。

目次
閉じる