教育に関する

「親 死んでほしい」「親 殺したい」で検索する人が多いので 電子書籍版

河合隼雄の名著『家族関係を考える』とギリシャ悲劇『オイディプス』をベースに精神的な親殺しと子どもの自立について綴る電子書籍の案内。反抗期の子どもの内側で何が起きているのか、なぜ心の中で親殺しを達成しなければならないのか、「自立(親離れ)は罪ではない」という観点から、物理的・精神的に距離をおく意義を考察。子どもと親、二つの視点から克服の道を探ります。

海洋科学と子供の未来 ~知的好奇心と勇気こそが社会の糧

科学者がノーベル賞を取ると、国を挙げてお祝いしますが、受賞は受賞、これまで積み重ねた結果に過ぎません。 次代の研究は既に始まっていて、鍵を握っているのは子供たちです。 子供らしい「なぜだろう」「こうしたい」が極まって、新たな発見や発明の手がかりとなるのです。 この場面は、仕事でもプライベートでも暗礁 […]

それでも人生はいいものだ 。もう一度生きてもいいと思えるくらい

海底鉱物資源の採鉱プラットフォームのマネージャーだったダグが、過食症→超肥満→心臓発作という最悪の事態に見舞われ、緊急入院するエピソードです。 『完全無人化か、有人潜水艇による目視か 現場の気持ちと経営と』で書いているように、新参者のヴァルターとは喧嘩ばかり。決して良好な関係ではなかったのですが、彼 […]

楽天こそ才能 インドの教育・青春映画『きっと、うまくいく』

「まずは実力をつけること。そうすれば成功は後から付いてくる」インドのエリート大学生、3ばかトリオは、激しい競争社会を『すべてうまくいく』の楽天思考で明るく生き抜こうとする。ダンスあり、ギャグありの青春映画である一方、インド教育界の凄まじさも描いており、ビジネスと学術のグローバリズムについても考えさせられる良作。

思想管理にNoと言う『アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール』ピンクフロイド

工場で機械部品が製造されるように子供たちが教育されるピンクフロイドの衝撃作を画像と動画で紹介。教師は子供たちに従順であることを求め、子供たちは「思想管理なんかされたくない、子供たちを放っておいてくれ」と叫ぶ。最後は反乱を起こした子供たちが学校を放火、社会の機械部品を大量生産する管理教育は崩壊する……

七田式と早期教育 / 城山三郎『素直な戦士たち』抜粋

『なぜ早期教育は嫌われるのか?』 先に、私の体験から申せば、理解力のある子供に「ちょっと早めの」教育をすること自体は、間違いではないと思います。 私も、小学生の頃、1年早い教材に親しんでいた経験があるのですけど(私の親に早期教育の意図はなく、ただ単に「姉だけに教材を買い与えたら、まりが文句を言う」と […]

Top