Display Posts Shortcode でTwitter風の短文投稿を1ページにまとめて表示

Display Posts Shortcode でTwitter風の短文投稿を1ページにまとめて表示

Twitter風の短文投稿を1ページにまとめて連続表示する方法 WordPress編の続編です。

元記事では、WP Show Postsを使った方法を紹介していますが、Display Posts Shortcode で、さらに簡単、高速にやる方法が見つかりましたので、改めて。

Twitter風の短文投稿って、ナニ?

『Twitter風の短文投稿』というのは、その名の通り、数行の非常に短い記事です。写真だけ、説明文だけ、みたいな場合もあります。

Twitter風 短文投稿

しかしながら、こういう投稿を100も200も量産すれば、当然のこと、スパムサイト扱いされ、サイトの評価も著しく低下します。
また、ビジターにとって、ほとんど意味のない、つぶやきのような記事が大量に表示されても、嫌われるだけですね。

そこで、Twitterのウィジェットを連続して投稿内に埋め込み、「今週のつぶやき まとめ」みたいに表示されている方も少なくないと思いますが、それはそれでウィジェットが重く、アイコンやらなんやら表示されて、あまり見栄えのいいものではありません。

そこでお薦めしたいのが、数行の短文投稿を、『フロントページやアーカイブに表示することなく(operator = NOT IN)』『検索エンジンにインデックスさせず(meta=noindex)』『一つのページ内に連続表示する』方法です。

これなら、複数の記事を、あたかも連続した一つの記事のように見せることができ、なおかつ、タームやカテゴリーの条件分岐を使って、表示/非表示を自動的に切り替えることができます。

Twitterは苦手、でも、日々のつぶやきや、気になるニュースのピックアップなどをブログに掲載したい場合、非常に便利なので、ぜひチャレンジして下さい。

作成の手順

1)Display Posts Shortcodeを有効化
2)短文投稿用のカスタムポストを作成
3)連続表示する為の記事(カスタムポスト、もしくはカテゴリー)を作成
4)ショートコードの記述
5)特定のタームに属する記事を除外(functions.php もしくは プラグイン)
6)短文投稿を新着記事やRSSに含める
7)no index の設定 (functions.php もしくはプラグイン)

Display Posts Shortcode

記事リストを作成するプラグインは非常にたくさん存在しますが、単純に、タイトル、本文、タグ(カテゴリー)、アイキャッチ画像 を、連続表示したい場合は、『Display Posts Shortcode』で十分です。サイト表示にもほとんど負担をかけません。

こちらからインストールして、有効化するだけ。設定などは必要ありません。

https://wordpress.org/plugins/display-posts-shortcode/

短文投稿用のカスタムポストを作成

次に短文投稿用のカスタムポストを作成します。通常投稿+カテゴリーの方が整理しやすければ、それでも構いません。

カスタムポスト作成もいろんな手順がありますが、こちらのプラグインが一番使いやすくて、動作が安定しています。

Custom Post Type UI

ここでは notes というカスタムポストを作成します。
Twitter風 短文投稿

次に、分類用のタクソノミ―を作成します。

タクソノミ―を使って、フロントページやアーカイブへの 表示 / 非表示 を切り替えます。通常のカテゴリーやタグで調整する場合は、特に必要ありませんが、メインの投稿とごっちゃにすると、量が増えてきた時に難儀するので、あった方が便利です。
Twitter風 短文投稿

こんな風に「駄文=junk」というタグを作り、表示/非表示の分類に利用します。
Twitter風 短文投稿

Display Posts Shortcodeのショートコードを記入する

こちらのパラメータを参考にして、連続表示する為のショートコードを作成します。
https://github.com/billerickson/display-posts-shortcode

