北斗の拳

きょうだいは平等に愛せるか 『北斗の拳』アサム王と三兄弟のエピソードより

親の目には平等でも、きょうだい間には歴然とした上下関係があるものです。 弟より兄、妹よりは姉の方が一日の長がありますし、周りにも重く見られたいのが人間の性分です。 そのように兄(姉)として頼られ、『格』を尊重されるからこそ、弟(妹)を慈しむことができるのです。

男塾塾長 江田島平八と80年代「少年ジャンプ」黄金期について語る ~民明書房刊・特別企画?

今、宮下あきらのマンガ『男塾』が、「国内最大のマンガ(電子書籍)販売サイト ebook Japan」でぶっちぎりの人気らしい。 タイトルからしてイッってるけども、中身もそれはそれは筆舌に尽くしがたい迫力というか、ハッタリというか。「こんな作品、二度と出てこないだろうな」と思うくらい独創性にあふれ、売 […]

『北斗の拳』名言集 / 80年代カルチャーを振り返る

ブルース・リー、ボーイ・ジョーイ、ドルフ・ラングレン、スタローン、ジャバ・ザ・ハット、三原じゅん子など、80年代の人気者を上手にキャラクターに取り入れたのが当時の少年ジャンプ読者の心を鷲づかみにした。『北斗の拳』は80年代カルチャーと共に疾走した傑作であり、名言の宝庫でもある。

Top