マイノリティに未来はあるのか 映画『ザ・グレイテスト・ショーマン』

マイノリティに未来はあるのか 映画『ザ・グレイテスト・ショーマン』

異形、有色人種、障害、その他訳あり、etc

世間が目を背けるような人たちを集めて、『ショー』を企画し、一流の仲間入りを目指すP・T・バーナム(ヒュー・ジャックマン)。

貧しい仕立屋の息子で、子供の頃、上流階級の主人(後に妻となるチャリティの父親)に「娘に近づくな」と横面を張り倒された悔しさから、名と財を成し、世間に認められようとするが、いつしか彼自身、家族や仲間の気持ちを顧みない、エゴイスティックな興行師となっていく……。

グレイテスト・ショーマン

グレイテスト・ショーマン

グレイテスト・ショーマン

グレイテスト・ショーマン

『ラ・ラ・ランド』で新感覚のミュージカルを創造したベンジ・バセクとジャスティン・ポールが再び歌曲を手掛け、ウルヴァリンからすっかり足を洗ったヒュー・ジャックマンが素敵なパフォーマンスを見せる『ザ・グレイテスト・ショーマン』は、マイノリティにスポットライトを当てた現代的なストーリーだ(舞台は19世紀のニューヨークだが)。

サーカスのスターは、お世辞にも美男美女とは言いがたい、ちょっと風変わりな人たち。

こびと。髭面女。毛むくじゃら。超肥満。超長身。アルビノ。アフリカン。

いずれも社会から嘲笑され、家族からも疎まれてきたようなタイプだ。

そんな彼らにスポットライトを当て、唯一無二のショーを創造する。

今、こうしたテーマが支持されるのも、社会的マイノリティに対する考え方が大きく変わってきたからだろう。

元々、ハリウッドには、小人症やダウン症といったハンディキャップを逆にセールスポイントとして活躍する役者さんが少なくないし、また社会にもそれを受け入れる懐の深さはあったが、ここまで直球勝負で描いた作品も珍しいのではないか。

特に髭面女を演じるキアラ・セトルが熱唱する『This is Me』は印象的だ。

興業で大成功を収め、英国のヴィクトリア女王への謁見も叶ったP・T・バーナムであるが、上流階級の人々が集うパーティーに、ショーの仲間が顔を出そうとすると、慌てて扉を閉め、彼らを人目から隠そうとする。

そんなバーナムの心底を悟った仲間たちは、「いつもそうだった」ことを回想し、深く傷つくが、それならそれで構わない、This is Me (これが私)と熱唱しながら、好奇の目の中を真っ直ぐに歩いていく。

グレイテスト・ショーマン

グレイテスト・ショーマン

This is Me

私は暗闇を知っている
言われた ”隠れてろ お前など見たくない”
体の傷は恥だと知った
言われた ”消えろ 誰もお前など愛さない”
でも 心の誇りは失わない
居場所はきっとあるはず
輝く私たちのために

言葉の刃で傷つけるなら
洪水を起こして溺れさせる
勇気がある 傷もある
ありのままでいる
これが私

気を付けろ 私が行く
自分で叩くドラムが伴奏
見られても怖くない
謝る必要もない
これが私

心に弾を受け続けた
でも撃ち返す
今日は恥も跳ね返す
バリケードを破り
太陽へと手を伸ばそう
私たちは戦士
戦うために姿を変えた
心の誇りは失わない
居場所はあるはず
輝く私たちのために

これが私

私にも愛される資格がある
値しないものなど何ひとつない

この歌詞は非常にいいですね。
マイノリティのみならず、この競争社会で、敗れ、踏みにじられ、みじめな思いをしている人々にも強く訴えかける曲だと思います。

見方を変えれば、今は弱者にとって受難の時代なのでしょう。

意外と、皆がそろって貧乏で、どこの子供も鼻水を垂らしているような時代は、むしろ不公平感も少なく、「金のない奴はオレのとこに来い オレもないけど心配すんな 見ろよ、青い空 白い雲 そのうち何とかなるだろう~(植木等)」の気持ちであっけらかんとできるものですが、なまじ世の中が豊かになり、生き方も多様化してくると、逆に違いが浮き彫りになり、孤立していきます。

ハンディというのは、集団の中で意識した時にいっそう傷が深まるもので、世の中が進化すればするほど、その差違は広がっていく。大きな矛盾を孕んでいるのかもしれません。

それでも昔に比べたら、表面的には寛容になりました。
同性愛者というだけで処刑されることもなければ、身体に障害を持つ人が権利や保障において差別されることもありません。
むしろ世界的に理解する方向に進み、有名人がカミングアウトしたり、ハンディキャップを持つ人がSNSなどでメッセージを伝えたり、確実に改善しつつあります。

それでも差別意識は依然として根強いし、目に見える海藻もあります。平等や公正を説いたところで、人々の生理的嫌悪感や歴史的感情、偏見や侮蔑を完全に払拭するのは至難の業ですし、これからも長い道のりを闘っていくことになるでしょう。