作成日時の期間を指定して、タイトル、本文だけ連続表示する場合。リスト表示用の記事を別個に作って、投稿内にショートコードを記載します。

無視こそネット時代の良心

世界的に有名なYouTuberが富士の樹海に撮影に入り、自殺者の遺体を愚弄したと炎上したようだが「、私は自分のツイッターでフォロワーを対象に、動画投稿を自粛しているポールが復帰までどれくらいかかると思うかというアンケートを取ったところ、86%が1週間と答えた。私はそんなに長くはかからないと思う。販売すべき商品やブランドとの契約、コラボ、スポンサーの提供する旅行やコミットメント(確約)があるからだ。ばかなまねをすることは、何百万ドルを稼げるビジネスなのだ」とTom Ward氏(Forbs Japan)
毎日毎月、いろんなことが話題になるが、重大な問題さえ今はネタでしかない。その時々、ああだ、こうだと意見は上がるが、すぐに沈下し、忘れ去られていく。
こんな風に世界的に問題視されても、結局は、名前が売れて、いっそう注目が集まるだけ。スポンサーにしてみたら、こんな形でも名前が知れ渡って、ほくほくではないかと思ったりする。そして、Ward氏の指摘通り、多くの視聴者はまたそのチャンネルに舞い戻り、結局、何事もなく、過ぎ去っていく。

厳しく批判したところで、むしろ相手を肥大化させるとしたら、ネットの時代においては『無視』こそ最大の抗議かもしれない。
彼らにとっては、世間の無関心とアクセス低下こそ、最悪の懲罰なのだから。

樹海の自殺者動画で炎上 L・ポールが示したユーチューバーの性

セックスレス→精神的に裸になれない

AVの原因もあるかもしれないが、最大の問題は『精神的に”裸”になれない人が急増』しているのではないか。
こういう事は「動物みたいでカッコ悪い」「ペチャパイと思われるのが恥ずかしい」「弱いと思われるのではないか」という恐れや照れがあれば絶対にできないし、たとえできたとしても快楽からは程遠い。とりわけ今は相手にどう思われるかを気にする若い人が増えているし、「立派なこと」「いい人であること」「素敵なこと」が以前に増して要求されるから、ワンコみたいに裸でじゃれ合う気分にはなれないだろうよ。
それより不倫、浮気の方が楽しいだろう。相手になんら負うものがなく、一晩、恥を晒しても、金や距離で割りきれるから。

セックスレスの問題は、女性側からは不満として語られ、男性側からはプライドやモチベーションの問題として語られるのが興味深い。
女性の場合、男性がその気になってくれないと成立しないし、男性は女性に拒まれると精神的に傷つくし。
お互い不満を内に溜めたまま、他に原因探しをしても、何の解決にもならないし、たとえこの世からAVが無くなっても、今のご時世、精神的に裸になれる人の方が小数のはず。

それにしても、肉欲が満たされれば、性欲も失せるものだろうか。本来、性は、肉体と精神の両面から成り立つものであり、肉欲が満たされても、『性的には満たされない』というのは十分にあり得る。たとえるなら、ジャンクフードでお腹がいっぱいになっても、本来、食のもつ幸福感までは満たされないようなものだ。

豊かな性生活に、精神的解放は欠かせない。原因探しをするより、いかに精神的に裸になるか=見栄や羞恥心から解放されるか、についてレクチャーした方がよい。

日本のセックスレス、原因はAVか ネットの普及で「価値がなくなった」専門家が指摘
https://abematimes.com/posts/3460440

必要は成功の母

今でこそ外出先でスマホで音楽を聴くなど当たり前だが、レコード世代にとって、「いかに音楽を持ち出すか」は重要な問題だった。
何せ、プレイヤーは家の中にしかない。
どこかに出掛ければ、その間は聞きたい音楽も聞けず、頭の中でメロディを繰り返すのが精一杯。
それは時に退屈で、飢餓的ですらあった。
ゆえに音楽大好きな井深大が「音楽を持って歩きたい。何とかならねえか」と言いだし、盛田さんや、当時のSONYを代表するエンジニアらが必死にウォークマンを作り上げたのも頷ける。
私もウォークマン以前は、旅先にまで小型のラジオ付きカセットデッキを持ち歩いていたし、それに伴うカセットテープの量も半端なく、旅行カバンにぎゅーぎゅーに詰めて、親にられたのも懐かしい話だ。これでレコード盤も持ち歩けたら、どんなに素晴らしいだと思っていたら、80年代にウォークマンが登場して、ついに音楽好きの夢が叶った、テクノロジー万歳、そりゃもう世界中の若者のライフスタイルが変わるわけです。本当に夢の機器だったから。

