ふしあわせという名の猫がいる

ふしあわせという名の猫がいる

ふしあわせという名の猫がいる

いつもわたしにぴったりよりそっている

ロング・グッドバイ 寺山修司詩歌選 (講談社文芸文庫)

でも その猫は気まぐれなので

突然 どこかに行ったりします

そして ふらりと帰って来た時には

しあわせ という名の 大きな魚を

口にくわえていたりします

しあわせ ふしあわせ

どちらも わたしの かけがえのない友達

同じ顔をした

気まぐれな影

Amazon Kindle 電子書籍

sanmarie*comに掲載していた【「親 死んでほしい」「親 殺したい」で検索する人が多いので】の電子書籍です。心理学者・河合隼雄の名著『家族関係を考える』で紹介された『内面的な親殺し』と、父親殺しを描いたギリシャ悲劇『オイディプス』の物語をベースに、なぜ「親 死ね」「親 殺したい」といった感情が芽生えるのか、乗り越えるには何が必要か、分かりやすく解説しています。
作品詳細と冒頭部の無料サンプルはこちら。https://novella.one/oya-book

寺山修司カテゴリの最新記事

Top