鉱業と社会

1/2ページ

文明と海底鉱物資源と技術革命

「だが、なぜそんなにまでして海底鉱物資源の採掘にこだわるんだ? ネンブロットに行けば、全長三〇〇メートルの無人掘削機がガンガン露天掘りしてると言うじゃないか」 「それは一部の金属鉱山や、石灰や陶石や珪石みたいな非金属鉱床に限った話だ。希少金属、とりわけニムロディウムはそうじゃない」 「未だに奴隷が手 […]

鉱業問題が手軽に分かる『コルタン狂想曲』と『ブラッド・ダイヤモンド』

鉱業問題の根の深さについて考えたことがありますか? 日本ではもっぱら原子力発電や代替エネルギーの問題が取り沙汰され、金属資源がクローズアップされることは少ないですが、こちらも同じくらい深刻であり、方々に歴史的悲劇を引き起こしている要因でもあります。 日本の金属資源に関しては、JOGMEC 独立行政法 […]

科学の良心と自然への敬意 公聴会と宇宙開発

開発か、自然保護かは、世界的な問題です。何でも保護を唱えて、自然を優先にすれば、産業も発展しないし、文明社会の恩恵もありません。 かといって、どこもかしこも伐採し、埋め立てれば、生態系もあっという間に破壊され、それは回り回って、人間の健康を脅かすようになります。 何をもって保護の対象とし、どこからを […]

大企業と働く人の心 経営者の倫理と法令遵守

今ほど経営者の倫理と法令遵守が叫ばれている時代もありません。 しかし、歴史を遡れば、劣悪な労働環境で幼い子供が酷使され、十時間以上の就業も当たり前という時代もありました。 その都度、労働者が闘い、政治家が動き、経営者も自らを省みながら、現在の権利を勝ち取ってきたのです。 働く人にも『心』があります。 […]

血塗られた貴石と科学者の誇り 学界に名誉の旗を立てるだけが学問か?

『学術調査の立ち入りさえ許さない』――というのは、某有名企業の鉱山のエピソードからヒントを得ました。 そこでは、従業員の立ち入りには、原理食施設並のセキュリティ・システムがしかれ、エックス線や金属探知機や、あらゆる手法を駆使して、鉱物の不法持ち出しをチェックしているそうです。10グラムでも万単位で取 […]

深海調査のオファーと資源探査の意義

なぜ深い海の底を調べるのでしょう。それも数千メートル隔てた暗黒の世界です。 私たちが『世界』として見ているのは、惑星表面を覆う地殻の、ほんの3割ほどでしかありません。 たとえば、ハワイのマウナケア山は、標高4205メートルですが、海底からの高さは10,203メートル、実体はエベレストよりも巨大な山で […]

二つの正義と罪の平原 文明を支える鉱業

議論が荒れる理由は一つしかありません。相反する二つの意見がどちらも『正義』だからです。 未来永劫、その構図は変わりません。 一つの正義が立てば、その対岸に、必ず相反する正義が立つ。 それぞれに言わせれば、どちらも正しく、真っ当で、相手こそ間違っている、という立場です。 それが変わらぬ限り、真の平和な […]

鉱業資源データベースと土地開発 産業振興の基盤

『オープンデータベース・システム』という概念があります。 民間企業や公的機関が営利もしくは非営利で収集したデータを広く共有し、産業やインフラ整備や行政の監理に役立てるものです。 本作に登場する鉱業資源データベースは、鉱業輸出国で実際に使われているオープンデータベース・システムをモデルにしています。 […]

鉱山会社の寡占と海洋情報ネットワーク ~技術は簡単に真似できない

鉱業の難しさは、山でも、海底でも、現在の技術で地中の様子を正確に知ることはできない、という点にあると思います。 私が以前、視聴した科学番組では、「現在の技術で正確に把握できるのは、地下10センチほど」という解説がありました。 確かに、地震波を用いた物理探査や、地中のサンプルを採取するボーリング調査、 […]

一つの人生に、一つの目的 人はみな深海に眠る鉱物資源  

昔も今も、人の大いなる関心は「よりよく生きる」に尽きると思います。 心の充実、物質的な豊かさ、社会的評価、それらが三拍子そろって、「幸せだな」と感じる人が大半ではないでしょうか。 しかしながら、どれもが満たされる人など稀であり、多くは不満や空しさを抱えながら生きています。 どうにもならない現実の中で […]

鉱業権と鉱山会社の寡占 新しい採鉱システムが世界を変える

現実に鉱物資源を採掘するにあたって、一番問題になるのは『鉱業権』でしょう。 鉱業権の仕組みは国それぞれに大きく異なり、日本のように先願主義の国もあれば、鉱区の所有者である国から譲り受ける、リース権という仕組みが布かれている国もあります。 また、一度鉱業権を取得したからといって、永久に自社のもの、とい […]

深海の接続作業と採鉱予定区のマッピング

深海は超水圧との闘い。暗闇が立ちはだかる過酷な世界でもあります。 そんな中、どうやって水中設備のネジを締めたり、配線をつなぎ替えたりするのか。 石油リグや深海調査の動画では、まるで人の手のようにマニピュレータを操作し、ライザーパイプを繋ぎ、サンプリングを行う模様を目にすることができます。 当然、その […]

Top