運命と意思

1/2ページ

愛の試練は同じ重さでやって来る

同じ顔ぶれ、同じ資本が跋扈する ~なぜ社会のビジョンが必要なのかの中で、ヒロインのリズと、伯母のダナが、恋について語り合う場面で挿入していた台詞。 人生が思いがけない方向に流れていくことに対し、『運命には実体がない。それは幸運でもあり不運でもある』と運命について語り合う。 「いい人なの。自分でもどう […]

物事が成就するための、三つの力

私ね、物事が成就するには、三つの力が働くと思うの。 意思と、運と、時機よ。 どれほど能力があっても、条件に恵まれても、時機が合わなければ、完全には成らないわ。 だからといって、人が意思もって行動することが決して無駄とは思わない。 誰かが動かぬ水面に石を投げ入れるから、そこに波動が生まれ、遠くまで広が […]

Fortuna -運命- 絶望と試練と

前回、『運命の女神は意地悪な顔でやって来て、勇者を試す』と書いた。 いつか本で読んだ。「人間に解けない問題は与えられない」と。 難問、難問、また難問…… それこそ血を吐くような思いで、これらの難問を解いてきた。 時には、投げたくなったこともあるし、天に唾して、世の中恨みまくったこともある。 それでも […]

血塗られた貴石と科学者の誇り 学界に名誉の旗を立てるだけが学問か?

『学術調査の立ち入りさえ許さない』――というのは、某有名企業の鉱山のエピソードからヒントを得ました。 そこでは、従業員の立ち入りには、原理食施設並のセキュリティ・システムがしかれ、エックス線や金属探知機や、あらゆる手法を駆使して、鉱物の不法持ち出しをチェックしているそうです。10グラムでも万単位で取 […]

人間の意思がアイデアの価値を高める

大友克洋の名作『AKIRA』にも、「人間はいろんなものを作り出すけれど、そのパワーはどこからやってくるのかしら」という問いかけがあったように記憶しています。今、作品が手元にないので、うろ覚えになりますが、テツオが肥大化して、金田との一騎打ちになった時、ガールフレンドが上記のような事を呟くのです。 ア […]

集鉱機の降下と水中の接続作業 ~『運』も成功の要素

海底鉱物資源の採鉱システムにも様々なアイデアがあり、理想は、鉱物資源の剥離(海底の基礎岩から、有価な鉱物資源が豊富に含まれた層だけを効率よく砕いて、剥がす)、集鉱(深海底に散らばった鉱物資源を収集する)、揚鉱(集鉱機が集めた鉱物資源を海上施設まで安全に送り届ける)、この三つの機能を一つの重機に集約し […]

意匠の盗用と運命の舵 そして海の星へ

人生には、予期せぬ出来事が数多く起こります。 良いこともあれば悪いこともあり、『運命』としか言い様のない不思議な巡り合わせを体験する人もあるでしょう。 中には、もらい事故や天災といった、努力や善徳だけでは避けられないものもあります。 そんな時、人は『運命』の一言で片付けようとしますが、人間の意思はか […]

善人には善人の運

医療や福祉の現場にいると、「なんで、こんなにいい人が、こんなに苦しまないといかんのかなー」と思うことがよくあります。 ほんと「善人の上に光り差さず、大欲、これ王の如し」で、病院でも婦長や院長にネジこんで要求する人が、他よりいい待遇をされて、この世はほんと、不条理の塊ですワ。 でもね、じーっといろいろ […]

映画『スラムドッグ・ミリオネア』と運命論 ~誰の頭上にも等しく~

クイズ・ミリオネアに出場した貧しいインドの青年が次々に難問を解いてファイナルアンサーに挑む。虚偽を疑う司会者は青年を警察の拷問にかけるが、彼が学んだことは真実だった。貧困、人身売買、売春など、インドの壮絶な現実を舞台に、少年達のパワフルな精神力と生きる知恵を描いたヒューマンドラマ。

人類の希望とは何か? EUの未来を予見する映画『トゥモロー・ワールド』

英国は国境を封鎖し、不法移民の取り締まりを強化する。政府関係者のセオはアフリカ系の若い女性を保護するよう要請されるが、なんと彼女は人類が18年ぶりに経験する妊婦だった。崩壊する世界秩序とテロに揺れる国際都市の様相を生々しく予見する。人類最後の希望となる赤子を抱いて、政府軍とテロリストが応戦する中を脱出する場面は映画史に残る美しさ。

Top