特定のアイキャッチ画像だけを理想的に切り抜くプラグイン『Crop-Thumbnails』

特定のアイキャッチ画像だけを理想的に切り抜くプラグイン『Crop-Thumbnails』

WordPressの投稿にお洒落なアイキャッチ画像は欠かせないものですが、テーマ・テンプレートの自動作成の場合、切り抜く位置を指定できず、画像表示がおかしくなることが多いです。人物の頭部が切れてしまったり、「空と車」の”空”だけが表示されたり。

もうちょっと右寄りに切り抜いてくれれば……と思っても、特定のアイキャッチ画像だけ、手動で切り抜く機能はありません。

自動作成にまかせると、こんな風に、人物の頭部がカットされて、アイキャッチ画像が残念なことになってしまいます。

プラグイン アイキャッチ画像 Crop-Thumbnails

アイキャッチ画像を理想的に表示する為に、同じ画像を二重にアップロードしたり、ローカルでトリミング加工したり、いちいち手間をかけるのも面倒です。

そこでおすすめしたいのが、画像切り抜きプラグイン『Crop-Thumbnails』。

Crop-Thumbnails
https://ja.wordpress.org/plugins/crop-thumbnails/

WordPressの『メディアを追加』の編集画面で、元画像に変更を加えずに、アイキャッチ画像(もしくはサムネイル)を自由にクロップできる便利なプラグインです。

管理画面で有効化すると、『メディアを追加』の画面、右下方に、Crop Featured Thumbnail というボタンが現れます。

プラグイン アイキャッチ画像 Crop-Thumbnails

Crop Featured Thumbnail をクリックすると、次のような作業画面が現れます。

私が使っているテーマ・テンプレートの場合、ヘッダーに表示するアイキャッチ画像は icatch という名称のサムネイルが自動作成されます。

自動作成だと、画像の中央でクロップするため、人物の頭部が切れてしまいます。

アイキャッチ画像 Crop-Thumbnails

クロップをやり直したい画像を指定し(この場合、icatch )、右側の作業画面で、手動で切り抜きを行います。

Crop all images with same ratio at once
(選択した)全ての画像を同じ比率で同時にクロップする

指定した画像だけクロップする場合は、チェックを外します。

deselect all で、全選択が解除されます。

画像をクロップする際、テーマ・テンプレート指定のサイズ(この場合、icatch の画像サイズ)の切り抜きボックスが表示されるので、いちいちピクセル数を気にする必要はありません。

このあたり……という箇所に切り抜きボックスを配置し、Save Crop をクリックすれば、icatch の画像だけがクロップされて、上書き保存されます。オリジナル画像や、その他のサムネイル画像に影響はありません。

作業が完了したら、いったん画像の編集画面を閉じ、投稿画面に戻って『アイキャッチ画像を設定』をクリックして、新規にクロップした画像を確定します。

プラグイン アイキャッチ画像 Crop-Thumbnails

アイキャッチ画像 Crop-Thumbnails

アイキャッチ画像のクロップで、テンプレートのヘッダーも理想通りに表示されました。

『設定』に関しては、クロップしたくない画像を選択する機能があります。

カスタム投稿タイプ別に、サムネイル画像の種類が表示されるので、クロップしたくない画像があれば、チェックを入れます。

使用中のテーマ・テンプレートによって、表示される画像の項目は異なります。

Hide Crop-Thumbnails button below the featured image?

『メディアを追加』の画面の Crop Featured Thumbnail のボタンを非表示する場合、チェックを入れます。

アイキャッチ画像 Crop-Thumbnails

Plugin Test

プラグインが正常に機能するか、テストします。

Do Plugin quick-test をクリックすると、数秒後にメッセージが表示されます。

末尾に、INFO Tests complete と表示されたらテスト成功です。

アイキャッチ画像 Crop-Thumbnails

Developer Settings

上級者向けです。

プラグインが正常に機能しない場合、試してみて下さい。

アイキャッチ画像 Crop-Thumbnails

画像表示や管理に関する記事

Amazon Kindle 電子書籍

sanmarie*comに掲載していた【「親 死んでほしい」「親 殺したい」で検索する人が多いので】の電子書籍です。心理学者・河合隼雄の名著『家族関係を考える』で紹介された『内面的な親殺し』と、父親殺しを描いたギリシャ悲劇『オイディプス』の物語をベースに、なぜ「親 死ね」「親 殺したい」といった感情が芽生えるのか、乗り越えるには何が必要か、分かりやすく解説しています。
作品詳細と冒頭部の無料サンプルはこちら。https://novella.one/oya-book

ライティングカテゴリの最新記事

Top