海洋技術

海洋小説『曙光 MORGENROOD』について

車、スマートフォン、TV、家電、etc。 私達の便利な暮らしは、様々な金属材料に支えられています。 その元となる鉱物資源が、どこで、どのように採取され、製品に加工されるか、まったく気にかけない人も多いのではないでしょうか。 時に鉱物資源は紛争地域に偏在し、政治的、人道的に深刻な問題を引き起こしている […]

海洋科学と子供の未来 ~知的好奇心と勇気こそが社会の糧

科学者がノーベル賞を取ると、国を挙げてお祝いしますが、受賞は受賞、これまで積み重ねた結果に過ぎません。 次代の研究は既に始まっていて、鍵を握っているのは子供たちです。 子供らしい「なぜだろう」「こうしたい」が極まって、新たな発見や発明の手がかりとなるのです。 この場面は、仕事でもプライベートでも暗礁 […]

深海調査の潜航開始 パイロットの矜持とメテオラ海丘

世界的にも、宇宙飛行士の暮らしや人柄、訓練内容などはよく伝えられますが、有人潜水艇のパイロットに関しては、ほとんど情報がないのは何故でしょうか。たとえば、NASAで活躍する日本人宇宙人飛行士の名前は誰もが知っていますが、JAMSTECの有人潜水艇『しんかい』のパイロットの名前はほとんど知られていませ […]

一つの人生に、一つの目的 人はみな深海に眠る鉱物資源  

昔も今も、人の大いなる関心は「よりよく生きる」に尽きると思います。 心の充実、物質的な豊かさ、社会的評価、それらが三拍子そろって、「幸せだな」と感じる人が大半ではないでしょうか。 しかしながら、どれもが満たされる人など稀であり、多くは不満や空しさを抱えながら生きています。 どうにもならない現実の中で […]

接続ミッション開始と潜航準備 一つ一つの航海が心の糧

洋上での作業は非常に危険で、多くの人手を必要とするものです。 地上で機材を動かす場合、揺れや横波を心配する必要はありませんが、洋上の場合、足下は絶えず揺れ動き、風も強いです。波が高ければ作業場に浸水しますし、海中に落下すれば命の危険もあります。 海洋調査のスケジュールを組んでも、一度、嵐に見舞われれ […]

集鉱機の降下と水中の接続作業 ~『運』も成功の要素

海底鉱物資源の採鉱システムにも様々なアイデアがあり、理想は、鉱物資源の剥離(海底の基礎岩から、有価な鉱物資源が豊富に含まれた層だけを効率よく砕いて、剥がす)、集鉱(深海底に散らばった鉱物資源を収集する)、揚鉱(集鉱機が集めた鉱物資源を海上施設まで安全に送り届ける)、この三つの機能を一つの重機に集約し […]

完全無人化か、有人潜水艇による目視か 現場の気持ちと経営と

技術の進歩に伴い、可能になる事もあれば、不要になるスキルもあります。一つのスキルが不要になるということは、それを扱う人材も不要になるという事であり、自分がそれに該当すれば、立場も気持ちも複雑でしょう。 何でも無人化は素晴らしいことだ、人の手より優れている、と無条件に思われている節もありますが、無人化 […]

鉱業権と鉱山会社の寡占 新しい採鉱システムが世界を変える

現実に鉱物資源を採掘するにあたって、一番問題になるのは『鉱業権』でしょう。 鉱業権の仕組みは国それぞれに大きく異なり、日本のように先願主義の国もあれば、鉱区の所有者である国から譲り受ける、リース権という仕組みが布かれている国もあります。 また、一度鉱業権を取得したからといって、永久に自社のもの、とい […]

鉱業の完全自動化を目指せ 採鉱システムと海上プラットフォーム

皆さんは鉱物資源の採掘現場がどのようなものか、目にしたことがありますか。 私も写真や動画でしか知りませんが、大きく分けて二種類あります。 一つは、オーストラリアの露天掘りみたいに、巨大なマシンで山の斜面をガンガン採掘するもの。 もう一つは、地下の坑道、もしくは河川などで、人の手によって採掘するもので […]

鉱業の歴史を変える海底鉱物資源と採鉱プラットフォーム

新しい道具を発明して、人々の暮らしをもっと便利にしたいという願いは石器時代から存在しました。 ああでもない、こうでもない、先人らのたゆまぬ努力と工夫があったからこそ、私たちはエアコンやスマートフォンを持つに至ったのです。 技術革新は、時に大量破壊兵器や環境汚染などを生み出し、人を傷つけもしますが、ウ […]

深海と有人潜水艇 海に広がる豊かな生命の世界

深海は、私たちのすぐ側にある、もう一つの宇宙です。 未来の技術といえば、宇宙開発ばかりが注目されますが、海のポテンシャルも計り知れないものがあります。 工業原料、波力発電、養殖、輸送、観光といった産業はもちろん、異常気象や地震、噴火など、自然現象を読み解く大きな鍵でもあります。 海を知ることは、今私 […]

海底鉱物資源を採掘せよ 潜水艇のパイロットと深海の新物質

マンガン団塊やコバルトリッチクラスト、海底熱水鉱床に代表される『海底鉱物資源』の存在は20世紀半ばから知られてきました。 世界中の海洋機関で研究が進められ、様々な採鉱システムのモデルが設計されてきましたが、いまだ商業的に採算のとれる採鉱システムは確立されていません。 もっとも、パプアニューギニアで展 […]

Top