日本の歌謡曲

1/2ページ

今だ、ソファに押し倒せ! 爆風スランプ『青春りっしんべん』と『それから』

私が『爆風スランプ』を聞くようになったのは、学生寮のルームメイトにコンサートに誘われたのがキッカケでした。 その時、ハゲ頭のヴォーカルの顔だけは知っていたので、「ねえねえ、爆風スランプのコンサートに行こうよ」と誘われた時、 「えええっ!!! やだよ、それって、ステージでビニールバッグかぶって『即身成 […]

宇宙の美しさは『ぎゃーとるず』=かまやつひろしに教わった

子供の頃、土曜の夜のスケジュールは下記のように固定されていた。 午後6時半 = タイムボカン ヤッターマン 午後7時 = 仮面ライダー(人造人間キカイダー) 午後7時半 = キューティーハニー まんが日本むかし話  午後八時 = 八時だよ、全員集合 午後九時 = Gメン75(アイフル大作戦、バーディ […]

中森明菜の人気がなくなったのはアムロちゃんのせいではないよ

明菜ちゃんの人気が無くなったのは、安室奈美恵さんが台頭してきたから? という検索ワードがあったので、一言。 アムロちゃんに人気を奪われたからじゃないの。 アムロちゃんは全く関係ない。 小室ファミリーのせいでもない。 「明菜ちゃんの人気が無くなった」というよりは、 ・自殺未遂をしてしまった。 ・きっと […]

ユニコーンの『働く男』/ 風呂に入って 寝るだけ

世の中、女性蔑視だ、差別だと、騒がしいですが、 ワタクシ、どう考えても、男性の方が大変と思うことが多いです。 男性には「お嫁さんになるの」という選択肢がないし、 何かあっても、誰にも同情されないから。 黙って立ってとれ、みたいな。 その点、女性は、小ずるく、器用に、立ち回って生きて行けます。 いざと […]

恋すること、生きること MISIA 『Into The Light』

誰かに本気で恋することは、あなたが想像する以上に素晴らしい。 「恋」というと、人はどんな感情を連想するだろう? ときめき、せつなさ、いとしさ、かなしさ、etc 私にとって、最高の恋の想いは、このサイトでも繰り返し書いている「Cherish the Day(毎日がいとおしい)」。 生きている。存在する […]

厳しくも、その厳しさの中で生き 宮沢和史さんのプシェミシル・コンサートの思い出(2005年)

2005年2月4日、私の住んでいる場所から程近いプシェミシルという町で、The Boomの宮沢和史さんのコンサートがありました。 (その時の模様は、こちらで無料配信されていたようです。  http://www.gyao.jp/music/miyazawa/ このコンサートは、ヨーロッパツアーの一環と […]

美空ひばりと私(’99年) 幸せの数え方『人生一路』より

私は、美空ひばりさんが好きで、この前もTVのスペシャル番組をビデオにとって観てたんだけど、何が好きって、歌っておられる時の姿が好きなのね。雰囲気とか、表情とか。 一曲歌う間にドラマがある。 そして曲ごとに表情が違う。 前に『悲しい酒』を歌いながら、涙をこぼす姿を見たことがあるけど、まるで一幕の短い芝 […]

卒業式に歌いたい Dreams Come True 『笑顔の行方』

卒業アルバムの最初の春のページ 無邪気に笑う私が居る 冒頭から胸に染みいるような歌詞で始まるこの曲は、まさに大人の世界へと旅立つ女の子の心をよく表している。 髪も上手に編めるようになったし マニュキアだって上手く塗れるわ 何もなくしてなどいない 同じ笑顔はできなくても * 女の子はどこで自分の成長を […]

松任谷由実『タワーサイド・メモリー』

初恋は、過ぎ去ってからはじめて、その人を本当に愛し始めるのではないか、と思う。 恋の中にいる時は、ただただ、側に居られるだけで幸せ、目が合うだけで嬉しくて、はしゃいだり、落ち込んだり、自分の感じる気持ちがすべてで、相手のことなど本当は見ていない。 そうして恋が終わり、何もかもが懐かしく感じられるよう […]

荒井由美『雨の街を』

時代がどれほど変わって、女性が自由や力を得たとしても、きっと永遠に変わらないものがある。 それは、「女のコの気持ち」。 たとえば、ユーミンが歌う『雨の街を』の心象風景。 誰かやさしくわたしの肩を抱いてくれたら どこまでも遠いところへ 歩いてゆけそう 「女のコの気持ち」というのは、ほんと、この一言に尽 […]

荒井由美『曇り空』

ユーミンのカセットテープ(昔はこう呼んでいた)を作る時、必ず一番最初に吹き込む曲がある。 それは『曇り空』。 「荒井由美」さんだった時代の作品で、伝説のデビューアルバム『ひこうき雲』に収録されている。 煙るようなモノトーンのイントロからぐいぐい歌の世界に引き込まれてしまう。 派手なフレーズがあるわけ […]

Top