そこまでしようと思ったら、当然のこと、開発者に執念がなければ無理だろう。

もちろん売る為の工夫や戦略は必要だけれども、「何が何でもプレイヤーを持ち歩きたい。外出先でも好きな音楽を自由に聞きたい」という情熱がなければ、ユーザーのニーズにジャストフィットする製品は生まれないだろう。

必要は発明の母とはよくいったもので、何かを生み出すのに、枯渇感や不自由感は無くてはならないものだ。

近ごろのWindowsアップデートに以前ほどの熱狂が無いのも、既にある程度の需要を満たし、これ以上、「新しい何か」も思い付かない、というのが大きいと思う。もちろん、様々な需要はあるけれども(働く母に代わって完璧に家事をこなすロボットとか、人が嫌がる3Kの仕事を黙々とやってくれるレプリカントとか)、そこに至るにはまだまだ技術が追いつかず、かといって、今、手の届く範囲で、世界中が熱狂するような『何か』を作り出せるわけでもない。すべてが過渡期であり、とりあえず既存のものをいじって、丸いものに無理矢理角を生やすような事をやってるのが多くのメーカーではなかろうか。

今の時代、製品やサービスに対して、『絶対的必要』を感じるのは難しい。

そんでもって、本当に不足している所に技術が及ばないのは(特に重労働)、何とももどかしく、文明の皮肉でもある。

自動翻訳と訳意と語学力

どんな言語も100%正確に翻訳することはできない。
そこには必ず訳者の意図が存在するし、一言違えば、まったくニュアンスも異なるものだ。
たとえば、『風と共に去りぬ』の有名な一節、Tomorrow is another day.
直訳すれば、「明日は別の日」だが、こんな愚かな翻訳をする訳者は一人としてないだろう。
となると、「明日に望みを託して(映画字幕)」「明日は明日の日が昇るのだから(文学的)」等々。それに近いニュアンスの和訳を当てなくてはならない。
中には、字幕翻訳で有名な戸田奈津子さんの『君の瞳に乾杯(Here’s looking at you, kid)=映画カサブランカの名台詞』のように、後々まで議論の対象となる名訳・珍訳・超訳も存在する。それはそれで意義深いものだし、そうした体験をきっかけに他言語への理解を深めるのも一興だ。

いずれ自動翻訳の機能も著しく向上し、翻訳も通訳も要らなくなる……といった声もあるが、それは非常に危険な考え方だろう。

「コーヒーでも飲みに行くかい?」「いいとも、いつものスターバックスだね」みたいな会話ならともかく、国家機密の公文書、数億ドルが動く契約書、個人の財産や権利に絡む保証書の類いになれば、些細な翻訳ミスが命取りになる。ずっと以前、国際会議の同時通訳を担当する女性通訳者が、ある外交官の発言を誤って伝えた為に国家間の対立を引き起こし、陰謀に巻き込まれるといった映画があったように記憶するが、それも決して誇張ではなく、和平に向けて「協調する」のと「協力する」は似て非なるものだ。そのあたり、軽く扱うと、一方は「足並みを揃える」と考えるが、一方は「全面協力」と受け取り、その後の対処も大きく違ってくる。このあたりの命運を握っているのは、間に入る訳者の語学力や見識であり、100%正確に訳したからといって、必ずしも良い結果を招くとは限らない。同じ日本人同士でも、社長の大言を、部下がマイルドに言い換えて、「今年は大胆に攻めるという意味でして、ハイ……」みたいにフォローするぐらいなのだから。

結局、自動翻訳の誤りを見抜くのも、本人の語学力に他ならない。

まさかGoogleのはじき出した訳文を鵜呑みにする人もなかろうし、将来的にも、鵜呑みにするのは非常に危険であると思われる。(コーヒーでも飲みに行く? みたいな会話は別として)

そう考えれば、この分野は、機械の発達と同じくらい、人間の能力の向上も要求されるわけで、たとえGoogleスピーカーが同時通訳するレベルになっても、人は相変わらずプロの翻訳者に内容を確認し、高価で大事な仕事は「人に依頼する」というスタイルが確定しそうな気もする。ある程度は機械翻訳で手助けできたとしても。

神は人間の奢り高ぶりを抑制する為に、個々の言語を分かち、意思の疎通を図れないようにした。

その呪縛から解放されることは、多分、永遠にない。

人類が一つの共通語で完全に結ばれるまでは。

究極生命体って、ナニー?

