美というものは、本来、何かを欠いたものです

美というものは、本来、何かを欠いたものです

美というものは、本来、何かを欠いたものです。完全な合理主義からは、美はおろかドラマも生まれてきません。

家出のすすめ (角川文庫)

『完全な合理主義』というのは、『世間の定型』に置き換えても分かりやすい。

多くの場合、『美』は様々な形で定義され、理想として植え付けられる。

そこからはみ出したり、質の異なるものは、美とみなされず、多くの人は「世間でいわれるところの美」を目指すものだ。

だが、果たして、完璧なもの、好ましいものだけが美であろうか。

影を伴うもの、どこか欠けたもの、気味の悪いもの、アンバランスなもの、人を不安な気持ちにさせるものにも美は存在するのではないか。

見た目が完璧なものや好ましいものは、確かに美麗な印象を与えるが、真の美しさは、見る者の想像力によって生み出されるのではないだろうか。

※ この一文は両手いっぱいの言葉―413のアフォリズム (新潮文庫)にも収録されています。

Amazon Kindle 電子書籍

sanmarie*comに掲載していた【「親 死んでほしい」「親 殺したい」で検索する人が多いので】の電子書籍です。心理学者・河合隼雄の名著『家族関係を考える』で紹介された『内面的な親殺し』と、父親殺しを描いたギリシャ悲劇『オイディプス』の物語をベースに、なぜ「親 死ね」「親 殺したい」といった感情が芽生えるのか、乗り越えるには何が必要か、分かりやすく解説しています。
作品詳細と冒頭部の無料サンプルはこちら。https://novella.one/oya-book

寺山修司カテゴリの最新記事

Top