Novella

1/5ページ

WordPressのデータを手軽に取り出す『Simple CSV/XLS Exporter』

WordPressも記事数が増えてくると、「投稿IDとタイトル名だけ取得して、Excelで一覧表示したい」「タグとカテゴリーを整理したい」等々、個別にデータを取得して、整理や俯瞰に利用したい時がありますね。 そんな時に便利なのが、プラグイン『Simple CSV/XLS Exporter』 https://ja.wordpress.org/plugins/simple-csv-xls-export […]

コンテンツの折りたたみ機能で記事をコンパクトに見せる『Show-Hide/Collapse-Expand』

数千字~1万字超えの長文コンテンツの場合、読み込みに時間がかかったり、長文とわかった途端、離脱されたり、デメリットも多いです。 山盛りコンテンツにおすすめしたいのが、プラグイン『Show-Hide/Collapse-Expand』 https://ja.wordpress.org/plugins/show-hidecollapse-expand/ このプラグインは、ショートコードで括った部分をコン […]

容量少ないPCにおすすめクラウドサービス『pCloud』500GB~2TB

近頃では旧式のPCを高速化する為にSSDに換装する方も少なくないと思います。 しかしながら、SSDで大容量を確保するにはかなりのお値段になりますし、OneDriveやGoogle Driveなどのクラウドサービスを利用しても、ファイルが容量を圧迫することに変わりありません。 そこでおすすめしたいのが、pCloud。 同じクラウドサービスでも、キャッシュを利用するので、容量が124GBや258GBし […]

LION MEDIA のカスタム投稿タイプ向けカスタマイズ

2017年10月にリリースされたWordPress無料テーマ・テンプレート『LION MEDIA』(by FIT)のカスタム投稿向けカスタマイズです。 http://lionmedia.fit-jp.com テーマ自体は非常に好きですし、デフォルトで欲しい機能は大半が揃っているので、ほとんどカスタマイズする箇所もないのですが、カスタム投稿に関しては、やはり自前で工夫しないといけないので、いくつか紹 […]

エア・ライティングのすすめ 無意識で書く

『文章上達したい』『たくさんのファンが欲しい』という方、たくさんいらっしゃると思いますので、ちょっとだけTipsを書いておきます。何かの参考に。 [outline] 自分で理解できる以上のものにはなれない まず、『自分が理解できる以上のものにはなれない』という原理原則を自覚しましょう。 たとえば、小学一年生に、経済学者が書くようなレポートは書けないですね。 文学部きっての秀才でも、システムエンジニ […]

お洒落なSNS・ブログ用 プロフィール写真を作ろう

最近では、ブログやSNSのプロフィール写真も『顔写真+実名(もしくはウェブ・ネーム)』が当たり前になってきました。 写真に関しては、素顔は恥ずかしいから、アバターや猫の写真を使っている方も多いと思います。 しかし、自己アピールするなら、アバターや猫ではインパクト不足だし、信頼度にも欠けるところがあります。 かといって、インスタ映えするような、美顔の持ち主でもなければ、素顔の写真を晒すのは抵抗があり […]

Scrivener 3 日本語化メニューのガイド

世界的人気のアウトラインプロセッサ『Scrivener』の新バージョン、『Scrivener3』のリリースが間近に迫っています(2月以降)。 これまでメニューの日本語化は翻訳ファイルのパッチをあてていましたが、新バージョンより本体に組み込み、日本語版Windowsで起動すれば、自動的に日本語メニューが表示される予定です(現在、作業中の為、確約はできません)。もちろん、英語のオリジナルメニューへの切 […]

複数のウィンドウを一つにまとめる無料ソフト『TIDY TABS』

複数の異なるアプリケーションで、いくつもウィンドウを開いて作業しなければならない時、いちいちウィンドウを切り替えるのが面倒ですね。 ショートカットやマウスボタンで切り替え可能なソフトウェアもありますが、そもそもショートカットを覚えるのが面倒というあなたにお薦めしたいのが、複数のウィンドウを一つにまとめる無料ソフト『TIDY TABS』です。 https://www.nurgo-software.c […]

画像を保護する Image Watermark プラグインの使い方

WordPressを運営していて、一番腹立たしいのは、まとめサイトなどに画像を持っていかれることですよね。 ウォーターマークを入れたところで完璧な予防にはならないかもしれませんが、少なくとも、悪質なコピペの抑止にはなると思いますので、小さくてもいいから、画像内に自前のロゴをプリントされることをおすすめします。 一番簡単で、使い勝手がいいのが『Image Watermark』。利用者が一番多い、有名 […]

1 5
Top