時代が、やっと私に追いついた」というのは、日本のレディガガ=山本リンダの言葉。

今でこそあの手のパフォーマンスは世界中で支持されているけれど、日本で最初にやったのは山本リンダだし、アン・ルイスでさえ後発にすぎないもの(歌唱は別)。

一世を風靡した山本リンダも、70年代を過ぎると、しばらく世間から忘れ去れていたけども、90年代になって、ちびまるこちゃんが「うらら~、うらら~」と歌うようになってから、改めてその魅力が見直され、「時代が、やっと私に追いついた」と。リンダ嬢も感慨ひとしおだったろう。

そして、平成版、「時代が、やっと私に追いついた」といえば、叶姉妹。
元々、フォトジェニックなお二人のこと、Instagramとの相性も抜群で、加齢と共に衰えるかと思ったら、ますます輪をかけて磨きをかけておられる模様。
ここまで突き抜けたらアッパレだし、30代の頃の叶さんの言葉に嘘はなかったのだな、とつくづく。
↓これ、読んだことあります

雨ニモ負ケズ、デヴィ夫人に罵られても負ケズ、大変なパワーで恐れ入る。

人間、これくらい大胆でないと、人生楽しめないだろうよ。

ところで、『究極生命体』って ナニー (゚∇゚) ??

ご自身のこと、こんな風におちょくれる所が凄いわ。60代、70代になっても、頑張って欲しい。

ジャスティスリーグ・ジャパンプレミア-2💋✨✨ ジャスティスリーグの レッドカーペットでの様子ですよ。 ファビュラスな姉は、 レッドカーペットでのセレモニーの 叶流極意とは… 「360度どこからでも どの瞬間も ヘブンリーでピースフルな心と 立ち居振る舞いで マナーを守りながら 思う存分楽しむことを 皆さんとシェアすること💋✨」 #justiceleague #ezramiller #rayfisher #charlesroven #flash #cyborg #redcarpet #fabulous #amazing #kanosisters #peace #ワンダーウーマン #フラッシュ#ジャスティスリーグ #叶姉妹 #ファビュラス #レッドカーペット #エズラミラー #dress #golden #versace 

叶姉妹 kanosistersさん(@kano_sisters007)がシェアした投稿 –

シベールの日曜日

シベールの日曜日」は現代に生きるためには、無垢な心がどのような報復をうけねばならないかということを物語る残酷な映画であった。ガラス玉を星のかけらと思い込める感受性は、その星のかけらの鋭い刃先でみずからの心を傷つける。
ポケットに名言を (角川文庫)

現代の生きづらさの正体。
それは『詩を作るより、田を作れ』の価値観である。

等価を生み出さないものは排除され、田を作るものが重宝される。

人間が現実社会で生活する為に『田』は無くてはならないものだが、心が死ねば、肉体も死ぬ。

肉体を養おうとして、田作りに絶望し、田んぼの真ん中で死んでいくのは皮肉な出来事。

詩は時として死の恐怖さえ打ち砕くけれど。

悪い奴ほど、よく喋る

サスペンス映画のお決まりのパターンではあるが、さっさと殺ればいいのに、その前に喋ること、喋ること。「冥土の土産に聞かせてやろう。お前の恋人を殺したのは、このオレだ。お前は相棒のサムがやったと思っているようだが、あの時、車の中に居たのは、KGBの工作員で、サムじゃない。通行人に見せかけて、どーたら、こーたら……」

『その女諜報員 アレックス』も、犯人の自白がやけに長かった。「お前の足を潰してやる」と女主人公を拷問器具にまでかけながら、ベラベラベラベラと長丁場。サッサとやればいいのに、「お前にはまだ利用価値がある」とか何とかで、結局、命拾い。