それなら、こちら側から堂々としてやろう。

社会の前に堂々と顔を出し、胸を張って生きていく。

『ザ・グレイテスト・ショーマン』は、社会の側に是正を求めるのではなく、こちら側の自己改革を促す作品です。

見方をかえれば、差別される側に自助努力を求めるわけで、このあたりが人間社会の限界という気がしないでもないですが、それでも、身体的・精神的・社会的マイノリティに訴える気持ちは届いただろうし、今後もこうした作品は積極的に作られることでしょう。なぜなら、今私たちが生きている社会は、どこもかしこも格差だらけで、踏みつけにされている方がうんと多いからです。

そんな中、自分の才能を信じて、胸を張って生きていく気概がどこまで通用するのか(あるいは気力でどこまで変えられるのか)。

もしかしたら傷つく方がうんと多いかもしれないけれど、それでも、私たちはそうやって生きてゆこう。

なぜなら、誰もが愛に値する存在だからです。

そんなわけで、皆さん、最後まで希望を捨てずに頑張ろう。

……というのが、この映画の趣旨であるなら、現代は多くの人にとって生き辛い時代なのかもしれませんね。

スーパーマン世代から見れば、こういう作品が大衆に支持される時代は決して幸福ではないと感じるので。

Come Along

目が語っている
隠れてろというウソを信じてたと
外が怖くて カギを掛けてた
でも もう終わりだ
もう陰に隠れて生きるのはイヤ
一度 外を見たら 変わるしかない
軌跡の稲妻を瓶に詰めて
才能を証明しよう

生きよう 輝こう
君の炎を明るく燃やそう

空へ 手を伸ばそう
空の広さに胸 震えたら
そこは空想の世界
何にでもなれる
目を開けて夢を見よう

元の世界にはもう戻れない
目を開けて夢を見てるから
輝こう

一人も みんなも さあ集まれ
夢あふれる人たち
一人も みんなも 呼び声を聞いて
自由への道を探し求めてる人たち

そこは空想の世界
何にでもなれる…

ラスト、サーカス館が放火され、再建の見込みもなくなった時、それまで批判的だった評論家が、「君はいろいろな人間を一緒に舞台へあげた。肌の色も、体型も、大きさも、違う者たちを平等に。ほかの評論家なら名付けてた。”人類の祝祭(Celebreation of Humanity)”と」励ます言葉が印象的。

ザ・グレイテスト・ショーマン

医療福祉の世界では、よく『ノーマライゼーション』という言葉が使われます。しばし「平等」と勘違いされますが、ノーマライゼーションは「赤リンゴもあれば青リンゴもある」という現実に社会が自然に馴染むことをいいます。「どのリンゴも絶対的に均一100円」という待遇の平等を差すのではなく、赤リンゴも、青リンゴも、大きいリンゴも、小さいリンゴも、ジョナゴールドも、紅玉も、同じ”りんご”として、一つのバスケットの中で生きていく。そこに特別意識も境界もなく、全てがありのままに存在し、自然な日常として一つに溶け合う、それがノーマライゼーションの考えです。

誰もが、それぞれに役割を与えられ、同じ舞台で輝く。

それが理想の社会ですよね。

個人的には、アルビノの女性が好きでした。一言も台詞がないんだけども、ダンスが素敵。体つきも肉感的で、すごく魅力的です。
ゼンデイヤの後ろに隠れて目立たないけど、じっと見入ってしまうダンサーです。

グレイテスト・ショーマン

キアラ・セトルのCD紹介

本作で髭面女のレティ・ルッツを熱演するキアラ・セトル(Keala Settle)さん、こんな素敵なシンガーさんです。Wikiによると、ブロードウェーで活躍して、批評家賞やトニー賞などを受賞されてるんですね。これからいろんな映画に出演して欲しいですね。

The Greatest Showman Japan Premiere Red Carpet- Keala Settle (39535224644) (Cropped).jpg
By Dick Thomas Johnson from Tokyo, Japan –
This file has been extracted from another file: The Greatest Showman Japan Premiere Red Carpet- Keala Settle (39535224644).jpg
, CC BY 2.0, Link

Spotifyでサウンドトラックも再生できます。

This is Me も、レコーディングされた音源はがひと味違って、綺麗です。

キアラ・セトルのアルバムもリリースされています。今後の活躍が期待されます♪
個人的にはベッド・ミドラーのヒット曲『ローズ(The Rose)』のカヴァー曲が好き。

それにしても、ウルヴァリン、完全に脱却しましたね。素直に応援したいけど、ヒュー・ジャックマンの顔を見ると、ダグレイ・スコットのことが思い出され、複雑な気分になります。
ああ、ここで帽子を被って歌っていたのはダグレイかもしれない……とか、なんとか。
ほんと、ハリウッドって、残酷。。。

ここで転ぶかと思われたが、転ばなかったのはさすがウルヴァリン。

グレイテスト・ショーマン

こちらの記事もおすすめ

Amazon Kindle 電子書籍

sanmarie*comに掲載していた【「親 死んでほしい」「親 殺したい」で検索する人が多いので】の電子書籍です。心理学者・河合隼雄の名著『家族関係を考える』で紹介された『内面的な親殺し』と、父親殺しを描いたギリシャ悲劇『オイディプス』の物語をベースに、なぜ「親 死ね」「親 殺したい」といった感情が芽生えるのか、乗り越えるには何が必要か、分かりやすく解説しています。
作品詳細と冒頭部の無料サンプルはこちら。https://novella.one/oya-book

映画カテゴリの最新記事

Top