定型文の保存や貼り付けに最適『Clibor』クリップボード履歴ソフト

2017年2月13日

テキスト入力をしていると、何度も同じ固有名詞やフレーズを使ったり、住所、URL、英文など、覚えるのが面倒な文字列を、繰り返し貼り付ける作業が頻回にあります。
そんな時、いちいちメモしたり、検索するのは面倒なので、クリップボード履歴ソフト『Clibor』を使うと便利です。

このソフトウェアは地道に更新を続けておられますので、非常におすすめです。

作者のサイトでも使い方が詳しく紹介されています。

Cliborの概要

Cliborの機能は二種類あります。

クリップボードの履歴を残す
履歴から過去にコピーした語句を検索したり、定型文への登録が可能です。

定型文を登録する
よく使う定型文や語句、URLなどをグループ別に登録します。

クリップボード履歴の画面。

コピーや切り取りした語句がもれなく記録されます。左側の数字、もしくはアルファベットをクリックすると、瞬時に入力されます。

定型文の登録。覚えにくい外来語や専門用語、URLなどを登録しておくと便利です。

使い方

インストールはポータブルでもOK。分かりやすい場所にプログラム専用のフォルダを作成し、実行ファイルをクリックします。

初回の起動ではタスクトレイにアイコンが格納されるので、アイコン上で右クリックしてメニューを呼び出します。

設定画面。初心者にはデフォルトのままで十分便利です。

『ホットキー』『スタートアップへの登録』『定型文』(ファイルの保存場所)の設定をお忘れなく。

その他のクリップボード拡張

後出のソフトウェアです。

こちらもグループ登録ができて、最大1万件の保存が可能。

さらに複雑かつ高度な機能をお求めの方に。
海外のソフトウェアですが、業務用メールで大量のコピペが必要な方には便利かも。