ギリシャ神話

愛と疑いは一緒にいられない ~エロスとプシュケの寓話より~

ギリシャ神話のエロスは恋の矢で過って自分自身を傷つけ、プシュケに一目惚れします。二人は結婚しますが、エロスは決して自分の姿をプシュケに見せようとしません。不安になったプシュケはエロスとの約束を破って、その姿を盗み見てしまいます。怒ったエロスは「愛と疑いは一緒に居られない」とプシュケの元から去ってしまいます。疑えば、愛は去り、愛すれば、疑いは消える。目には見えない愛を信じることの難しさ。

西洋美術の入門書(カワイイから本格派まで)

美術関係の本を集めてみました。 美術というと敷居が高いように感じられるかもしれませんが、美術、特に西洋絵画が分かれば海外旅行の面白さも倍増します。 今までルーブルやオルセーのような有名美術館に足を運んでも退屈なだけだった方も、「どこか外国に行きたいけど、どこに行ったらいいか分からない」という方も、お […]

エロス(クピド)とプシュケの物語 『蝶』は魂の昇華の象徴

ギリシャ神話のエロスは恋の矢で過って自分自身を傷つけ、プシュケに一目惚れします。アポロンの神託を利用して二人は結ばれますが、エロスは自分の姿を決してプシュケに見せようとしません。不安に感じたプシュケはエロスの寝姿を覗き見、怒ったエロスは飛び去ってしまいます。エロスを恋い慕うプシュケはアフロディテの様々な難問に挑み、ついにはエロスと結ばれ、神々の仲間入りをします。プシュケの象徴は蝶、魂の昇華を表します。

ヴィーナス(アフロディーテ)とクピド(エロス)

世界の初めに誕生したのは混沌(カオス)でした。 そこから母なる大地(ガイア)と、光と闇とが生まれ、やがてガイアから天空ウラノスと海ポントスが生まれます。 ガイアはウラノスと交わり、巨神族ティタンと一つ目怪物キュクロプス、そして百の手足と五十の頭をもつ怪物ヘカトンケイルを作りますが、ウラノスはこの怪物 […]

Top