ミッション・インポッシブルにしても、エンド・オブ・キングダムにしても、悪人って、どうしてこう、自身の罪を喋りたがるのか。

それがシナリオの手法と言ってしまえばそれまでだが、思うに、どんな罪人も心の底では許されたがってるし、悪事においても自身を認めて欲しい気持ちは人一倍強い。
悪い奴ほど、黙ってあの世に行くことはできないのだろう。
昔のワルが、校舎内をバイクで走り回ったとか、10数人をボコボコにしたとか、吹聴せずにおれないように。

その点、多くの善人は、善行を心に秘めて、あの世に旅立つ。神が見て下されば、納得するからだ。
善人にとって、人生の最大の生き証人は神に他ならず、神が知って下さるなら、わざわざ吹聴することはないのである。

ところが、悪人は、行動の規範となるものが己と世間の中にしかないから、現世の誰にも相手にされないのが一番辛い。
たとえそれが最低最悪の行いでも世間に知らしめずにいないし、黙って良心の呵責に耐えられるほど強くもない。
結局、どこかで暴露せずにいないのは、自己顕示欲と空虚の現れだろう。もとい、葛藤に耐えられるほどの強さがあれば、悪事に手を染めぬものだから。

もし彼が心の秘密を墓場まで持って行けるなら、犯罪者ではなく、政治家になれる。その両方を兼ね備えれば、最強かと。

べらべら喋る悪人はチンピラで、心の底では己を世間に認めてもらいたがっている。

間抜けだから足が付くのではない。

本音は、自分がいかに凄い人間かを知ってもらう為に、足を残すのだ。

↑オルガ・キュリレンコのファンなので。『007 慰めの報酬』『ヒットマン』でも、悲運を背負ったヒロインを可憐に、セクシーに演じてました(^^)

post_type=”notes” ポストタイプ
include_title=”true” タイトル表示
include_content=”true” 本文表示
content_class=”dps-listing-content” コンテンツ(本文)のスタイル指定
wrapper=”div” 各アイテムを div で定義する
wrapper_class=”my-grid-layout” div class
date_query_before=”2018-01-08″ 指定日より前
date_query_after=”2017-12-31″  指定日より後

次のような短文投稿が存在した場合。

Twitter風 短文投稿

上記のショートコードで次のように表示されます。

分かりやすいよう、ブラウザを縮小表示しています。こんな感じで短文投稿が連続表示されます。
Twitter風 短文投稿

一つ一つの記事はこんな感じ。
Twitter風 短文投稿

各スタイルは次の通り。

.my-grid-layout ul li {
	list-style-type:none!important;
}
.listing-item .title {font-size:2.6rem; font-weight:bold;}
.listing-item {margin:30px 0;}
.dps-listing-content .title{font-size:30px;}
.dps-listing-content {
	background-color:#ffcccc;
	margin-top:20px;
	margin-bottom:35px;
	border-bottom:1px solid #555;}

通常、Display Posts Shortcode でタイトル表示すると、自動的にリンクが表示されるのですが、これを解除したい場合、こちらのCODEが参考になります。

functions.php を使った拡張機能の一覧
https://www.billerickson.net/code-tag/display-posts-shortcode/

タイトルからリンクを削除する
Remove Link from Title on Display Posts Shortcode

' . get_the_title() . ' ';
	
	// Now let's rebuild the output
	$output = '<' . $inner_wrapper . ' class="' . implode( ' ', $class ) . '">' . $image . $title . $date . $author . $excerpt . $content . '';
 
	// Finally we'll return the modified output
	return $output;
}
add_filter( 'display_posts_shortcode_output', 'be_display_posts_unlink_title', 10, 9 );

他にも、オリジナルのパラメータを参考にして、アイキャッチ画像や日付を表示したり、タームやカテゴリーで表示するアイテムを絞り込んだり、いろんな応用ができます。

残念ながら、カテゴリー名やターム名を表示する機能はないので、各投稿で調整する必要があります。

上記の場合、Simple Tagsというプラグインを使って、タグを投稿内に自動表示するよう設定しています。

カスタムポストを使うなら、カスタムポスト用のsingle-○○.phpを作って、本文の下にタームが自動表示されるよう、アレンジしてもいいですね。
get_the_term_list を使えば、topics というタームがある場合、ターム名をリスト表示します。


