タグ:寺山修司

『いったい人間らしさとは何でしょう』 #『質問』の答え

皆、何かを勘違いしている。 強くなれば、嫌なことも消えてなくなる。 綺麗になれば、愛される。 優秀であれば、あれもこれも上手く行く。 人気者になれば、欲しいものが何でも手に入る。 でも、あれもこれも完璧に揃っているなら、この世に人として生きる意味など無い。

文学か、自己啓発か 寺山修司 編著『人生処方詩集』

こんな詩を読んで慰むことができるような悩みなど、本当は病気というほどのものではあるまい。大体、生きることに自信を失いかけている者に「世界は円い。それにくらべるとおれたちはスラリとしている」という薬剤の処方をするドクトル・ケストナーはひどい食わせ物なのではないだろうか?

寺山修司 宝石の詩

ガーネット もしも 思い出をかためて 一つの石にすることが出来るならば あの日二人で眺めた夕焼の空を 石にしてしまいたい と 女は手紙に書きました その返事に […]

Top