Windows10「休止状態」の有効化・無効化

2016年7月13日

Windows10をいじっていると、突然、電源オプションの「休止状態(Hibernate)」が消えることがあります。

コントロールパネル「電源オプション」→「カバーを閉じた時の動作の選択」→「現在利用可能でない設定を変更します」を開いても、項目そのものが消えています。

一番簡単な解決法がこちらの記事に紹介されています。

Disable, Enable Hibernate in Windows 10 / 8 / 7

1)Windowsキー + X でメニューを呼び出す。

2)コマンドプロンプト(管理者)を起動。

3)次を入力 

有効化 powercfg /hibernate on

無効化 powercfg /hibernate off

4)PCを再起動する

これで電源オプションにいつもの項目が戻っています。自分仕様に再設定して下さい。

コマンドプロンプトが受け付けない場合

管理者として実行していますか?

私は最初、普通のコマンドプロントを起動して、エラー続出で「なぜ?!」とうろたえてました。。

コマンドの入力は正確に。半角の空白が入ります。

powercfg/hibernate on  ではなく powercfg /hibernate on です。

私は最初、びちびちに入力してエラーを連発しました。スラッシュの前に空白が入るのです。

こんな簡単な作業を10回もやり直した自分が憎い。

上記のページではレジストリを編集する方法も紹介されていますが、コマンドプロンプト(管理者)をするのが一番簡単です。

「休止状態が消えた!」とうろたえている皆さん。一発レスキュー!です。

やっぱ、スリープ機能より hibernate ですよね。

スリープは電気を食うし、ちょっとマウスが動いただけで勝手に起動したりするし。

私も休止状態をこよなく愛しています。