全人的な意味での革命とは、本当に自分が望んでいることが何かを知ること

全人的な意味での革命とは、本当に自分が望んでいることが何かを知ること

政治的な革命というのは部分的な革命にすぎない。全人的な意味での革命とは、本当に自分が望んでいることがなにかを知ることから始めなければならない。

– 言葉が眠るとき、かの世界がめざめる –
両手いっぱいの言葉―413のアフォリズム (新潮文庫)

政治でも、企業でも、「変わろう、変わらなきゃ」という掛け声はよく聞かれるが、突き詰めれば、『どうなりたいか』という問いかけは、あまりなされなていないような気がする。

とりあえず、こういう業界だから、世界のトレンドはこうだから、これが強みだから、誰某がいいと言っているから、etc。

目先の目標だけを追いかけて、今やれること、実現できそうなこと、可能性が高いこと、等から答えを選ぼうとする。

だが、肝心な「どうなりたいのか」という根源が明確でないので、結局は迷走する。

「どうなりたいか」は理想であって、現実的ではないという意見もあるが、そもそも「どうなりたいか」という理想を欠いて、どんな優れた現実を作り出せるというのだろう。

「自分の望みがわからない」というのは、突き詰めれば、高次な展望を欠いている、ということだ。

革命に成功するか否かは、方法ではなく、何を目的にするかに依る。

「変わろう、変わらなきゃ」という掛け声が空回りするのは、失策というより、理想の欠如。

自身のことも、どうあるべきかも、分かってない。

Amazon Kindle 電子書籍

sanmarie*comに掲載していた【「親 死んでほしい」「親 殺したい」で検索する人が多いので】の電子書籍です。心理学者・河合隼雄の名著『家族関係を考える』で紹介された『内面的な親殺し』と、父親殺しを描いたギリシャ悲劇『オイディプス』の物語をベースに、なぜ「親 死ね」「親 殺したい」といった感情が芽生えるのか、乗り越えるには何が必要か、分かりやすく解説しています。
作品詳細と冒頭部の無料サンプルはこちら。https://novella.one/oya-book

寺山修司カテゴリの最新記事

Top