資料の保存と検索に便利『Evernote』のオンラインストレージ術

資料の保存と検索に便利『Evernote』のオンラインストレージ術

小説やレポートなど、執筆に必要な資料を保存していたら、何がどこにあるのか、自分でも覚えきれないほど量が増えていきます。
フォルダ分けして、エクスプローラ拡張機能の検索を使ってもいいですが、PDFの中身までは拾ってくれません。

そこでおすすめしたいのが、『EVERNOTE
ウェブサイト、画像、テキストなど、ブラウザからワンクリックで保存でき、PCや携帯端末とも同期でデータ整理できる便利なノート・アプリです。
EVERNOTE

オンラインストレージとしてのEVERNOTE

アレも使える、これも役立つ……で保存していると、しまいに何が何だか分からなくなります。
エクスプローラの検索でも、ある程度は探せますが、PDFの中身までは読み込んでくれません。

Evernote

Evernote

EVERNOTEの場合、デスクトップ・アプリを使えば、オンラインストレージとして活用できます。

無料のベーシック会員だと、月間アップロード容量は60MBに限られますが、プラス会員は1GB、プレミアム会員は10GBのアップロードが可能なので、ページ数の多いPDFやオフィスファイルでもドラッグ&ドロップで簡単にオンラインストレージに保存することができます。しかも保存できる容量に制限はありません。

EVERNOTEに保存されたPDF文書はこのように表示されます。
Evernote

大量に保存されているノートブックの中から「熱水鉱床」について検索すると、PDFの中からも検索してくれます(プレミアム会員のみ)。

Evernote

少し分かりにくいですが、オレンジ色のマークが付いているのが該当箇所です。

Evernote

「人工地盤」で検索すると、画像内のテキストも読み込んでくれます(プレミアム会員)

エクスプローラの検索機能より強力です。
こうしたソフトウェアもありますが、ノートの一覧表示や、その場で注釈を書き込める機能はEVERNOTEが優っています。

Evernote

エクスプローラに保存したPDFファイルを保存したい場合、EVERNOTEのデスクトップ・アプリを開き、『新規ノート』にドラッグ&ドロップするだけ。

Evernote

EVERNOTEに取り込まれたノートはすぐにオンラインストレージに同期されますので、ファイルを喪失する心配もありません。

Evernote

PDFに注釈を入れる場合、EVERNOTE独自の編集ツールを使えば、一般のPDFツールより簡単に手を加えることができます。
同様に、画像化されたファイル(PowerPointなど)も保存ができますので、整理に困っているファイルを大量に所有している方は、EVERNOTEをエクスプローラとして活用してはいかがでしょうか。

Evernote

Evernote

★PDFのページを描出するには、デスクトップ・アプリケーションで、『ノート』→『ノートビューのオプション』→『PDF文書の全ページを印刷』にチェックを入れること。

この場合の「印刷」とは「表示」のことです。ちょっと翻訳がおかしいですね^^;

逆に添付ファイルとして表示したい場合は、このチェックを外し、『PDFを常に添付ファイルとして表示』にチェックを入れます。

Evernote

プレミアム会員は、年額5200円と、他のインターネットサービスに比べたら決して安くはありませんが、可視性や検索の使い勝手は、OneNoteなどよりはるかに優るので、オフィスファイルやウェブページなどを効率よく保存したい方には「買い損」にはならないと思います。

裏技として、一年間だけ有料会員を契約して、その間にファイル整理を徹底して行い、一段落ついたら無料会員に戻る方法もあります。

検索やその他の便利な機能が制限されるだけで、オンラインに保存したファイルまで失われるわけではありません。有料でも無料でもアカウントが存続する限り、ファイルもちゃんとキープされます。

その他、便利な使い方として、「ブログやレポートの下書き」「プライベートな写真の整理」「ウェブサイトのスクラップ」などがあります。特に、ウェブサイトは、お気に入りのページも閉鎖されて無くなってしまうことがよくあるので、クリップしておくと便利ですよね。特に料理レシピの保存は重宝します。あちこちサイト巡りしなくても、すぐに探せるので(*^^*)

値段は私の居住国のものです。日本より2割ほど安いです^^;
Evernote

Amazon Kindle 電子書籍

sanmarie*comに掲載していた【「親 死んでほしい」「親 殺したい」で検索する人が多いので】の電子書籍です。心理学者・河合隼雄の名著『家族関係を考える』で紹介された『内面的な親殺し』と、父親殺しを描いたギリシャ悲劇『オイディプス』の物語をベースに、なぜ「親 死ね」「親 殺したい」といった感情が芽生えるのか、乗り越えるには何が必要か、分かりやすく解説しています。
作品詳細と冒頭部の無料サンプルはこちら。https://novella.one/oya-book

ライティングカテゴリの最新記事

Top