ID, 'topics', 'トピックス:', ' , '); ?>

短文投稿をRSSや新着記事に含める

作成した短文投稿をRSSや新着記事に含める場合。

カスタムポストのスラッグが notes と movie であれば

// 新着記事に含める
function chample_latest_posts( $wp_query ) {
    if ( is_home() && ! isset( $wp_query->query_vars['suppress_filters'] ) ) {
        $wp_query->query_vars['post_type'] = array( 'post', 'notes', 'movie' );
    }
}
add_action( 'parse_query', 'chample_latest_posts' );

//RSSに含める
function mysite_feed_request($vars) {
if ( isset( $vars['feed'] ) && !isset( $vars['post_type'] ) ) {
$vars['post_type'] = array(
'post',
'notes',
'movie'
);
}
return $vars;
}
query_vars['suppress_filters'] ) ) {
        $wp_query->query_vars['post_type'] = array( 'post', 'foo', 'bar' );
    }
}
add_action( 'parse_query', 'chample_latest_posts' );
?>

特定のタームに属する記事を除外

上記のように、functions.phpでカスタムポストを登録すれば、フィードやフロントページの新着記事に表示されますが、中には表示したくない記事もあると思います。

こちらは、特定のタームに属する短文投稿をフロントページやアーカイブから除外する方法です。
functions.phpに記入します。 
参考サイト →アーカイブから特定のタームを除外(Taiyo Blog)

たとえば、タクソノミ― genre 、ターム junk に属する記事だけフロントページの新着記事から除外する場合。

//特定のタームを除外
add_action( 'pre_get_posts', 'my_exclude_terms_from_query' );
function my_exclude_terms_from_query( $query ) {
if ( is_home() && ! isset( $wp_query->query_vars['suppress_filters'] ) ) {
        $tax_query = array (
                array(
                    'taxonomy' => 'genre',
                    'terms' => array( 'junk' ),
                    'field' => 'slug',
                    'operator' => 'NOT IN',
                )
        );
        $query->set( 'tax_query', $tax_query );
    }
}

デフォルトの状態では、料理レシピが表示されますが……

Twitter風 短文投稿

ターム junk に定義づけると、料理レシピだけ記事一覧が消えます。

Twitter風 短文投稿

この方法で、読ませたい記事、一覧表示に埋もれていい記事を分類すると、短文投稿を連発してもビジターの負担になりません。

同じようにRSSフィードからも除外する場合は次のコードで消えます。

//RSS Feedから指定タームを除外

function myFilter($query) {
if ($query->is_feed) {
   $tax_query = array (
                array(
                    'taxonomy' => 'genre',
                    'terms' => array( 'junk' ),
                    'field' => 'slug',
                    'operator' => 'NOT IN',
                )
        );
        $query->set( 'tax_query', $tax_query );
    }
}
add_filter('pre_get_posts','myFilter');

これで、おすすめの短文投稿のみをフロントページの新着記事やRSSに含め、そうでない投稿は除外することができます。

no index の設定

最後にSEO対策も講じておきましょう。
ジャンクな短文投稿は no index を設定して、検索エンジンに読み込まれないようにします。
All in one SEO や YOAST のような総合対策プラグインを使ってもいいし、インデックス機能だけ搭載したプラグインを使ってもOK。
こちらは軽くて簡単。古いプラグインですが、最新版のWordPressでも問題なく動作します。
Noindex Pages
noindex プラグイン

一括して検索エンジンを拒否するなら、robots.txt を使って、ディレクトリごと、Disallowします。

User-Agent: *
Disallow: /notes/

終わりに・短文投稿の一覧を上手に利用

WordPressの難点は、短文投稿には向かない点です。

Facebookのように、長文も、ちょっとしたリンク記事も、手軽に投稿できたら便利ですが、それはそれで問題がありますし、まあ、難しいですね。

かといって、Twitterは苦手・・という方もあるでしょうし、長文も、短文も、WordPress一つで収めたい方向けにカスタマイズしてみました。

ちょっと一手間かかりますが、Display Posts Shortcode なら、ショートコードで実装できますし、条件分岐を使えば、RSSや新着記事の表示/非表示もある程度はコントロールできますので、いろいろ調べて、自分仕様にカスタマイズして下さい。

Top