それでも、蛍は光を灯しつづける

それでも、蛍は光を灯しつづける

蛍の光で書物を読むのは、蛍ではなく人間である。

蛍は自分の光で、自分を照らすことなどできないし、その光で自らの道を照らすこともできないであろう。

それでも、蛍は光を灯しつづける。

さかさま博物誌 青蛾館 さかさまシリーズ (角川文庫)

これは自身のことだろう、とつくづく。

世の中には、「役に立つ言葉」や「救いの言葉」があふれている。

でも、それを書いている本人には何の救いもなく、恵みもない。

ただ、ひたすら書き綴る。

本当にそれだけ。

それは文学に限らず、音楽でも、サービス業でも、製造業でも同様。

好きでやってるんじゃないか……という人もあるだろうが、自分も受け手と同じように喜んでやってる人など少数だろう。

以前、有名漫才師だったか、落語家だったか、「喋ってる本人は全然面白くない。なんでこんなにウケるのか、いつも不思議に思いながらやってる」というコメントをされたことがあるが、それはその通りだろう。自分が楽しむのと他人を楽しませるのはまた別だし、趣味の域を通り越せば、ひたすら芸の奉仕者になるのが本当だと思う。

それでも蛍のように光を灯し続ける。

そういう性に生まれついた人を才物と呼び、続けられることを天職というのだろう。

そこに野心も使命感もなく、最後は無色透明なエンティティみたいに無限に何かを作り出せるのが理想ではないだろうか。

Amazon Kindle 電子書籍

sanmarie*comに掲載していた【「親 死んでほしい」「親 殺したい」で検索する人が多いので】の電子書籍です。心理学者・河合隼雄の名著『家族関係を考える』で紹介された『内面的な親殺し』と、父親殺しを描いたギリシャ悲劇『オイディプス』の物語をベースに、なぜ「親 死ね」「親 殺したい」といった感情が芽生えるのか、乗り越えるには何が必要か、分かりやすく解説しています。
作品詳細と冒頭部の無料サンプルはこちら。https://novella.one/oya-book

寺山修司カテゴリの最新記事

Top